ソラいろのタネ ソラのアトリエ コリス商會コリスの舎。

ソラいろのタネ ソラのアトリエ コリス商會コリスの舎。

ソラのアトリエ主宰
絵を描くこと、写真を撮ることがだいすきです。そして心の言葉を綴ることも。毎日の中にささやかな幸せとあったかい優しさを見つけることが、わたしの人生のお仕事なんだと思います。それが誰かと響きあえたなら、幸せ。

NEW !
テーマ:
ふっとやってきた感覚をたいせつにするようにしています。

・・いや、語弊があるな。。


ふっと感覚がやってくると、次の瞬間、動いてる。

というのが常です。


ほら、リスだから・・・

すばしっこいの。笑


あ。

ちなみにどうしてkorisuなのかというと、

ちっちゃいころお家にりすがいたから。


可愛くて賢くてすばしっこくって。

ある日・・お空に駆けていっちゃったけど。


だいすきだったから、いまでもだいすきだから。

じぶんにkorisuと名付けました。とさ。


あ・・話それちゃった・・笑


そう。

今日ね、ふっと、

それが訪れたのでした。












ふと、目のあったクリスタルを旅立たせようと思いました。

ちょうど、チャリティーアートをしているので、

このクリスタルも、チャリティーとしておくりだしたいなって。


実は、ここには…いろいろな繋がりがあるのです。


クリスタル大好きなのだけど、私には今、本当限られたクリスタルしか必要なくて。

だからもうクリスタルをお迎えすることはないんだろうなと思っていました。

なのに五月のウエサクの満月の夜届けられたクリスタル。


ローズクォーツなのに透明で、なんという瑞々しさ…。

内側には美しい虹の輝きを湛えていて。


自分へ届けられたものなのか、自分を通して何処かへ伝えられるものなのか、

はっきりとわかるのです。

だからこの子は、その日まで大切にお預かりしようと思っていたクリスタル。


そこへ、水彩の日にお友達が極上の柔らかな綿を届けてくれて。

そして、いつか特別な贈り物のためにととっておいた、

麗しの女神から届けらた星の刻印の小箱。


今日、ふと、柔らかなあの綿に触れたいな…

って思ってうっとり触れているとローズクォーツちゃんと目があったの。


じゃ、旅立とうね。

って。


すぐにFacebookに呟いたの。

みんなが、キレイな子ねってコメントくれて。


そして、お申し込みあるだけでもうれしいのに、

メッセージいただいて、そのお気持ちがうれしくてうれしくて。

ご自分でお値段をつけてくださいとしていたら、

なんと、まぁ。。。

驚きの・・でも、嬉しくて。

ありがたくお気持ちをお預かりしました。


でも、なにか心ばかりだけどプレゼントしたいなぁとおもって。

ピンときたのがやっぱりハートで、ローズクォーツちゃんがご指名したのでしょうか。

ユニオミスティのカードブックを添えてお届けすることにしました。

そしてフォトアートのメッセージを添えて。


さぁ、旅立ちの時です。

そして、新しいはじまりの。


虹色の美しい世界をハートの中にたくさんたくさん見つけられますように。

あなたのハートに、ありがとう。

思いやりのこころに、ありがとう。


ありがとうの循環するこの世界。











さぁ。

チャリティーアートもラストスパートです。

八月末までこのチャリティーは続きます。


心触れ合うアートがありましたら、どうぞお声をお掛けください。

みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。


一緒に、愛を贈ろう。

今を共に生きる、あの地へ。

生きる人たちへ。





*






Love & Art 平成30年7月豪雨災害 復興支援チャリティー原画販売
  

チャリティーアートは、八月末までです。

どうぞ心触れ合うアートがあればお声をおかけください。
 
声をかけること・・参加します。購入しますって、声をあげることも、

実はとっても勇気のいることなのです。

私は2011年から続けてきたこのチャリティーを通して

いろんな言葉をいただきました。
 

「やっと、勇気が出ました。私も参加させてください。」

「ずっと見てました。やっと声をあげることができました。」
 

ぜひ。

ハートに触れる色彩の響きを大切になさってください。

響き合う想いを大切に。
 

それが、明日へと繋がってゆくのだから。
 
宇宙いっぱいありがとう。
 
 
 
最後にチャリティーアート参加アーティストのご紹介です。

ページに飛ぶとアートがありますので、ぜひぜひ見てくださいね。
 
 

  
  
☆アトリエ56 ちはる
 
ちはるさんは九州のパステルのお友達です。
優しくて夢のあるアート。
そして曼荼羅は光がいっぱいの作品を生み出されています。
その中でも私が大好きなオブリガードシリーズ。
虹色の世界が美しくて、私は初めてこんなパステルがあるのを知りました。
オブリガードはポルトガル語で「ありがとう」という意味なのだそう。
ありがとうの共鳴するこのチャリティーアートにはぴったりな世界です。

虹色の美しいオブリガード(ありがとう)シリーズ

パステル曼荼羅

 
  
☆パステル画 中村典子
 
典子さんの作品は、不思議。
何を描いても、どこか日本的なのです。
一緒に描いていて同じ色を使っても、
和風の色彩が生まれてきます。
私は木花咲耶姫のエネルギーをよく感じます。
たおやかに優しくて美しい世界。
そしてどこか懐かしい。
思いやり溢れるパステルの世界を味わって見てください。

パステル まるてん.
  
 

☆三原色パステル はーもにー(nakai kayoko)
 
あか・あお・き
三色から生まれる優しくも豊かな世界。
絵は、パステルは難しいものじゃない。
もっと楽に、もっと心地よく描けるんだよ。
描くほどに、心解けて、描くほどに、優しくなれる。
そして見るほどに・・幸せに。
そんな世界を覗いて見てくださいね。

はーもにー



☆彩遊楽(さゆら) 色の教室 mieko
 
miekoさんはこのチャリティーアートに一番初めに賛同して下さった方です。
そして古くからアメブロで繋がっている色彩のお友達。
美しくて温かなその色彩が大好きで、よくブログを覗いています。
今年は、アトリエでも曼荼羅ワークの講師をしていただきました。
鼓動の聞こえそうな生きた色彩の世界を感じて見てくださいね。
点描画も最高峰クラスです。

パステル曼荼羅

点描画曼荼羅

 
  
☆墨照庭 柴田直子
 
直子さんのことを私は「現代最高峰の女流書家」と呼んでいます。
今は敢えて書壇を離れ、彼女本来の表現方法で書の新しい世界を広げています。
私が、繪で語りかけたり伝えることをしているように、
直子さんは書を以って、光を伝える方です。
ピンときたらぜひ書のオーダーを。
命名書(名前を書く)は一押しです。

墨書アート

 
  
☆キミクマのほんわか曜日 キミクマ
 
キミクマさんのほんわかワールド。
その優しくて夢のある世界に癒されているオトナたちがたくさんいます。
目下、チャリティーアートのために絵を書き下ろし中。
なんでも絵本になるのですって。
どうぞお楽しみにお待ちください。
もうすぐかな^^
フェイスブックにて作品を発表中です。
作品は世界でたった一つの手作りの絵本でした。
もう、ご縁をいただきましたが、ぜひかわいい世界を、
クマたちの物語をのぞいてみてくださいね。

キミクマのほんわか曜日

 
  
☆korisu* maki kiyohara

ソラいろのタネ
 


 
 



NEW !
テーマ:







光ってね、


いつでも届いてる。


でも、心があまりにも波立っているとね。


光が届いていることに、気づけないんだ。


そんな時は、ほら。


深呼吸して。


肩の力ぬいて。


少し上を見上げてごらん。


そして、静かに感じるんだ。


光の振動を・・。


それは、絶え間なく降り続けているよ。


キミが寝ている時も、キミが泣いている時も。


寂しさに震えている時だってね。


感じてごらん。


優しく、降り注ぐ、慈愛の光を・・。














はい。

そこで、いっぱい

深呼吸。

ね。


^^





テーマ:

ありがとう。

 
いつも見守ってくれてありがとう。

 
生きてくれてありがとう。
 

あなたの中にドロドロしたものが
 

出てきたとしても、それが生きているということ。
 

あなたのぬくもり、優しさ
 

真の光。 
 

ありがとう。






 




いつか届けられたメッセージ


 
 
月に・・

光に・・


許され、

見守られ、

信じられ、

愛され、

生きている。


命たちよ。

いつの日も孤独ではない。


だから安心して

あなたの命を生きなさい。








テーマ:
チャリティーアートのお届けも順調に進み、

額装上がり待ちの作品と、数年ぶりにお会いする方へお渡しする作品を残すのみとなりました。


絵を送りだすときは、いつも感慨深いものがあります。

絵。


そう、私の愛する繪たち。

「しあわせの繪」


もうずいぶん前、

そんな名前をいただきました。





art





2011年にはじまったチャリティーアート。

そして同じく2011年からギャラリーでも取り扱っていただいています。

今、取り扱いギャラリーは、吉祥寺のエイシーズギャラリーさんと、

日本橋のアートモールさん。

日本橋のアートモールさんにでは、繪は数点ですが、

写真や繪のフォトアートメッセージカードも取り扱いいただいています。


どちらも素敵な・・優しいご縁をいただいた、

だいすきなギャラリーです。


どちらのオーナーさんとも長話になっちゃう・・笑

ちなみに、アートモールさんのサイトにあるオーナーさんの写真

撮らせていただきました。

素敵な笑顔のオーナーさん。





art





今年のチャリティーアートで旅立ったアートたち。

それを含めて気づけば500作品近く旅立っていきました。


時折、旅立った先からうれしいお便りが届きます。

メールやメッセージやお手紙で。

みなさん、たいせつに今でも眺めてくださっているようで、

お声をいただくたびにうれしい気持ちになります。


旅立った先でも優しい色彩を伝えながら、

愛されているんだなぁ・・って。

中でも「トイレに飾ってます」はとっても嬉しかった。


ギャラリーでも、リピートされるお客様がいてくださり、

多い方はもう数十点。

お家のお部屋中に飾ってくださっている方も。


そして、お祝い事や記念日には必ず私の繪をプレゼントに

選んでくださる方も。


うれしくて先日、作品をお一つプレゼントしました。

ギャラリーを通して。

喜んでくださるとうれしいなぁ・・。


思い出深いところでは、ご夫婦で結婚記念日のお祝いに絵を買おうと

ギャラリーにいらっしゃって、ご夫婦ともに選ばれたのがわたしの作品でした。


どちらにしようと迷ったけど、だんなさまが気に入った絵を買って帰られたのだそう。

ところが、翌日の夕方に、だんなさまがスーツ姿でお越しになって、

「奥さんがすきな絵も・・」と言って、もう一つの絵を抱えて

幸せそうに家路につかれたのだそう。


いろいろと、エピソードがあるのですが、

結婚記念日や誕生日、自分へのご褒美や

ご両親への感謝の気持ちをこめて・・

お店のオープンやや進学など、新しくスタートするとき。

そんな幸せなシーンや、始まりの時に、

繪を選んでいただけること。

とても嬉しくありがたくおもっています。


どれだけ届くかわからないけど、

この場を借りて、感謝です。

本当にありがとうございます。


こうやって書いていると、あらいいことばかり。と思われるかもしれませんが、

実は意外なエピソードもあります。





art





もう、ずいぶん前のことですが、

とあるギャラリーさんで取り扱っていただいた時、

絵ごと・・ギャラリーさんが消えてしまいました。

数十点、はて。

何処へ・・。笑


気づいたときは、あらら・・と思いましたが、

昔から・・子供の頃から流すことや捨てること・・

執着しないことをしてきたので、

事実は事実として受け入れて、後は、それでよし。と。


何処かで、働いてくれているといいなぁ。

そして、思うのです。


作品としてはもうないかもしれない。

もしかすると、わたしの知らないところで売られているかもしれない。


でも、もう形はないかもしれなくても、

生み出したエネルギーは生きているって。

わたしの知らないところで誰かをの心の空間を

きっと、あたためてくれているって。


一度放ったものを、信頼しよう。

と。


そのほうがね。

しあわせだから。


しあわせな色彩を放ちながら。

生きている。

この宇宙の何処かで。


天台にこんな教えがあります。

「一隅を照らす」


伝教大師最澄のお言葉。


与えられたスペースを、

今ここにある自分のスペースを照らすのですよ。

それが、ほんの少しの、小さなスペースでも。


一人ひとりが、自分に与えられたスペースを

心から照らすことができたとき、

この世界は、きっともっと美しくて優しいものになるでしょう。


人も、そして繪も。

きっと。

同じ。











しあわせの繪

love art









チャリティーアートの作品は完売となりましたが、

通常の作品はこちらからご購入いただけます。

https://soraironotane.amebaownd.com/pages/1208176/page_201708220015

あまりアップしていないので、気に入った作品があれば

どうぞメールかメッセージにてお問い合わせください。


また、インスピレーションから生まれるオーダーアートもお申し込みいただけます。

詳しくはこちらをごらんくださいませ。

ご注文画

しあわせの繪 ~パステルアート~








すてきなご縁をありがとう。

これからも素敵なご縁を紡いでいけますように。


宇宙いっぱい

らぶ







テーマ:
Love & Art 平成30年7月豪雨災害 復興チャリティーアート企画

〜平成30年7月豪雨災害の復興をアートで支援しよう〜


アーティストにとって作品は愛そのもの。

作品に込められた愛は見えない力となって、人の心を動かし、勇気付け、

人の心や社会全体に、夢や可能性をもたらしてくれます。

私たちは、絵やイラストや書や写真などの作品を通して、

平成30年7月豪雨災害の復興を支援することを目指しています。






<参加アーティスト>

彩遊楽(さゆら) 色の教室 mieko

墨照庭 柴田直子

キミクマのほんわか曜日 キミクマ

アトリエ56 ちはる

パステル画 中村典子

三原色パステル はーもにー(nakai kayoko)

ソラいろのタネ korisu maki kiyohara













週末から絵の梱包など準備に入り、今日までにこちらの作品の発送を終えました。

早くて今日届いた方もいらっしゃるかと思います。

静岡は明日、熊本は明後日、

滋賀は明日となっておりますが、もしかすると遅れがでるかもしれないとのことでした。

いづれも、お時間は一番遅い時間帯になっています。

と、アナウンス。笑











絵の準備をしていて。

ふと。

あぁ、新月なのか・・・と。


そこでまた、ふと。思い立ち、

すこし魔法をかけさせていただきました。


お名前とお選びになった絵から感じるエネルギー。

今のサポートになるもう一枚の絵をご一緒にお届けしています。

よかったら眺めてあげてください。


そして、特別に日本橋のアートモールさんでしか取り扱いのない、

フォトメッセージカードを添えさせていただきました。

ちなみに、写真から選んだので裏のメッセージは見てないです。

どんなメッセージが届くかどうぞお楽しみに。





card





懐かしい思い出の・・私お気に入りの結びで。











「羽は七度生まれて」











「夜の空に」











「空に咲く花」











「野の見る夢に」











「花韻」











「天空の光」











どれも、零れ落ちてきた・・愛する作品です。


いつかの、誰かの言葉。

キミの繪は「しあわせの繪」と。


しあわせを届けてくれるように願っています。

絵や色彩をとおしてしあわせを感じてくださるとうれしいです。


そしてしあわせ感じたなら、

わかちあっていこう。

いっしょに。


ありがとう。





art




宇宙いっぱい らぶ