え!?思い込みを変えたら現実が変わった!?

~なぜか超シンプルな思い込み解消法があった!~

 

ども、不登校ひきこもり親子のための

再発不安ゼロ化20年計画を研究している佐藤マリオです!

1091624_success_succeed_business_money_sign

 

 

 

 

めっきり暖かくなってきましたね。

 

 

ここ1週間ほど前から

”くしゃみ” が出始めたなっと思ったら、

花粉が飛び始めたんですね〜

 

 

 

日中の気温も高くなってきたので

早々におクスリや注射をされて

予防されている方も多いかも

しれませんね。

 

 

 

一昨日、わたしも花粉症かなっと

思うような ”くしゃみ” が出始め

止まらなかったので、

毎年処方されている漢方薬を

のみました。

 

 

 

一包のんだだけなのですが、

30分ほどで ”くしゃみ” は

止まってくれました。

 

 

 

 

こう見えてかなりの心配性なので

先手を打っておかないと

気が済まないんです。

 

 

 

 

不登校ひきこもり支援を始めた

ばかりの頃は、これが裏目裏目に

出ていました。

 

 

 

================

ネガティブな思い込み解消法!?
================

では、今日は、
僕自身いつも苦労している
「ネガティブな思い込み解消の発想」
についてです。

 

 

・・・

 

 

まあ、結論から言ってしまえば
僕は「気付き手帳」を普段から作っています。

気付きがあればすぐに「気付き手帳」に
メモっています。

 

 

 

 

 

「気付き手帳」には

 

 

 

⇒ 毎回出てくる悩み
⇒ 解決策や戦略
⇒ 実践記録と「効果あり・なし」
⇒ 細かいフィードバック

 

 

などが書かれています。

 

 

 

 

「自分自身の
不安・心配・悩み・葛藤・願望」の
根っこの思い込みがわかれば、解決策は
あまり困りません。

 

 

・・・・

 

 

でも、
今回、あなたが知りたいのは

「わたしまたはうちの子の場合、
はどうするの??」

という話だと思います。

 

 

 

 

では、

今回は”ヒネリを入れた方法”
をご紹介しましょう!

 

 

 

 

佐藤が
ひきこもり時代に
コツコツやっていた

「ネガティブな思い込み解消法」です。

 

 

 

 

 

それはコレです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

★★★★★★★★★★★★

 

自動思考に気付き
出来事と感情を

分けて書き出す

 

★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

自動思考というのは、

"考え方のクセ"のこと。

 

 

 

「どうせうまくいくはずがない」

「あいつは性格悪いに違いない」

「ちゃんとしなければならない」

「自分はつまらない人間だ」

「自分は成功できるはずがない」

とか

"考え方の歪み(ゆがみ)"です。

 

 

 

 

 

・・・・・

 

 

 

 

もちろん
ただ、書き出すのは危険です。

 

 

 

 

自分自身と問題がゴッチャ
になるので、絶対禁止ですね”(-“”-)”

 

 

 

 

僕が過去に
この方法を採用していたのは
「決定的な理由」があります。

 

 

それは、なぜなら

 

 

~~~~~~~~~~~~〜〜

『繰り返すネガティブ思考”』

は自分の思い込みだと気付き

事実ではないことを

認識できるから

~~~~~~~~~~~~〜〜

 

です。

 

 

 

引きこもっている状態では

すべての問題の原因を

外の要因(親・環境・教育・生育歴、、、)

に押し付けながら、

「自分責め」してしまいます。

 

 

 

 

「どうせ、自分なんて」と

”自己否定モード全開”

 

 

 

 

はじめは、

ネガティブな『恨み』や『怒り』

『悲しみ』など感情的なことばかり

書いていました。

 

 

 

 

書いても書いても

気が晴れるどころか

ますます鬱状態に

気が滅入って行きました。

 

 

 

 

 

 

『罪を憎んで人を憎まず』という

ドラマの決め台詞(せりふ)みたいに、、、

 

 

 

 

 

自分の自動思考(ネガティブな思い込み

;考え方の歪み)に

気付いて、出来事と感情を分けて

メモするようにすると

 

 

 

 

自分責めが軽くなり

楽になれるような

新たな建設的な考え方

かできるようになり

ました。

 

{96DF546B-8D17-43DD-9895-2A56E58BE7A9}

 

 

 

 

 

 不登校ひきこもり

クライエントさんの場合・・・

 

 

「この子は扱いづらい子」

 

 

「この子は面倒な子」

 

 

「この子は言うことを聞かない子」

 

 

「この子は変わった子」

 

 

「この子は手に負えない子」

 

 

 

 

 

 

このようなネガティブな思い込み
クライアントさんは
毎日のように繰り返しています。

 

 

 

単に

 

「子供が理解できない」

 

「再発が止められない」

 

「不安を消すことができない」

 

 

 

という、”表面的な思い込み”ではないんです。

もっと深いのです。

 

 

 

 

"考え方のクセ"に

気付くには

ストレスのかかった出来事

不快な感情

が起こった時に

自動思考を特定することです。

 

 

 

 

 

「言い聞かせる」

というよりは

 

 

 

 

 

「気付く💡」

 

 

 

 

 

他人と比較せずに

「そっと気付いてあげる」

 

 

 

 

「そっと気付いたもの」を

愛でるような口調で

言ってあげる

 

 

 

 

それゆえ

「ネガティブな思い込み」は

出来事と感情を

切り離して
分解すればするほど、
「ネガティブな思い込みの解消」が
可能なのです!!

 

 

 

・・・・

 

 

 

「ネガティブな思い込みの

解消方法は理解できた!!」

 

 

 

 

でも、まだ・・・

 

 

 

 

「具体例を挙げてもらわないと

自分のこととして落とし込めない?」

という疑問が残ると思います。

 

 

 

 

 

その答えは

次回に続きます・・・

 

佐藤マリオ

 

{5A114953-1641-42B8-8DCA-41257ABE83A7}

 

 

 

 

 すると

「素晴らしい」

が育まれていくんだな。

 

 

 

 

愛でれば愛でるほど育まれていくぞ。

 

 

 

 

このローテーションやってみそ!

 

 

 

 

てなことで

「私(読者のあなた)の素晴らしいところ」

それも些細な素晴らしさに気づいたら、

 

それをコメントまで書いてねー

 

 

 

==================================

リブログ・シェア・転送・転載はご自由に。

 

 

 

今回お話をした事は、お子さんの不登校や引きこもりが解決されていく要素についての、“本質に迫る内容”ですので、理解できるまで何度も読まれてみて下さいね。
 
 
 
 
 
 


どうぞ次回をお楽しみに(ᵔᴥᵔ)






最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ご意見や感想などをお寄せくださいね。(コメントを頂くと届きます)






毎日多くのメールが届くために返信のお約束はできませんが確実に読ませて頂きます。
 
 
 
 
 
 
今回も読んでいただきありがとうございまーす😊