堂々8位入賞!

テーマ:



北京オリオンピックウェイトリフティング48級で、大城みさき選手は、スナッチ80キロ、ジャーク92キロのトータル172キロで見事、8位入賞をはたしました!


沖縄から駆けつけた沢山の応援団の後押しと、沖縄の皆さんの応援と言う海風を受けて、堂々たる結果を残すことができました。


管理人より


以下、新聞積載記事より抜粋。


】「みさき、おめでとう。感動をありがとう」―。北京五輪重量挙げ女子48キロ級で八位入賞を果たした大城みさき選手(24)=エコツーサポート沖縄=は九日、重圧や不安に打ち勝ち手にした称号に顔をくしゃくしゃにして喜んだ。観客席から声援を送っていた家族らは試合後の大城選手と抱き合い、「頑張ったね」と五輪初出場での入賞をたたえた。


 前列の席で試合を観戦した比嘉敏彦コーチ(36)は、

大城選手の入賞が決まると、家族らがいるスタンドへ駆け寄った。「やったー」とみんな跳び上がった。


 「涙が止まらなかった」と母ゆう子さん(47)。娘の勇姿を振り返り、「高校の時に一度試合を見たきりだったから、(試技の間)心配だった。入賞できてほっとした」と顔をほころばせた。試合後には大城選手と対面し、「よく頑張ったね」と抱き締めた。

 照れ笑いしながら「ありがとう」とだけ返した大城選手。それでも続けて出たのは「(次期五輪の)ロンドンにも行く」という決意の言葉だった。


 大城選手が全幅の信頼を寄せる比嘉コーチは本番前、最終調整に立ち会えないことを「申し訳ない」とわびた。「五輪でバーベルを握るだけでもすごい。耐えてくれてありがとうという気持ち」と賞賛した。


 大城選手の叔父幸夫さん(46)は、一家四人で応援に駆け付けた。「暴れん坊だった女の子が、よくここまできた。あっぱれだ」とにっこり。


いとこの綾さん(25)、幸太郎君(14)は「小さなみーさーが大きく見えた。感動した」と話した。


 県ウエイトリフティング協会の川畑勉副会長(50)は「強豪がスナッチで失格になる中、理想的な結果を出した。よく頑張った」と高く評価した。



自宅応援組も


 南風原町本部の自宅で親類や近所の人ら約四十人と試合を観戦した大城選手の祖母富子さん(80)は「私まで世界の一番上に立ったみたい。帰国したら抱き締めてありがとうと言いたい」と喜びを抑えきれない様子だった。

 弟で専門学校生の竜樹さん(22)は「結果を出せない時期もあって苦しかったと思うが、姉の八位入賞を心から誇りに思う。次回の五輪でさらに上位を目指してほしい」とエールを送った。






これからの大城選手にどうか大きな声援をお願い致します。


管理人としても、しっかりブログから更新という形で応援してまいります。


管理人




6月3日に掲載されました、琉球新報の記事を紹介させていただきます。


大城みさき選手談話


「今持っている力を出し切って、少しでもメダルに近づくことができるように一生懸命頑張りたい」


小宮山哲雄選手強化本部長は大城について


「世界の順位でも8位以内の入賞は十分に狙える成績を持っている」

と評価。


日本ウエイトリフティング協会は6月2日午後、渋谷区の岸記念体育会館で北京五輪の日本代表選手男女合わせて6選手を発表した。


女子48キロ級で那覇市出身の大城みさき(南風原高卒)が選ばれた。


重量挙げで県出身選手が五輪代表に選ばれるのは、2000年のシドニー五輪以来、2大会ぶり5人目。


全競技では15人目となる。重量挙げ女子選手ではシドニー五輪の平良(仲嘉)真理(沖縄工高教諭)に次いで2人目。


新聞記事より、抜粋で紹介。

管理人


ブログ開設!

テーマ:

皆様、8月より北京で行われるオリンピックに、ウェイトリフティング日本代表として出場することになりました、大城みさき選手のブログを開設することになりました。


今、大城みさきは沖縄県内でオリオンピックに向けて最終調整を連日行っております。


頻繁ではありませんが、大城みさき本人は、近況報告などで皆様にお伝えできると思います。


ブログ管理人として、大城みさき選手のニュースや試合に関する情報をコンスタントに更新する予定でいます。


どうか、沖縄県唯一の北京オリンピックウェイトリフティング日本代表の大城みさき選手を応援してください。


何かと不慣れな部分はありますが、よろしくお願いいたします。