赤鼻のシカ

テーマ:

 

町はすっかりクリスマスムード。

こんな日には彼らのショーに行きたくなります。

 

 

ハウディー!はじめまして、こんにちは。

ようこそ12月10日、桂木の記事へ。

(ちょうどに投稿できませんでした…]

 

クリスマスムードで包まれた町で見たくなるショーといえば~~??

言わずもがなジングルベルジャンボリーですね!!

 

 

この前見に行ったばっかだけど

マジで最高

 

ところで、ジングルベルジャンボリーの最大の特徴とはなんでしょうか。

 

そうですね。

 

壁がめちゃくちゃ会話します。

 

光り輝く壁組

 

 

 

もちろん、通常版や、休暇版も話すのですが、

会話は投げっぱなしのことが多い印象。

 

しかし、ジングルベルジャンボリーにおいては、

「やりとり」をしているところが多くみられるんですよネ!

(超個人的な意見です

あとめっちゃ歌うよね

 

まぁ、その大半が赤鼻のトナカイを巡った

メルビンとマックスのけんかなわけですが…

 

 

というわけで私桂木は、

ジングルベルジャンボリーでの

赤鼻のトナカイ論争について書かせていただきました!

 

ほんとに萌え語りしてるだけのオタクの文章ですが、

読んでいただければ幸いです♡

 

メルビンが活躍するぜぇ 

 

 

なんなら冒頭もメルビンの歌と会話から入るんですよネ最高

メルビンの歌に対してマックスが突っかかって、

それにメルビンが反応してバフが諌める、、

これは大変な事件ですよ!!!

 


メルビンとマックスの関係は、メルビンに対してマックスが当たり強くて、

小競り合いになりそうな感じが通常版のピアノのやりとりからありますよね。

してそれに挟まれるバフ。うん、好き!

 

マックスの「勝手に人の歌歌うなよ!」を聞いたバフが、

"やれやれ…"と言うように目線を彷徨わせるのも最高なのでぜひ注目してみてください!

 

 


バフの「その話はもうケリがついただろう…」という言葉から、

前々から赤鼻のトナカイ問題は2体の中で小競り合いのタネになっていたことがわかりますが、

何ってこの2体、どっちもトナカイじゃないんですよね。

 

(パンフレットによって情報にブレはありますが、

メルビンはヘラジカ、マックスはアカシカと思われます)

 

 

メルビンも「なァんでマックスだけの歌なんだァい?」と言っていますし、

おそらく赤鼻のトナカイはマックスの歌、

という結論で一度 "ケリがついたのだと思われますが、

そのマックスもサンボネッツにつけてもらった赤い電飾だけで主張してるんですよね。

 

もっと細かくいうなら、ヘラジカはオジロジカ亜科、アカシカはシカ亜科で、

トナカイはオジロジカ亜種です。(wiki調べ)

そのため、生物的にはヘラジカのメルビンの方が近いといえば近いのですが…

 

見た目のイメージでマックスの方に軍配が上がったようです。

 

メルビンが納得いかないのもわかりますネ

がんばれがんばれ

 

 

 

こんだけグチャグチャやってても、音楽が流れれば3体一緒にハモるのがかわいいんですよ

壁たちの近くに座って、ジングルベルの彼らの歌声を聴き分けるのがおススメです

 

 

いよいよ歌うぜ

 

ショーの後半では赤鼻のトナカイが歌われます。

もしかしたら、以前はここを誰が歌うかで話し合いになったのかもしれませんね。

 

「ここは真っ赤なお鼻の僕に歌わせてくれるだろ?メルビン?」

 

と、念を押すマックス。あくまでも譲る気は無いようです。

 

っていうかここのメルビン?の発音がすごく好きなので、

ぜひ一度意識して聞いてもらいたいです

めちゃくちゃ良い ビン?が良い

 

 

それに対してメルビンも

「まぁやってみなよ」

と、試すようにマックスにソロを譲ります。

 

この後、赤鼻のトナカイになるわけですが、ま〜〜〜〜〜〜〜〜最高

この前の11月に始めてジングルベルジャンボリーを見たんですが、

最高すぎて思わず

歌うな〜〜〜〜!!!!!!!!

と、叫びそうになりました。(脳が刺激に耐えられなくなるので)

 

6日目のかまげんさんの記事を読んで英語版のjingleもみたんですが、

そちらは2体とも譲らずにどちらも歌えず聴けずじまいになってしまうんですね…

 

結局どっちも歌えないというオチも

愚かわ(愚かでかわいいようす)いくて最高ですね………^^ウフフ

 

カンベアはどう作ってもうまいのだ

 

 

話は日本語版に戻りまして、意気揚々と歌うマックスについてです。

 

「真っ赤なお鼻の♪トナカイさんは♪」

 

の、歌い出しがムゲンにキュートですよね…

 

「は」の、ぅわぁ~って感じがキュキュキュート

まぁここに限らず、マックスの語尾の処理の仕方がめちゃくちゃ好きなんですけど、、

 

「クリスマスのぉ日♪」の歌い方も茶目っ気たっぷりで良いですよね

 

 

また、冒頭のジングルベルでも剥製はハモリをしているので、

そのときにもマックスの歌声は聴けるんですが、声の出し方が全然違うんですよ!!!

 

ジングルベルの方はあくまでも"ハモり"なので、

声の出し方も声楽的といいますか、深い声なのですが、

赤鼻のトナカイの方はジングルベルと比べると、開けた明るい歌声なんですよね〜〜

 

ジングルベルでかっこいいマックスを、

赤鼻のトナカイでかわいいマックスを味わえるなんてサイコじゃないですか???

 

聞き分けチャレンジ、一度挑戦してみてはどうでしょうか^ ^

 

 

 そして、それに対して言葉を挟むメルビンも、

いつもよりちょっとテンション高くて、

マックスを目を見開きながらおちょくっててかわいいんですよね…デヘヘヘ〜〜

 

歌って言葉挟んでる2体に目がいきがちですが、

真ん中のバフも2体が歌ったり、

喋るのに合わせて真っ白な目玉をきょろきょろさせてかわいいんですよ! 

ぜひ注目してみてみてください^^

 

 

最後に

 

今回は「赤鼻のトナカイ」に絞って語らせていただきましたが、

その他にも壁のカワイイポイントや、みどころはたくさんあります♡

 

ぜひとも次にシアターへ足を踏み入れる際には、

右端の席に座って、壁たちをたのしんでみてください!

 

 

長文で乱文ななか、

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

さよならなんて、言わないで

    きっとまたいつか会いましょう!!

 

ところでカムアゲの後にバフがさようなら~っていうのはどうなんでしょうね。