続けることに意味がある

テーマ:
先日、読者さんから
こんな内容のご質問を
いただきました。


無理をして書いていませんか?
"書かなければいけない"
という義務感で、書きたくない
ことまで書いていませんか?

そんな内容と受け止めました。


結論から申し上げれば
無理をして、書きたくないことを
書いているということは
全くありません。大丈夫です。



今回、というよりも
実は以前から
"薬の効果に疑問が生じた時は
薬の変更等を考えなければ
いけない"という話は
常々先生から言われていました。

今回のPET-CT検査の結果を見て
先生はそれを相談するタイミング
であると、そう判断されたと
いうことです。


今回、このような話を受け
ブログで報告すべきかどうか?
実は、家族と相談しました。

私の考え方を述べ
家族も賛成してくるたので
皆様にお話させて頂きました。



私は、ブログを始めるにあたり
それ相応の覚悟を持って
スタートをしました。

ならば
それを続けなければ意味がない
と、私は思っているのです。


ある日突然"癌宣告"を受けた
私と家族。
心の準備など何もない。
知識もない。
この先どうなるのかも
誰も分からない。

そんな時に
私達家族を救って下さったのが
小林麻央さんのブログでした。


私も
私や私を支えてくれる家族の
"現状"を伝えることに
意味があると思っています。


勿論、根治された方は
その経験談を何でもお話しできるし
お役にたてる情報も提供できる
ことでしょう。


私は治療中の身ですから
書けること書けないこと
そのタイミング等を計らなければ
ならない部分はありますが

現在治療中の体験というのは
なかなか触れる機会は
少ないものですので…だからこそ
そこにちゃんと意味はある、と
私はそう考えています。


私の生き方、考え方を
発信することにより

受け止めて下さった方の
お役にたてたり、考えるヒント
になれたらいいな、という
そういう思いでいます。


そして
発信するだけではありません。
私自身にとっても
皆様からたくさんの励ましや
アドバイスをいただけて
パワーの源にさせて頂いている
のです。



だから、続けます。

これからも続けます。

ありのままの自分を
綴っていきたいと思います。