前回、私どもが一人で仕事をしていたときの状況や、

そのときの課題や、うまくいき始めた過程を

書かせていただきました。

https://ameblo.jp/ohitori-keiei-clubmaster/entry-12375571910.html

 

先日テレビで、

泳ぐたびに日本記録を更新する水泳のスーパー高校生、

池江璃花子さん17才のドキュメンタリーを見ました。

 

14才のころから頂上が見え、飛ぶ鳥落とす勢いで

一気に登りつめ各種大会で優勝。

次は世界へというところで、

はじめてトップにしか見えない不安がわいてでたそうです。

 

そのあと成績はふるわず。

その一つが、まだ高校生ということもあり、

高校の水泳部として練習するとともに、

さらに練習する場所がなんと、

子供や老人が通うスイミングスクール。

 

コーチもいなくて孤独で、競いあう選手もいなく

自分がやっていることが正しいのか不安になり、

そして練習がイヤになり、

イヤになる自分にイヤになる

というネガティブスパイラルに陥ってしまう。

 

そのあと、たまたま日本選抜選手が固定され、

高いレベルの選手たちと合宿練習ができ、

プロの指導を受けることができました。

 

同じ志をもつ競える選手と一緒に練習することで

マインドも高まり技術も向上して、

自分を信じることができるように戻ったら、

また成績がグングンあがり、また、

日本記録更新を連発するようになったのです。

事業の経営者や、一人で仕事をしている人は、

少なからず同様なことがあるのではないでしょうか。

 

私どもも一人で仕事をしている時代がありました。

それなりに横のつながりもあり、

お客様に鍛えられることもありましたが、

やはり、志が同じ人と話をし、ディスカッションをし、

志を太くすることがこんなにパワフルなのか

と感じています。

 

あわせて、自分を補完することができ、かつ、

持ち物を掛け算的な成果につなげていけることは、

一人では考えられなかったことが実現できる

無限の可能性を感じることもできました。

「人のことは見えても、自分のことはよく見えない」

これはよくあることですね。

一人で考えたり、一人で判断をしていると、

凝り固まった考えであったり

世の中の流れに沿っていない選択になったりしがちです。

 

これらを私どもでは

「井の中のゆで蛙」

と呼んでいます。

井の中にいるだけでなく、

時代の流れを感じないうちに

ゆで蛙になってしまうという意味です。

 

これらも含めて、「一人」は課題満載です。

そこでということで、

志を同じくするパートナーが

すぐに見つかればよいですが、

そう簡単ではないこともわかっています。

 

であればということで、

孤独感から抜け、楽しく切磋琢磨できる場

を作るということが、

「お一人経営者の会」設立の趣旨の一つです。

 

経営者の交流会や飲食会は、よくありますが、

息抜きや情動発散にはよいかも知れませんが、

本質的な課題解消には

なかなかつながらないものです。

そのような機会に、

時間やお金を使うことが効率的なのか

疑問をお持ちの皆さんも少なくないと思います。

自分たちもそうでした。

それはそれでよいとして、

そうではない積極的に課題解消に向かえる場を作る、

それが個人の大きな支援となるだけでなく

大きな社会貢献の1ピースになる、

これが私どもの考えであり

それを必ず実現するというのが私どもの信念です。

 

 

(お一人さま経営者の会 Webサイトはこちら

 http://ohitori-keiei.club

ご登録もこちらから。登録は無料です。)

一人で仕事をされている人や、

一人で会社を経営している人は大変ですね。

私どもも経験があります。

 

自由度は高いですが、

どうしても視野が狭くなってしまいます。

それを補うために、

いろんな会に参加したり、いろんな人の話を聞いたり、

そして気の置けない人と飲み会をしたり。

 

それらの機会では、

刺激をうけたり情動発散できたりしてよいのですが、

悩みの共有はできても、

なかなか悩み解決までいくことはありませんでした。

それらを背景に、

個人コンサルを受けることにしました。

高額でしたが、結果的にそれが

大きなターニングポイントになりました。

自分の課題が見えたのです。

さらにそんな中、

同じ志をもち同じ世界観や価値観をもつ人と出会い、

その志を語り合うと、

足し算ではなく掛け算的に自分の世界が広がり

さらにディスカッションを重ねると

見える世界が指数関数のようにケタ違いに広がり、

選択に自信がもて、自信が確信に変えられました

 

それぞれの自分の課題に気づくことができ、

それらを解決するだけで大きな成果につながるとともに、

不得意なところはお互い補いあう、

という環境もできました。

これらの経験をもとに、

一人で仕事をしていたり経営したりしている人の

個人コンサルティングや年間講座の塾を開講し

成果をあげる実績を積んできました。

この経験をもとに賛同する人たちと一緒に

今回、一人で仕事をしていたり、

一人で事業を経営されている人の

サポートの仕組みを作るに至りました。

それが「お一人経営倶楽部」で、

「お一人さま経営者の会」です。

 

 

(お一人さま経営者の会 Webサイトはこちら

 http://ohitori-keiei.club

ご登録もこちらから。登録は無料です。)

 
 

お金のかけどころ

高額なセミナーや塾は、

成果がなければ受講してもムダになります。

 

だからということで、

無料のセミナーにばかり参加している人もよく見かけます。

企業が無料で行うにはいろいろな”魂胆”があります。

そのあとに高額な商品を売るために

無料で人を寄せ付ける方法はよくあることです。

中には社会貢献事業として、

中身のある内容を本当に無料で提供されていることも

あります。

多くはその中間のようなものも多いように感じています。

これらのどれなのかを見極めることも大事なことです。

こここでお伝えしたいことは、

その見極め方を鍛えるということではなく、

無料とお金をかけるものとの線引きを

しっかりしましょうということです。

 

私どもの経験からアドバイスです。

無料のものでは成果を高望みせず、

ちゃんとした成果を得たいなら、

ここぞというところで、

しっかり自分に投資しましょうということです。

そのためにはもちろん

自分にあったしっかりしたものかを見極める力

も必要ですね。

これらを提供側の視点で考えると、

知識や経験を共有するレベルでは

たいしたお金はいただけない。

せいぜい実費くらい。

それに対して、

それまでに培ったノウハウを遺憾なく利用し、

知恵をMAXしぼりたおし、

そして成果を出すことこそが

お金をいただけるサービスであり、

そんなサービスを受けたいと思われている

本気と覚悟をもった人へ提供することが

本当の人材育成やコンサルティングビジネス

だと考えています。

また、

これまでさまざまな経験をさせていただいて、

それらを価値づけできていることについては、

それらをしっかりシェアすることは、

社会から投資をしてもらった感謝の表現であり、

それらが社会へ還元になる、

そしてそれがまた大きなスパイラルを

まわすことにもなるだろうと考えています。

これを「お福分け」と呼んでいます。

 

これらが、

お一人さま経営者の会

メンバーが得られるものを無料で提供する

考えの根源です。

これらは、

参加されているメンバーの皆様にも

同様のことを期待しています。

それぞれの皆さんが経験されたことは

貴重な情報です。

それらをシェアいただくことで、

とても有益だと感じる他のメンバーも

たくさんおられるでしょう。

いまどきインターネットで

さまざまな口コミ情報があふれていますが、

どこまで真実味があるか、

本当かウソかから見極めないといけない

状況にあります。

信頼できる人からの情報は

今後ますます重要となっていきます。

たとえば私どもも、

40万円級の高額なセミナーや、

100万円級の高額なコンサルティングを

受けたことがあります。

30万円クラスの塾や20万円の通信教育も

受けたこともあります。

 

それらだけでなく、

出版社が主催する著者発掘コンテストに応募し、

グランプリをいただきましたが、

50万円を支払わされた上に

自助努力で一定数購入者が確保できるまで

出版されないという詐欺まがいにあったことや、

クリック単価が設定された広告メディアで、

実はクリックする人の9割以上がサクラで

成果につながらないのに高額の請求を受けた

というような失敗経験もあります。

Web等で電話番号やメールアドレスを公開していると、

営業電話や営業メールをよく受けます。

それらの大半は迷惑なものですが、

でも中には自社に合う真面目なものもあります。

その見極めは極めて難しく、

口コミも操作されていることもよくあります。

このような情報も結局ノウハウの一つで、

信頼できる人たちの情報はどの人にとっても有益となります。

「お一人さま経営者の会」では、

勉強会・ワークショップやメンバーの交流などは、

非営利事業として運営しています。

米国のコミュニティカレッジの精神と近い考え方です。

そして、その上で、

一段上の良質な有料サービスのご紹介

選択のアドバイスなどをご提供し、

ご自身でお金のかけどころを見極めていただいた上で、

それらのサービスを受けていただく。

それらの有料サービスは、

私どもだけでなく、

同じ志をもつ企業や事業者がご提供します。

それらは今後ますます拡充していきますが、

一定の基準を定め

会として推奨できるものだけに限る取り組みを致します。
メンバーでありサービス提供メンバーである人も

増えていけばと考えています。

 

 

(お一人さま経営者の会 Webサイトはこちら

 http://ohitori-keiei.club

ご登録もこちらから。登録は無料です。)

「経験こそ価値あり」について、

2つの視点で意義をとらえるということで、
まずは「自分に対して」

「時間とお金を効率よく使う」という視点でお話しました。
https://ameblo.jp/ohitori-keiei-clubmaster/entry-12375155475.html


もう一つの視点は他の人に対してです。

 

こちらは、

人に対してサービスを行っている人

特にご留意いただきたいことです。

たとえば、カウンセラーであったり、

キャリアコンサルタントであったり、

コーチや人材育成関係者であったりする人です。

 

自身が経験したことは、

高い説得力をもって話せますが、

人から聞いたり本を読んで知ったことは、

それほど力強くは話せないものです。

それをいかにも説得力あるように話すかが

これらの職業のプロなのかも知れませんが、

それは本質的ではないように思います。

 

なぜなら、極端にいえば、

あなたのアドバイスによって、

その人の人生を変えてしまうことがあるからです。

 

逆に、

人生を変えることができなければ

そのアドバイスは意味がないとも言え、

そんなことでお金をいただくということは

プロではないと考えています。

 

人に対してサービスを行う人は、

それだけの本気と覚悟をもって対応すべき

というのが私どもの考えです。

難しいことをわかりやすく解説する。

これは教師や講師など「教育」を行う人にとって

の基本で、もちろんそれでお金をいただく価値は

あるでしょう。

しかし、私どもが対象にしているのは

「人材育成」に携わっている人。

 

「教育」と「人材育成」は、

人によって定義が違うかも知れませんが、

私どもでは、

知っている人が知らない人に教えるのが教育。

知識を教え育むこと。

それに対し、人材育成は、

それらに時間軸が掛け合わさっているという

イメージで、ワンショットでは終わらず、

ずっと成果がでるまでサポートすること。

もちろんそのためには、

目的と目標が共有されていないといけません

 

極端に言えば、教育は、

教え側と教えてもらい側の間で、

目的や目標が違ってても成り立つが、

人材育成はそれらが違うととんでもないことになりえる。

そういう意味で、

カウンセラーもキャリアコンサルタントもコーチも、

そのお仕事は、「人材育成」の一部であり、

その意識をもって対応すべしと考えています。

「経験と説得力」の話にもどしますと、
自分の経験したこと以外は

説得力のあるアドバイスできない

としたら問題がでてきます。

経験したことだけしかアドバイスできないとしたら、

その対象が狭まってしまうことになります

 

ただ、多くの課題はその根源は

よく似たことであったりします。

そこからの視点からだと、

経験していることが増え、

経験者としてアドバイスができます。

 

また、

信頼できる経験者が近くいれば、

その人と連携することで範囲が広がります。

よく似た経験をした人とディスカッションすることも

大いに価値があります

 

これらを実現する機会を広げていきたい。

それも「お一人さま経営者の会」の設立趣旨の一つです。

 

 

(お一人さま経営者の会 Webサイトはこちら

 http://ohitori-keiei.club

ご登録もこちらから。登録は無料です。)

 

人生100年時代と言えども、時間は有限です。

お金はもっと有限かも知れません。

 

どんなことも、

経験したことはその解釈によって価値づけができ

すべては必然だととらえることができます。
経験したことにこそ価値があり

百聞は一見にしかずと言いますが、

百とは行かなくても十の知識より一つの経験

くらいは言えるかなと思います。

この「経験こそ価値あり」について、

2つの視点で意義をとらえてみましょう。

一つは自分に対して。もう一つは他の人に対してです。

「自分に対して」からみてみますと。

 

何ごとも経験しよう、どんな経験も価値になる。

失敗経験も価値になる。とよく言われますが、

ただ、

復活やリカバーに多大な労力がかかる失敗経験は、

できればしない方がよい。

しかも誰かが経験していて、

それを知っていたらなおさら。

 

たとえば、

振り込め詐欺で考えるとわかりやすいのではと思います。

大きなお金をダマされて振り込んでしまった。

大きな損失と虚しさが残る。

でもいい勉強になった。

だからこれはみんな経験した方がよい、

なんてことは言えませんね。

 

経験は価値になりますが、

先人が経験したよくない経験

できれば回避したもの。

それによって、

有限である時間やお金をムダにしなくてすみます。

つまり、

経験者によるその経験のシェアは、

とても価値があることは明白です。

 

私どもが経験したこと、知っていることを

シェアするだけでなく、

あなたが経験したことのシェアも

多くの人にとって貴重な情報になるはずです。

 

これらをシェアする機会は

できるだけ身近であるに越したことはありません。

これが「お一人さま経営者の会」

コミュニティの意義の一つです。

お金に関しても同様だと考えています。
たとえば、

高額なセミナーやビジネス塾、コンサルティングなど、

やはり経験しないとわかりにくいものです。

私どもではそれらを経験しています。

良い点悪い点、さらにどのような人にふさわしいか、

どんな人にはふさわしくないか

その体感をもっています。

 

さらに、高額でなくても

毎月支払いをするような会員制の会。

経営者であれば、商工会議所や商工会、

起業家同友会、中小企業同友会、

さらにビジネス交流会など、

人脈を作ったり勉強したりする会はたくさんあります。

 

でもどれが自分にふさわしいか

入会してみないとわかりにくいものです。

毎月会費を払って、毎月時間をとって、

それで半年や1年後に、

自分にはあわないとわかるということも少なくありません。

 

私どもその経験があります。

会の善し悪しとは別に、

それぞれに会の趣旨や理念があって

あう人あわない人がいます。

それらも経験した人の声がヒントになります。

 

「お一人さま経営者の会」では、

これまで培ってきたコンサルティングノウハウをもとに、

これらの会や主宰者との連携も視野に入れ、

それぞれの会にあう人は入会をお勧めするなども

この会の活動の一つです。

セミナーも同様です。

私どもでも、無料のワークショップから、

セミナー、塾などもご提供していますが、

これまでに参加してきた高額セミナーや塾など、

それぞれの人にふさわしいものもご紹介します。

さらに、コンサルティング、経理財務、IT導入など

についても、専門性が高く、かつ志を同じくする

サポートメンバーをご紹介いたします。

もちろんご紹介にお金はいただきません。

 

 

(お一人さま経営者の会 Webサイトはこちら

 http://ohitori-keiei.club

ご登録もこちらから。登録は無料です。)