こんばんは、名古屋の毎日を「変える」Twitterアカウントこと、おいでよ名古屋です。

最近個人的にヴィジュアル系バンドの麗麗っていう方々がすごく気になっていまして




曲も姿も、めっちゃ名古屋推しなんですよ。



この衣装すごくないですか!?!?


で、そんな名古屋で一番名古屋を推しているヴィジュアル系バンドの方々に、この度インタビューさせていただけることになりましたので、その様子をお伝えします。





私:では、それぞれ自己紹介からお願いします!

諱:えーでは僕から…両肩に屋根 ドラムの諱(イミナ)と申します、よろしくお願いします!

銀:右屋根担当の、ベースの銀です。よろしくお願いします。

※ギターの近藤りょーじさんは不在

紅:シャチホコ担当、金色のスーパーヒーロー ボーカル 紅愛でーす、よろしくお願いしますー。



私:好きな物とかありますか???

諱:え・・・好きな物ですか・・・ドラムのイミナは、週に三回「かつ丼」を食べます!

私:結構食べますね・・・

紅:全然名古屋名物じゃない(笑)

諱:でもその代わり、味噌カツもめちゃくちゃ好きで、その3回のうちたぶん1~2回は味噌カツをはさんでいきますね。

私:結構食べますね…

諱:ですね、帰り道にかつやがあって、お持ち帰りで食べます。一回持って帰ってしなるのが美味しい。

私:なるほど…

銀:ベースの銀は…好きと思った物全部好き。好きな物が多すぎて…(笑)

私:幅広いんですね。

紅:俺はね、最近ね。きしめんしか食べてないじゃないですかみたいに言われるんですけど、ざるそばが好きです。

私:あ、麺ではあるんですね

紅:ころきしめんとかもあるんですけど、ざるそばですね。

銀:うどんそばで言うと俺は…つけて食べるので言えばきしめんが一番好き。

私:へー

銀:でも温かいきしめんが苦手。

諱:あ、テロテロすぎるって事?

銀:いや、熱い。

紅:え、じゃあヌルいきしめん出されたらどうすんの?

銀:もう完璧…。

諱:俺はもうね、逆にパンチがある食べ物が好き。かつ丼とか…ケバブとかね。

紅:大須にあるけどさ(笑)

私:確かに大須のイメージありますね

諱:昔どこかの祭りでケバブの屋台見つけた時、「あ、大須のやつね。」って言った事あるもん。

紅:それくらい大須のイメージあるよね(笑)



私:かつ丼だったらどこが一番おいしいですか?

諱:麗麗がこのコンセプト…名古屋推しになった時にやっぱりちょっと勉強する部分とかが沢山あって、この界隈の味噌カツの美味しいお店とか色々食べ歩いたんですけど、やっぱりめし処 叶 っていうカツ丼が一番旨かったですね。

私:元祖味噌カツ丼の所ですね。

諱:味噌カツってドロドロのぐでぐでのイメージがあると思うんですけど、めちゃめちゃサッパリしていて美味しい。

私:なるほど、美味しいですよね。

銀:味噌カツの中ではらむちぃが一番好きかな。

諱:あそこも美味しかったね…!

紅:ちなみにおいなごちゃんオススメの味噌カツは…?

私:丼じゃなくて味噌カツだったら、天白の寅安が好きですね。

紅:インタビューって俺らが質問に答える側なのに好き放題喋っちゃってるね(笑)

諱:いや俺らそういうバンドじゃん

銀:じゃなきゃたぶん、まともに生きてきたかもしれない

※ここまで近藤りょーじさん不在

私:バンドをはじめたきっかけって何ですか?

紅:モテたい 以上です。

諱:たぶん一般の方も同じだと思うんですけど、モテたいからバンドをはじめる人ってめちゃくちゃ多いと思うんですよ。文化祭でモテたいからバンドやろまい、みたいな。それと一緒です。

銀:僕は…誘われたからって感じです。やってよ!って言われたから。

紅:押しに負けとるがね(笑)

(この辺から名古屋弁が聞き取れるようになりました)

紅:最初はみんな、あんまりプロ志向ではなかったんですね。売れたいとは言ってたけど、目標とかはなかった。でも続けているうちに本気になって、皆でプロになろうって。ある時目標が同じ向きに揃ったんです。

紅:名古屋のコンセプトになったのもここ二年くらい…

諱:そうだね。

紅:今ようやく、結成十年にして初めて自分たちのやりたい事…自分たちの色に合った事が見つかった。自分たちの武器が名古屋だったんですよ。

私:方向性が見えたんですね。

諱:いやね、ここまでインタビューでわけのわからん文字がバッと並んでると思うんですけど、僕らね、ヴィジュアル系向いてないんすよ。

紅:最近気付いた事なんですけどね、ヴィジュアル系に向いてない。

諱:なんていうか、ダークなヴィジュアル系とか色々いるんですけど、全部含めて向いてないんですよ。自分たちのやりたい事を全面的にやってって、それに皆が着いてきてくれたら嬉しいなって思います。

銀:今の衣装だったら僕ら、ヴィジュアル系とかロックとかじゃなくて、名古屋系とかにしても良いんじゃないかなって思っとるよ。

紅:だって自分たちにしかない武器だから。

銀:だって名古屋城とかシャチホコとかの衣装他に誰が着とる!?って。だったらもう名古屋系じゃん絶対。

紅:あ、近藤りょーじきた。近藤りょーじはバンドはじめたきっかけは?

諱:あ、自己紹介からの方がええかな?自己紹介して。

紅:一番面白い自己紹介してくれるから。

近:右左上下名古屋といったら近藤りょーじです☆

紅:まぁでもこれ文字になるから。

近:コナミコマンドみたいになっちゃう!

諱:好きなものは?

近:俺何が好きだっけ…

諱:干し梅とか好きじゃん

近:あ、干し梅が好き!!!

私:え、一番が干し梅で大丈夫?

近:ジンジャーエールも好き!あとおつまみ!

紅:もっと名古屋っぽい事言えって…

近:え、名古屋っぽいことみんな言った??なんて言った??

銀:好きな物は全部好き

諱:かつ丼

紅:ざるそば

私:(誰も言ってへんやん)

近:えっとね…おつまみ!おつまみが一番好き!

紅:あとバンドをはじめたきっかけは?

近:えっと…え、なんて言った??

紅:一個しかねぇ。みんな一緒だって、一個しかねぇ。

近:あっ…もてたいから

私:(揃うんかい)



私:名古屋を推していきたいと思ったきっかけは?

諱:いや、俺のせいなんですよ。

紅:大きく出たな。

諱:僕そのころちょうど、クニミツの政っていう漫画を読んでたんですよ。

私:あ、私も読んでました。

諱:主人公のライバルは選挙の時、新しいアミューズメント施設を作って発展させて人を呼ぶ政策を出して、クニミツは地元の良さを全面的にアピールして街自体を盛り上げてけば、色んな所から観光客が来るんじゃないか?みたいな発想を持ってて

諱:それを見た瞬間に、俺らもこれかもしれん。名古屋の曲作ろうよ。みたいな感じに軽い気持ちで言ったら皆真に受けてそのまま進んじゃった。

紅:元はその、八年間ずっと結果も出なくて、活動休止をしたんですけど

私:は、はい

紅:活動休止から戻ってきた時も、全然誰も待ってくれてなくて…俺らってこんなに需要なかったんだなって思って

紅:次で最後にしようって思って、地元を盛り上げるコンセプトを思いついたんですよ。

紅:で、やっぱり名古屋って言ったら名古屋城で、どうせなら名古屋城になろうっていうのがきっかけですね。

紅:その時にすごい悩みながら作ったのが、N・G・Yっていう曲で。自分たちの代表曲になりましたね。

紅:衣装もすごい最初は恥ずかしかったし、こんなんでヴィジュアル系でいいのかな?みたいな。誰もやってないけどいいのかなって不安だったんですけど、自信持ってやったらお客さんがしっかり着いてきてくれて。それが更にPRにつながって。今の自分たちのスタイルの基礎になりました

紅:名古屋の麗麗っていうバンドがヴィジュアル系のシーンでちゃんと知名度もついた時に、果たしてヴィジュアル系だけでいいのか?

紅:自分たちの生まれ育った名古屋をPRするんだったら、もっと一般の人に知ってもらうべきじゃないのか?

私:大事ですね。

紅:ヴィジュアル系も大事にしながら、自分たちのバンドカラーだからできる事をやっていきたい10年目ですね。

諱:俺らもこういうのに抵抗がなくて、面白い事がやりたいし、バンド仲も良いんで、皆真っすぐに全力で楽しめる部分もあったんで。

紅:最初シャチホコになった時はめちゃくちゃ不安だったけどね。

諱:間違いない

銀:だって「え、マツケン!?」ってなったし

諱:完成も見えなかったし、不安は多かったんですけど、気付いたらそれしかねぇなって。

紅:今はたまに衣装チェンジしてライブやると不安でしょうがないですけどね、シャチホコ着てないのが不安(笑)

近:守り神みたいだね

紅:麗麗って今まで、ヴィジュアル系のカッコいい所と面白さを混ぜ合わせてたんですけど、どっちも中途半端だったんですよね。

私:面白い方を選んだんですね。

紅:これでダメだったら辞めようっていうときに、初めて振り切れましたね。

諱:たぶん初じゃない?ここまで名古屋の衣装で活動しとるバンド。

銀:ロックバンドでもアイドルも、名前はあるけど、皆衣装はシャチホコじゃないし。

諱:俺将来あそこ、名古屋城家にするから。

近:それは問題だねぇ(笑)

私:めっちゃ紅愛さんばっかり喋ってるけど大丈夫ですか??

銀:それはもう、まとまった意見を言ってくれてるから。ここで「ん?」ってなったらもう(バンド)終わりだ。

諱:「俺はこうだよ!?」とか言い出したらもう、解散。(笑)

私:(仲良いな…)



私:おいでよ名古屋を知ったきっかけを教えてください。


諱:俺は正直、うちのメンバーですね。

紅:たぶんね、俺だね。名古屋をPRするんだったらTwitterで名古屋で検索して色んな事を調べてたら見つけたんだよ。

私:なるほど…

紅:で、アカウント見てみたらすげぇフォロワーだしこの子何!?って思って。

近:しかも一番俺と紅愛が衝撃を受けたのが、語尾に絶対「名古屋においでよ。」っていう、あの闇の深さ。あの文だけ闇が深い。

紅:俺が一番思ったのは、意味わからん事言った後に「名古屋においでよ。」って言ったり、個人的にポルノグラフィティが好きだから「なんでポルノグラフィティの歌詞に名古屋においでよってつけるん」って思ったね。

諱:そんで何をしても絶対「名古屋においでよ」だから、なんか名古屋に行かなあかんのかなっていう気になってくる。

諱:しかもアイコンでら可愛いのにね。最後のあのフレーズの闇の深さ。

銀:アイコンはご自分で描いてるんですか…?

私:アイコンはなつきちゃんや、ファンの方が描いてくれてますね。

銀:なるほど、仕事中にTwitter見た時においなごちゃんのあの笑顔見ると、今日も頑張ろうってなるんですよ。

私:ありがとうございます。(笑)

紅:気付いたら俺ラインスタンプ買っとったもん。(笑)

近:ただ情報発信してるだけのアカウントだったら、俺らもここまでハマってなかったと思う。

紅:でも気付いたらこうしてインタビューして貰えて…名古屋玄人ですね…。

私:コンセプトがここまで振り切れていたからこそ取り上げられるっていうのもありますね。

銀:確かに普通の衣装着て名古屋PRしててもね。「名古屋になった」感じすらあるし。

諱:だからもう、俺らがその辺のコンクリートに埋まっとってももう名古屋だからね。

近:謎すぎるけどね。闇がほんとに深い。コンクリートに埋められてしまう、名古屋においでよ。

諱:何が起こるんだろう名古屋に行ったら・・

私:君は味噌にしないよ みたいな感じですね。

紅:でもN・G・Yっていう代表曲は名古屋の表面的な部分を歌った曲だし炸裂ナゴPOWERも名古屋を通して皆で元気になろうみたいな曲で作ったんで、今後はおいなごちゃんが紹介しているような名古屋の深いところについての曲も面白いんじゃないかなって思ってます。



私:Twitterを見て実際に行ってくれた場所とかありますか?

銀:なかなか行けないんですけど、行ってみたい所は山ほどありますね…!

近:ある日紹介されていた店が、うちの斜め前の店で、Twitter見た時「やべぇ、おいなごちゃんうちの前まで来とる!!」ってなった事はありますね。

私:まじですか。(笑)

近:週1~2くらいで行く店だからびっくりでしたね。

紅:YouTubeにもアップしてたんですけど、まる芳さんのから揚げ行きましたね。


近:間違いねぇなって感じはあるよね。

紅:揚げチョコホイップやばいから特集しようって話になっていきました。

諱:元祖小倉クリームから揚げもありましたっけ

近:あれはおいなごちゃん、食べた時どんな感じでした?

私:私は絶対美味しくないと思って提案したメニューだったんですけど、意外とね、食べれちゃうんですよね。

近:意外と美味しいですよね!?

紅:俺も食ったでわかるんだけどね、意外と美味しいんだよね。

諱:俺は食べたことなくて、でもレビュー見ると「案外美味しい」とか結構書いてあるのがすごいよね。

近:名古屋ってインスタ映えしないじゃないですか。

紅:味噌煮込みとか撮られてもね(笑)

近:でもあれはインスタ映えじゃないですか。

紅:確かにあれはインスタ映えする。

諱:でも名古屋っぽいインスタ映えだよね。ほんとに。

私:個人的にも一番すごいコラボ商品だと思ってます。

近:コラボしたいですね。

紅:したいね。個人のお店とかでも、PRソングとか作りたい。

私:いいですね。

紅:お店の宣伝にもなるし、自分たちの宣伝にもなるし。それが名古屋を盛り上げる相乗効果を生みそう。

諱:その代わり俺らふざけたバンドなんで、曲調とかは責任持てませんよ。(笑)




私:個人的に名古屋のオススメなスポットを教えてください。

銀:オススメな…というか、白鳥庭園に行ってみたいですね。行ってのんびり過ごしたい。

諱:僕は…みなと祭りの花火を潮見ふ頭側に9号地っていう場所があるんですけど、そこから見る花火がオススメですね。

紅:細けぇな(笑)

諱:ほんとにあそこはオススメ。上げとる船が見えて、花火がほぼ真上くらいに見えるから。

近:荒子川公園とか好きだな。桜の季節になるとほんとに綺麗。BBQとかも炭だけ用意すればできるし。

諱:水もちゃんと出るし。結構遊べる。BBQ系だったら名城公園もオススメ。あそこ三人乗りの自転車とか借りれるよね。

紅:俺は清州城ですね。麗麗がミュージックビデオ撮ったんで。

私:清州城!(行った事がない)

近:それは名古屋市じゃない。

紅:でもおいなごちゃんも言っとるもん、ちょっと離れとっても大体名古屋だよって。

近:あと、自由が丘にある平和公園。

私:ほー

近:あそこが、猫が洞池っていうのがあって、遊歩道になってるんですよね。静かで心が和みます。

紅:なんでそんな心が和む所ばっかり好きなん(笑)

銀:ほっとしたいんだよ、ほっとしたいなら名古屋においでよだよ。

紅:でも使いたくなっちゃうよね、この「名古屋においでよ」っていう闇のワード。

私:ありがとうございます(笑)



私:思い出深いライブハウスを教えてください。


近:それはもうHolidayNEXTですね。

諱:我が砦ですね。名古屋って色んなライブハウスあるんですけど、僕らのシーンではここですね。

近:僕らの記憶の中では冬季に肉まんを販売したり、夏季はクレミアを販売している唯一のライブハウスですね。

諱:タピオカビールとかも飲めますしね。

私:そんな事できるんですか…



私:麗麗ビギナーにオススメの曲を教えてください!

銀:今はやっぱりN・G・Yになるのかな

近:我らが看板曲ですし、ライブに来た時の振り付けも簡単で動きも大きくて楽しいです。

諱:簡単に乗れる曲ですね。

紅:麗麗は基本的に、たくさんの人に知ってもらいたいので、ヴィジュアル系の中の難しい振り付けよりも誰でもできる簡単な振り付けをメインで作ってます。



私:今後ライブしてみたい場所を教えてください。

諱:名古屋だったら、やっぱりZepp名古屋

紅:でけぇな

諱:でも今行きたいのは、大須商店街とかそういう…

紅:街でね、やりたいですね。

諱:僕らのファンだけの話になっちゃうかもしれないですけど、大須で遊ぶついでに麗麗を見る とか、そういう事が今後できると面白いのかなぁって思いますね。

紅:名古屋城とか、地域のお祭りとかにどんどん呼んでもらいたいですね。ヴィジュアル系だからってライブハウスだけって事はないと思うし。

私:楽しそうですよね。

紅:メールで企画さえ送ってくれれば、どんどん出演したいです。自分たちからは行きにくいので。(笑)





私:最後に告知コーナーになります。

諱:8月17日にメリーバッドエンドとの無料ツーマンライブをボトムラインで行います。是非来てください!

紅:麗麗は12月まで、毎月8日に大阪・名古屋・東京で主催ライブ「丸八東名阪ツアー」を開催中です!
  毎月8日は麗麗の日って覚えてください!

紅:あと、麗麗は今年が10周年なので。10年の中での思い出の曲を10曲集めて再レコーディングしたアルバム「思い出でら盛りMAX」を、8月15日にリリースします。

諱:トレーディングカード全四種類がランダムで入っているので、好きなメンバーを集めて、君もバトルだ!

紅:そんなのは無いから。(笑)

私:ありがとうございました、インタビューは以上です! これからも名古屋を一緒に盛り上げましょうねーっ


と、最後まで楽しい約一時間のインタビューでした。

麗麗さん、ご協力ありがとうございましたー!


メンバーの方々のTwitter

銀さん(@reirei_gin0130)
近藤りょーじさん(@reirei_ryoji)
紅愛さん(@reirei_kurea )
諱さん(@reirei_imina )

こちらは発売中のCDです

気になる方は聴いてみてくださいねー!