英語と耳のお話。 | 英国に慣れ『ぬ』 ジャポネ-ヌ。

それは2020年10月のことでございました・・・。:

 


こーんな感じ。笑

 

英国に来てから

普段、

TVは英語の字幕付きで見ている。

 

 

だって。だって。だって。

TVの流れる声だけだと

早いし

分からん単語だらけで

分からない。分からなーい。

 

 

そんな英国TV生活。

 

 

・・・だったのだけれど

見たい画面の数字だったり名前だったりが

ちょうどその字幕の陰になり見えないこと多々。

 

よって

字幕を消して見始めたら

 

 

 

 

何かが違うタラー

完全になんか違うものを感じる在英20年+。

滝汗滝汗滝汗

 

 

 

 

ちょうど

司令塔である脳みそが

スイッチを切り替えた感じ。

 

 

 

今まで

主に『目』で『読んで』

文字で脳みそが理解する部分を使用していた流れから

 

字幕を消したことで

主に『耳』で『聞いて』

音で脳みそが理解する部分を使用する流れへ切り替えたのを完全に感じる。

 

 

脳みそって

すごいなー!

 

 

、、、っていうか

切り替え可能になるまでに

20年ぐらいかかるってどーよ?自分?

 

しかも

かといって字幕にしろ、字幕なしにしろ

100%完全に意味を分かっているわけでは

全然ない

ダメダメなわたくしめ。笑い泣き笑い泣き笑い泣き

 

あーはははは。

あかーん。チーンチーンチーン