住宅ローン控除期間が15年目を過ぎ終わってしまった事もあり、我が家は住宅ローンを早めに返済しました。
すると銀行から「抵当権抹消登記費用お振込手続きのご案内」という書類が届きました。
イメージ 1
見ると「登記抹消費用は12500円です」という内容が記載されています。
そして振込手数料は、お客様負担とのこと。
何でローンを返し終わったはずなのに、まだお金がかかるの?と思いました。
 
抵当権抹消とは、銀行から住宅ローンを借りる時に土地と建物が担保になっていたので、
法務局で登録免許税を支払って解除する手続きです。
この手続きは、やっておかないと相続の時に、ややこしい事になるようです。

12500円の内訳は、法務局に支払う印紙代と司法書士報酬との事でした。
12500円の出費って結構イタイですよね?
法務局は家の近くにあるし、これって自分でできないのかな?
と思い、住宅ローンを返し終わった妹にどうしたか聞いてみました。
「自分でやって間違いがあっては困るから司法書士さんに頼んだ」との事。
今度は、パート友達に聞いてみると「ダンナがやってくれたよ」との事。
そして、ネットでも調べてみました。
登記申請書という書類を作成する時間と、法務局に行く時間(提出と受領の2回)、
あとは法務局で提出時に印紙を購入すれば自分で「抵当権抹消」の手続きができるようです。
「これなら自分で出来そうだ」と思い、自分で手続きをする事にしました。
 
この続きは、また明日・・・