術後の回復が順調に進み
妻との面会も
楽しい時間が増え始めました。


面白い話をされて
笑わされて
その度に"お腹痛っ"ってなって

手術の経験をした方は
皆さんご存知のあの経験も

それをまた笑いあえる
という喜びを
家族の表情を見ながら
かみしめる毎日でした。



ある日、妻に聞かれました。
「ねぇ、手術の後に面会したの
覚えてる?」と。

「会ったのは覚えてるけど…
どんな話をしたのかとか
ICU の部屋のことは
よく分かっていなかったかな…
俺、どんなだった?」と聞くと

こんな話をしてくれました。



あのね
私が頭なでなでしながら
"無事終わったよ。
手術大成功って先生が言ってたよ。
よく頑張ったね"
って声をかけて

あなたは"うん うん"って返事して


息子たちは無言で
佇んでいたけれど…

その後そっと傍に行って
"おやじ"って一言だけ。

あなたは
息子たち一人ずつと
しっかり目を合わせて
ぎゅっと握手してた。


それでね、帰り際に
急にマサトを呼び止めたの。

マサト!いい子にしてるんだぞ!
って。


あの子"分かったよ"って
返事してたけど…
部屋を出た後に
"なんで俺なんだよ。なんで
いい子にしてるんだぞなんだよ。
意味が分かんないよ"
って言って、涙こぼしたんだよ。

覚えてる?



"俺、そんなこと言ったんだ…
全然覚えてない…
へぇ〜っ、なんだ、それ…"

と言いながら
痛いお腹を抱えて
大笑いをしていたら


何故か涙がこぼれてきました。


それを見て、妻も
"なんで泣いてるのよ"
と言いながら、涙をポロリ。


"分かんないよ"と言いながら
しばらくの間、"泣き笑い"が
止まらない私でした。


あんな経験は
生まれて初めてのことでした。



※マサトとは次男の名前です。