2009.6.21 全日本キック 「野良犬電撃作戦2009」(大石駿介) | 大石道場のブログ
2009-06-21 16:19:06

2009.6.21 全日本キック 「野良犬電撃作戦2009」(大石駿介)

テーマ:大石駿介
2009年

6月21日

全日本キック 小林聡プロデュース「野良犬電撃作戦2009」
    
勝利

【3RKO勝ち】 

大石駿介 VS 渡部太基(藤原)

大石道場のブログ
大石道場のブログ
大石道場のブログ
大石道場のブログ


(試合詳細)
K-1甲子園で活躍した日下部竜也を擁するOISHI GYMに所属、19歳の大石は13戦を経験し、J-NETWORKの上位ランカーにも名を連ねている。
 渡部は小林聡の後輩にあたり、デビュー6戦目から3連敗を喫するも2連勝で巻き返してランキング入りを果たしたばかり。こちらも21歳と若い。

 1R、サウスポーの渡部は左に回り込みながら上中下と攻撃を散らし、大石は右ハイキックを狙いつつパンチを的確に当てていく。
 左フックを度々狙う大石、右ハイキックとの挟み撃ちのような攻撃。パワーに優る大石に押される渡部はヒジを繰り出し、パンチを叩きつけるが大石はしっかりブロックしてフックを返していく。

 2R、大石がしっかり組んでのヒザ蹴りでボディにダメージを与え、渡部はヒジで応戦。渡部のローが下腹部に入ってしまい、これが2度目のため口頭注意が与えられる。大石のパワフルな右ストレートと右ミドル、渡部は左ローを放つがパワーに押され気味。しかし、大石の右ハイをもらった直後に左ミドルを炸裂させ、フックで逆に追い込んでいく。

 3R、大石はいきなり組んでのヒザ、渡部は左右のフック。しかし、大石のテンカオで渡部は後退してしまう。下がりながらローを蹴り、ストレートを伸ばしていく渡部に大石はいいタイミングの前蹴りからテンカオ、パンチから組んでのヒザと渡部を押していく。

 終盤、パンチの打ち合いとなり、大石が右のクロスを決めた直後、狙い続けていた右ハイキックが鮮やかにヒット! 渡部は棒のように倒れ、大石が豪快なKO勝ちを飾った。

大石道場さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス