大橋病院リハビリテーション科のブログ
  • 18May
    • 10+10!! “20回“@大橋さんの小ネタ部屋

      大橋さんの小ネタ部屋ついに、ついに大橋さんの小ネタ部屋、第20回を迎えましたーーーいやあ、続きましたね。皆様、ご愛読くださりありがとうございますご存じかと思いますが、ここでは『歩く辞書』こと大橋さん(仮名)が面白い小ネタをご紹介します大橋さんは雑学の専門家なのです!笑ただし大橋さん、『嘘800大橋900』という呼び名を自称しているくらい、「僕嘘つくよ?」が口癖です。嘘があるかもということご了承ください大橋さん「前々回、黒海の話をしたけど、今日は地中海全般の話をするよ」「地中海沿岸には、大陸が一晩のうちに沈んだという伝説があるけど、アトランティス大陸もその1つだと思う。現在では、海中に沈んだ遺跡が各地で発見されているよ。例えば、エジプトのアレキサンドリアなどもその1つだと思う。結局の話、地中海周囲には、大きな地震や地殻変動が起こるということの証明だよね。」私「まーたファンタジーな話して~。そんな海中の遺跡なんて本当にあるんですか?」ということで、またまた調べてみました。Yahoo検索ワード……エジプト アレキサンドリア 水没私「本当にあるだと…!この大理石の石像はクレオパトラだろうか…」大橋さん「あったでしょ~他にも何か所か大きな島が1日で沈んだという伝説があるよ。」「日本にもね、地震で大きな断層ができたことがあるんだ。」Yahoo検索ワード……濃尾地震 断層大橋さん「近代で目に見える断層の大きさでは、屈指のものだと思うよ。」私「こんな断層になるんですね…自然の脅威を感じます。」今回は第20回ということもあって、あっちこっちスケールを大きくしてみました大橋さんの話はあっちこっちに飛ぶので混乱してしまいます(と、大橋さんに言わされています笑)そういえば、題名の10+10って何事か分かりますか??なんと、「とう(10)とう(10)20回」だそうです笑大橋さんのおやじギャグが炸裂しました笑笑

  • 17May
    • どうして葉書??@大橋さんの小ネタ部屋

      大橋さんの小ネタ部屋大橋さんの小ネタ部屋、第19回ですーーーみなさんご存じかと思いますが、ここでは『歩く辞書』こと大橋さん(仮名)が面白い小ネタをご紹介しますただし大橋さん、『嘘800大橋900』という呼び名を自称しているくらい、「僕嘘つくよ?」が口癖なのです。嘘があるかもということご了承ください大橋さん「英語ではpost cardと言うよね。日本では葉書(はがき)と言うよね。どうして葉書って言うか分かるかな」私「どうしてって……どうしてなんだろう なんで葉書って言うんですか?」大橋さん「葉っぱに字が書ける木があるんだよ そこから由来になっているんだ。」私「えっそんな木があるんですか!なんて言うんですか?」大橋さん「木の名前はタラヨウって言うんだよ。」私「そんなバナナ!」大橋さん「バナナの皮でも絵は描けるよ笑」Yahoo!検索……植物 タラヨウ はがきの木           バナナアートみなさん見ましたか?ほ、本当にあるんですね…私「どうして知っているんですか?」大橋さん「実は子供の時、実際に書いたことがあるんだよ。いっぱい葉っぱを採りすぎて怒られたけどね笑」私「私もぜひやってみたいです葉っぱが欲しい~!」どなたか、持ってらっしゃる方はいますか笑

  • 16May
    • O氏最大の嘘かも@大橋さんの小ネタ部屋

      大橋さんの小ネタ部屋大橋さんの小ネタ部屋、第18回を迎えましたーいやー続いた!笑みなさんご存じかと思いますが、ここでは『歩く辞書』こと大橋さん(仮名)が面白い小ネタをご紹介します。ただし大橋さん、『嘘800大橋900』という呼び名を自称しているくらい、「僕嘘つくよ?」が口癖なのです。嘘があるかもということご了承ください大橋さん「日本書紀や聖書の前半部分は、ファンタジーとして作られていると思うけど、聖書の場合は、いろんな事象の伝承が聖書に表れているんじゃないかと思うよ」「例えば、出エジプト記のモーセの、海の水が開いて道ができる話は、津波の前章として、海が開いた後に追手が津波に飲み込まれることが想像されるよ。」私「なんでそんなことも知っているんですか?」大橋さん「その時に生きていたからね」私「……」大橋さん「それと、ノアの方舟についても、現在ウクライナのそばの黒海の話に通じるかもしれないね。」「例えば現在の黒海は、昔はものすごい低地だったかもしれない。死海にしても、確か、海抜前の400Mくらいだと思うけど、今のボストラス海峡が塞がっていて、そこから水が低地に流れれば黒海はできるよね。そういうことから想像されるよね」私「これは完全にファンタジーとして考えても良いですね!大橋さんの創作かもしれないけど」大橋さん「地面が割れるような話は、現在のアフリカ大陸の大地溝帯やアイスランドの地面の割れの状態で観察することができる。今現在でも年間少しずつ広がっている場所があるから。ボストラス海峡も、昔はそういうところだったのかもしれない。」検索ワード…アイスランド 地溝帯私「ここまで想像でものを言うとは…とんだ嘘をおっしゃる!」大橋さん「きっとどこかの学者がこういう説を言ってると思うよ~。黒海の海の底には住居があったりして?笑笑」嘘か誠か、信じるかどうかはあなた次第

  • 13May
    • 大陸移動説!!@大橋さんの小ネタ部屋

      大橋さんの小ネタ部屋なんとなんと第17回を迎えました!!恒例となってきましたがここでは『歩く辞書』こと大橋さん(仮名)が面白い小ネタをご紹介します。ただし大橋さん、困ったことに「僕嘘つくよ?」が口癖なのです。嘘があるかもということご了承ください現在では誰でもが知っている「大陸移動説」や「マントル対流」は約100年前ウェゲナーがこの学説を唱えた時には、誰も信用しなかったと思う最初にそれが証明というか、そうだろうという証拠はアフリカ大陸と南アメリカ大陸の一部で同一の地層が発見されたことが発端だそうだよ例えばアフリカからインドが分離してアジアに移動し、それによりヒマラヤ山脈が隆起したのもマントルの上にあるプレートが移動した結果なんだ!現在でもオーストラリアやインドネシアの一部のウォーレシアは年間6㎝移動しているんだって日本でも埼玉県の秩父で石灰岩が採れるのが不思議でしょそれは、伊豆半島が南方から移動してぶつかり丹沢や奥多摩が隆起した結果なんだ検索ワード:大陸移動説 ウェゲナー私 「また噓のようなお話をされている大橋さん。果たしてこのお話はほんとなのかなコペルニクスの地動説と天動説と一緒じゃないのかな~??みなさんはどう思いますか」また次回もお楽しみに~

  • 10May
    • ハリウッドスタジオ!?な巨大結晶@大橋さんの小ネタ部屋

      大橋さんの小ネタ部屋大橋さんの小ネタ部屋、なんと第16回ですみなさんご存じかと思いますが、ここでは『歩く辞書』こと大橋さん(仮名)が面白い小ネタをご紹介します。ただし大橋さん、これもご存じかと思いますが、困ったことに「僕嘘つくよ?」が口癖なのです。嘘があるかもということご了承くださいたいていの人は、小学校で塩やミョウバンの過飽和水溶液を作って、析出させて大きい結晶を作ったことがあると思うんだでも、なかなか上手くできないよね。水晶とかダイヤモンドも結晶だけど、水晶はブラジル産のものでも1メートルくらいだと思う。日本でも、水晶の巨大結晶を作る企業があるんだ。それは、電子部品の基本になる材料の1つです。ところで、もっと大きい結晶があるところがあるんだよ。直径1M以上、長さ5M以上!嘘みたいな結晶があるんだ私「結晶って…そんな巨大になったもの見たことないですよ!(こんどこそ嘘だ…!)」検索ワード・・・メキシコ 鉱山 巨大結晶私「えー!いやいや、ハリウッドのスタジオで撮った写真でしょー」大橋さん「はっはっは~これを精製させる条件を考えてしまうよね。恐らく、一定の条件で何万年もかかっていると思うよ。」私「世界にこんな場所があるなんて、まだ信じられません」また大橋さんの話は嘘じゃなかったですね。最初の注意書きは何のためにあるのか…いや、それも大橋さんの罠かもしれません…!いつか嘘をつかれた時のために、継続しておきますね

  • 06May
    • 色鉛筆マウンテン@大橋さんの小ネタ部屋

      大橋さんの小ネタ部屋大橋さんの小ネタ部屋、第15回を迎えましたーーーここまでくればみなさんご存じかと思いますが…(笑)ここでは『歩く辞書』こと大橋さん(仮名)が面白い小ネタをご紹介します。ただし大橋さん、困ったことに「僕嘘つくよ?」が口癖なので、嘘があるかもということご了承ください現在、ロシアとウクライナが戦争しているよね。でも、宇宙から秘密にその戦争を見ている国がいくつもあるんだよ。人工衛星から地上観測をしている、通称スパイ衛星っていうんだ日本でもその人工衛星を飛ばして、下を見ている。たぶん、地上の数10㎝のものを判別できるはずだ。これはよくわからないけど、日本の場合は雲があってもその下が分かるような衛星写真らしい。でも、これは秘密中の秘密みたいだところで、この衛星写真は誰もがみられるサイトがあるよね。それで、エジプトの新しい古代遺跡も発見されているし。いろいろなものが見つかっているんだよ。例えば、アンデス山脈のなかに変なものを見つけた人がいるんだ。それはね、変わった色の山なんだよ。検索ワード・・・アンデス山脈 レインボーマウンテン(Twitterで検索してみると良いかもです)近年発見されたはずなのに、今では観光でも行けるかもしれないよ。私「こ、これは…インスタ映えすぎる!!」  「いや待てよ…。騙されちゃいけない。きっと、色鉛筆を並べてアップに写したんでしょ~」大橋さん「うまく作ったでしょ~(笑)」嘘のようなレインボーマウンテンの写真、みなさんぜひ見てみてください

  • 04May
    • 悪猫面(わるねこつら)@大橋さんの小ネタ部屋

      大橋さんの小ネタ部屋いよいよ14回目を迎えました!!ここでは『歩く辞書』こと大橋さん(仮名)が面白い小ネタをご紹介します。ただし大橋さん、困ったことに「僕嘘つくよ?」が口癖なので、嘘があるかもということご了承くださいマルヌ猫というのがいるんだよ中央アジアの高地にいて数千メートルの高さにいるなんだネコなんだ!!今の世の中”ネコブーム”といって、みんな子猫をかわいがったりするね特にスナネコの子供なんてかわいいといってニュースになるくらいだもんねでも、マルヌ猫はあんまり世の中に知られてないよ「ねこはこたつで丸くなる」なんて、マルヌ猫にとっては嘘みたいな話彼らは冬にはマイナス数十度の雪原で生活している見た目は雪だるまみたいになっても平気なネコなんだ!日本の動物園にも何か所か飼うわれているはずだよでも夏場はどうするんだろうか冷房管理の部屋にいるのかな当然、冬毛と夏毛があると思うんだけど、、、日本では どうなってるのかなヒツジやアルパカみたいに夏に向かって毛刈りをしたくなっちゃうねきっと、現れてくるのは、ミニチュアホワイトタイガーになるかもしれないね?人間にモテないのは一緒かな悪猫面でそれが理由かな検索ワード:動物園 マルヌネコ (Yahoo!検索では画像がよく載ってるよ!)私 「ほんとに悪猫顔してるーーーーーーーーートラの赤ちゃんにも見えますね!」大橋さん 「だから言ったでしょ~ミニチュアホワイトタイガーだって」私  「ほんとですね、、、」、、、このお話を聞いた次の日がなんと マルヌネコの日 でした!!   さすが大橋さん次回もお楽しみに~♪

  • 02May
    • ドット模様じゃないよ、チーター@大橋さんの小ネタ部屋

      大橋さんの小ネタ部屋第13回、大橋さんの小ネタ部屋へようこそ!ここでは『歩く辞書』こと大橋さん(仮名)が面白い小ネタをご紹介します。ただし大橋さん、困ったことに「僕嘘つくよ?」が口癖なので、嘘があるかもということご了承ください大橋さん「有名な画家で草間彌生さんがいるよねドットの表現で有名だけど、かなり黄色と黒を最初に使ったような気がしてる。きっと、チーターの黄色と黒のドット模様をインスピレーションしたんじゃないかなあ。そういえば、チーターの縦じま模様って知ってる?本当にあるんだよ。」私「まーた嘘つく。チーターはドットだけでしょ?」大橋さん「いやあ、いるんだよ本当に」ということで、果たして本当に縦じま模様のチーターはいるのか、調べてみました。検索ワード・・・東京多摩動物公園 金のチーター※なるべくヤフーで検索した方が良いよby大橋さん検索ワード・・・草間彌生私「いました~カッコいい~本当にドットじゃないんですね。しかも、キングチーターというらしいです。名前もカッコいいこれまた遺伝子の不思議でしょうか。」大橋さん「本当だったでしょ?私嘘つかないので(笑)」さすが大橋さん、草間彌生さんのドットと、チーターのドットを繋ぎ合わせるなんてあれ、最後のオチはもしや…(笑)これが1番の嘘だったりして

  • 20Apr
    • 飲みこみの検査の画像

      飲みこみの検査

      皆さんこんにちは❣寒暖差が激しい今日この頃ですが、体調はお変わりなくお過ごしでしょうか?今回は言語聴覚士の仕事の一つであるVF(嚥下造影検査)についてご紹介します!VF(嚥下造影検査)とはバリウムを含んだ食べ物や水分を召し上がっていただき、X線を通して食べ物の通り道を確認する検査です。通常食べたものは食道に入りますが、万が一気管や肺に入ってしまうと肺炎のリスクがあります。つまり…飲みこみの検査です!そのリスクを見分けるのも言語聴覚士の仕事の一つなのです!VF(嚥下造影検査)はこのような場所で行います。患者様はVF専用の椅子に座って頂き、検査を行います。 この椅子は角度が自由自在に変えられるので患者様に合わせた姿勢も確認できます!この検査を行うことで一人一人に合った姿勢やお食事の形などを確認することができますよ!※VFは入院患者様のみ行っています

  • 04Apr
    • ジャガーの子供@大橋さんの小ネタ部屋

      大橋さんの小ネタ部屋大橋さんの小ネタ部屋、いよいよ第12回となりました。今回は何のネタを紹介してくださるのでしょうかさて、ここでは『歩く辞書』こと大橋さん(仮名)が面白い小ネタをご紹介します。ただし大橋さん、困ったことに「僕嘘つくよ?」が口癖なので、嘘があるかもということご了承ください大橋さん「ヒョウにも黒ヒョウがいるように、ジャガーにも黒ジャガーがいるよ。普通のジャガーと黒ジャガーの子供は、きっと三毛ジャガーになるんだ(笑)」私「待ってください、黒ヒョウがいるのも知りませんでした。しかも黒ジャガーがいるなんて!確かに子供は三毛になりそうですね。」調べてみたらなんとなんと、普通ジャガーと黒ジャガーの2匹が生まれていました三毛じゃない(笑)検索ワード・・・静岡市立日本平動物園 私「こ、これは…遺伝子の不思議を感じますね。」大橋さん「黒ジャガーがいるっていうのは嘘じゃなかったでしょ~。でも三毛っていう嘘はバレちゃった(笑)」私「初めて嘘をつかれました(笑)調べてみて良かったです」

  • 01Apr
    • 金貨@大橋さんの小ネタ部屋

      大橋さんの小ネタ部屋大橋さんの小ネタ部屋、第11回を迎えました金シリーズが続いてきましたが、まだ黄金のネタはあるのでしょうか(笑)さて、ここでは『歩く辞書』こと大橋さん(仮名)が面白い小ネタをご紹介します。ただし大橋さん、困ったことに「僕嘘つくよ?」が口癖なので、嘘があるかもということご了承ください世界中でいろいろな国が金貨を発行しています例えば、メープル金貨、コアラ金貨、カンガルー金貨、いろいろあります。ところで、日本も金貨を発行したことがあります。明治時代のは別にして、昭和の時代、10万円金貨が発行されました。そのあと、金の重さが約5万円分しか無いことが分かり、ニセの10万円金貨が出てきて両替されたようです本物の金貨も、同じように両替されてしまいました。各国の金貨は、額面は低く表示してあり、売り出し価格は金の値段に相当するように設定されています。つまり、日本は金貨でもうけようとしたんじゃないでしょうか(笑)2回目の10万円金貨はそれなりに金の値段に見合った両替金額となっています。私「10万円金貨と言っているのに、実は5万円分の価値しか無かったんですね!なんと」そういえば、大橋さんに「金を買っておいたほうが良いよ」とよく言われていたのですが、ここにきてすごい値上がりをしてしまいました…大橋さん「だから買っておけば、って言ったのに~」私「買えば良かった~」大橋さんの話を真に受けておけば良かったです。反省。そういえば、金本位制という言葉をご存じですか検索ワード・・・金本位制昔の米ドルには、同額の金と交換できると書いてあったそうですよ

  • 28Mar
    • 截金(きりがね)技法@大橋さんの小ネタ部屋

      大橋さんの小ネタ部屋小ネタ部屋、なんと!第10回を迎えましたーーまたまた、今回も金の話です(笑)ここでは、『歩く辞書』こと大橋さん(仮名)が面白い小ネタをご紹介します。ただし大橋さん、困ったことに「僕嘘つくよ?」が口癖なので、嘘があるかもということご了承ください金箔を竹刀で、1~2ミリ幅で木彫仏像に繊細な幾何学模様をつける技法があります。これは金泥でも繊細な模様を描けるはずですが、金泥と金箔とは反射率が違うため、金箔のほうがより強く目立ちます古い昔には、盛んに行われていたらしいですが、現在はその技法を行う人が数少なくなっています。やり方としては、筆先に細い金箔の線を、直接仏像の上に載せていきます。もちろん、接着剤はニカワを使っているようですが、これは確認が取れていません。◎検索ワード・・・仏像装飾 截金(きりがね)技法みなさん、截金なんて言葉ご存じですか私が知らないだけなんでしょうかそんなことないですよね 金にまつわる話だけで、第5回からなんと10回まで続いてしまいました。さすが、歩く辞書・・・今後の大橋さんの小ネタにも乞うご期待ください

  • 24Mar
    • 365日のバナナの画像

      365日のバナナ

      こんにちは!もう3月に入りましたね。病院の近くの河津桜はほぼ満開になり始めました。🌸こんなに咲いているのにびっくりです。さて、私の担当している訪問の利用者様のQ様のお話です。Q様の家にある仏壇にはバナナが365日お供えされています。365日です。でもたまに、1年に1~2回バナナがお供えされていない日もあります。バナナが仏壇に見当たらないだけで、こちらがかなり不安になってしまうほどです。(汗)バナナ🍌が気になったので、ある日Q様になんでバナナをお供えされているのか聴いてみました。Q様「主人が果物好きな人だったから・・・あと・・   息子が小さい頃から朝食は決まってバナナと牛乳だったの。手のかからない子だったよ。   今でも朝食はバナナ🍌なのよ。寝坊助だから。(笑)」私は「へーーー。」と言いながらバナナの疑問が解消されました。ある日Q様のご家族様が、Q様用のスマホを購入されていました。Q様は認知症で短期記憶が低下しています。新しく物事を覚えるのは難しいことが多くあります。私はスマホの操作を覚えるのはかなり難しいのでは・・と思っていました。一緒にスマホの操作練習を何度か行いましたが上手くいかず・・・数週間が過ぎました。そんなQ様がある日スマホを操作して息子様に連絡を取ることが出来ていたんです。驚きです。Q様「寝坊助の息子を起こしてあげなきゃいけないから、スマホの操作を覚えられたの。   あの子を起こさないと朝に私のオムツを交換してもらえないから。(笑)」人は自分の役割と目的・目標を持つと強いんだなとQ様から教えられました。Q様だけでなく、担当した患者様・利用者様から作業療法を日々教えてもらっていることをこれからも大切にしていきたいと思います。

    • お家でできる簡単エクササイズ③の画像

      お家でできる簡単エクササイズ③

      みなさんこんにちは3月に入り、だんだんと暖かくなってきましたねまだまだ朝晩の寒暖差は激しく、体調を崩さないように気を付けてお過ごしください今回は理学療法室からお届けしますお家でできる簡単エクササイズ 第三弾をご紹介します①胸伸ばしタオルを背中に回し、手のひらが上にくるように握ります。肩甲骨を寄せるようにして胸を張りましょう!10~15秒②脇腹伸ばしタオルの端を持ったまま、ゆっくりと体を左右に傾けて脇腹を伸ばします!左右に10~15秒息を止めないように注意してください痛みのない範囲で無理せず行ってくださいストレッチをして心も体もリフレッシュしましょう

  • 18Mar
    • 金箔@大橋さんの小ネタ部屋

      大橋さんの小ネタ部屋いやー、こちらの小ネタ部屋もついに9回になりました。なんとなんと、今回も黄金シリーズです(笑)ここでは、『歩く辞書』こと大橋さん(仮名)が面白い小ネタをご紹介します。ただし大橋さん、本当に困ったことに「僕嘘つくよ?」が口癖なので、嘘があるかもということご了承ください金箔を作るのには、金のインゴットを機械的に薄く伸ばすのが最初で、それをまた細かく裁断して金箔打紙の間に挟み、何十枚も重ねて機械的ハンマーで打ちつけます。そのハンマーの打ちつける位置を決めるのには、ベテランの職人さんの手作業により位置を微妙に変えて数時間打ち続けます。できた金箔は、不定形なので、基準の大きさに成形しなくてはなりません。その成形には、竹のエッジを鋭くした枠を使って金箔を四角く切り、新しく金箔用の紙の間に納めます。大橋さん「それで実はね、使い終わった金箔打紙はね、特に美人用の(笑)あぶらとり紙に使えるんだよ。」私「美人用って(笑)しかもまたまた嘘いってー。使い終わった金箔打紙って、もうゴミじゃないですか!」さあ、検索のお時間がやってまいりました◎検索ワード・・・金箔打紙 あぶらとり紙みなさん、見つけられましたかなんと、第5回から9回にかけてゴールデンのネタシリーズができました。大橋さん「じゃあ10回いっちゃう」ゴールデンに前向きなご様子です(笑)

  • 17Mar
    • ガリンペイロ@大橋さんの小ネタ部屋

      大橋さんの小ネタ部屋ついに来ました第8回!黄金シリーズが続いております(笑)今回も、これに続いて『歩く辞書』こと大橋さん(仮名)が金にまつわる小ネタをご紹介します。ただし大橋さん、困ったことに「僕嘘つくよ?」が口癖なので、嘘があるかもということご了承ください大橋さん「世界中に金の出るところはたくさんあるんだ オーストラリアとか、北アメリカとか、いっぱいあるけど、人が集まっているところはアマゾンにあるよ。 そこには、一攫千金を夢見て、大勢の人が集まっているんだ。 その人たちはガリンペイロと言われている そこでは生活の必需品も採れた金で支払うことができるようです。 その人数たるや20万人!これは詳しくはわかっていない数字です。」嘘かどうか知りたい方はこちら↓◎検索ワード・・・ガリンペイロ 砂金よく見てみてください大橋さん「砂金を精製する方法が、水銀アマルガム法といって、人体や自然環境に非常に有害な方法です。」詳しく知りたい方はこのワードで!◎検索ワード・・・奈良大仏 金メッキ アマルガム法今回も大橋さん、全然嘘がありませんでした…(笑)ここまで、金に関するネタがざっくざくです!金シリーズ、まだ続くかもしれませんね

  • 16Mar
    • 砂金!@大橋さんの小ネタ部屋

      大橋さんの小ネタ部屋第7回、大橋さんの小ネタ部屋へようこそ!ここでは、『歩く辞書』(歩く百科事典でも良いかな~byご本人より)こと大橋さん(仮名)の小ネタをご紹介します。ただし大橋さん、「僕嘘つくよ?」がスタンダードなので、嘘があるかもということご了承ください大橋さん「そういえば、佐渡金山が世界遺産候補になっているけれど、まだ日本には有名な金鉱山が2か所あるよ」「1つは鹿児島県の菱刈鉱山。もう1つはね(笑)東京鉱山があるよ。 通称都市鉱山。使わなくなった電子部品が眠っているんだ(笑)」「電子部品のリサイクル品は東京オリンピックの金メダルや銀メダルになったんだよ。 このリサイクルをしたのが、秋田県の小坂精練株式会社なんだ。 そこは昔、黒鉱という鉱石が採れて、いろいろな金属が入っているので、分離精錬の技術が発達したんだ。 現在、十数種類のレアメタをリサイクル精練しているよ。」「もう1つ面白い話があってね。山梨県の渓流では、砂金が採れるところがあるみたいだ」私「またまた~。そんなところに都合よく金があるわけないですよ~」大橋さん「調べてごらん」さあ、待ってました。検索のお時間です今回ばかりは嘘かもしれません。◎検索ワード・・・山梨県 渓流 砂金あ、あ、あ、あ、ありましたーどうやら本当に採れるようです。山梨県では砂金採り体験なんかも行われているみたいですよ。大橋さん「それは、武田信玄の金山から出た金かもしれないね~」私「」

  • 15Mar
    • 金!@大橋さんの小ネタ部屋

      大橋さんの小ネタ部屋第6回、大橋さんの小ネタ部屋へようこそ!ここでは、『歩く辞書』(歩く百科事典でも良いかな~)こと大橋さん(仮名)の小ネタをご紹介します。ただし大橋さん、「僕嘘つくよ?」がスタンダードなので、嘘があるかもということご了承ください。金には展性・延性という性質があります。非常に加工しやすい、人類が扱いやすい最古の金属の1つです。ツタンカーメンの仮面や中央アジア遺跡に残る金細工、現存するものはみな地上から見えないところにありました。なぜなら、金は見つかると溶かされたり別の加工をされたりしてしまう金属だからです大橋さん「ところで日本でもね、黄金のバスタブが盗まれたことがあるんだ。」私「またまた嘘ばっかり~。どうやってバスタブなんか盗むんですか」大橋さん「うん、これは本当だよ。嘘じゃないんだ~笑」嘘じゃないとのことなので…またまた調べてみました。◎検索ワード・・・千葉県 ホテル 盗難 黄金のバスタブあ、あ、あ、ありました…どうやら本当に黄金のバスタブが盗まれていたようです。なんと、一体どうやって運んだのか、犯人逮捕にも至っていないのです。記事の最初に金の展性・延性という性質を書きましたが、金は非常に溶けやすいので、きっとこのバスタブもすでに溶かされて何かに加工されていることでしょう。そうなると、もう見つけようがないですね…。ゴールデンに続き、本日は金のネタでしたまだまだご期待ください~

    • 自分で歩いて買い物への画像

      自分で歩いて買い物へ

      皆さまこんにちは!暖かい日が増え春の訪れを感じますね同時に花粉症が辛い時期でもありますね笑今回は利用者様と買い物練習を行っている様子を紹介したいと思います。買い物や家事など、再びできるようになりたいというリハビリのニーズが聞かれます。ご自分で買い物に行けるようになるために、必要な動作を細かく挙げると・購入する食品や必要な物品のリストアップ・自宅からお店までの移動・店内での移動・目当ての品物を探す・目当ての品物をとる・お会計の計算というようないくつも必要な工程がありますお店までに段差や坂道はないか、距離はどの程度か、必要な持久力をつけることやお店までの道のりを想定した歩行練習を行ったりします。また、品物をとるのにバランスを崩さないかなど、達成するために必要な動作を練習しています自分で歩いて買い物に行けることは活動範囲も広がり心も体も晴れやかになると思います色々な工夫をしながらこれからも支援していきたいと思います

  • 14Mar
    • ゴールデンが好き!@大橋さんの小ネタ部屋

      大橋さんの小ネタ部屋続いています、大橋さんの小ネタ部屋、ついに第5回となりましたここでは、『歩く辞書』な大橋さん(仮)監修のもと、ちょっとおもしろいネタをご紹介します(詳しくは第1回参照)。ただし大橋さん、『僕嘘つくからね』がスタンダードなので、嘘があるかもということご了承ください。大橋さん「今、メダカが流行っているけど、日本産の観賞魚では錦鯉がいるよ。今世界中で流行しているみたいだ。趣味者が海外から買いに来て、高いのもは数百万円もするらしい。その中で、金色と銀色の鯉がいる。これがキラキラ光って綺麗なんだよ。」◎検索ワード・・・錦鯉 金色大橋さん「でもね、野生の生物で、たまに金色のものが見つかることがあるんだ。金色のナマズとか。金色のヒラメとか。いろいろあるらしい。これは秘密なんだけど、金色の馬もいるんだ」私「これは嘘でしょ~IKEAのTV.CMの置物じゃないんですから。あれ、金色の馬じゃないですか。」まーた大橋さん、ここで嘘つくとは…とんでもない人だ笑私が知らないかと思って!そこで、調べてみました。◎検索ワード・・・黄金の馬 アハルテケな、な、な、なんと…見つかりましたー!光り輝く馬ですアハルテケという種類で、乗馬用の馬とても希少な品種まさかこんな馬がいたなんて…ゴールデンな動物、とっても豊富ですね。大橋さんのゴールデン知識にはあっぱれです次回もお楽しみに!