2008-09-04 22:22:02

●意念を使う 後編

テーマ:練習での気づき


「真っ直ぐに相手の中心を貫いている一直線」

相手をレーザービームで射抜いている感じ・・・


これをイメージして技をかけると

面白いようにうまくできるようになりました。



これは昔からの少林寺拳法仲間Sさんと

一緒に練習したからこそ、気づけたポイントでした。

起こった現象をすぐにフィードバックできる練習相手がいたからこそ。

やはり、上達するためには誰と練習するか?がとても大事ですね。



「動き」というのは、ブツ切りになってはいけないのです。

前もってイメージで「流れ」を作り、それを途切れさせずに最後まで一挙動で行う。

これは他のスポーツ、ダンスなどでも同じなのではないかと思いました。


上手な人ほど、これが無意識にできているはずです。

達人になると技をかける前から、すでに技がかかっているのです。

「お前はもう死んでいる」の北斗神拳みたいですね。




★コラムを読んで「実際に操体の施術を受けてみたい!」と思った方はこちらの
ページをご確認の上、ご予約ください↓
http://www.hi-ho.ne.jp/ohori/sotai.htm
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ohoriさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。