北野誠騒動とMMRと新風脳 | C.I.L.
2009-04-19 05:55:46

北野誠騒動とMMRと新風脳

テーマ:ネットウヨク問題(東村山問題含む)
90年代頃のサブカルシーンにおいて、"陰謀論" や "キチガイ・電波" が外せない要素とされていた時期があり、そうした内容の出版物が定期的に発刊されていた。(いわゆる宝島系のムック本のような書籍)

そのような雑誌・書籍では、陰謀論にハマる連中を必ずと言っていいほど "笑い" の対象として扱っていたのだが、ここ最近になって 「笑いを笑いと理解出来ず真に受けてしまう病人」 があまりに増え過ぎてしまったように思う。

特に 情報の取捨選択もまともに出来ないクセにネットに噛り付いて何かを知った気になってしまうヤツ とか、自尊心だけは人一倍で自分は特別だと思い込んでるのに実際には無能を絵に描いたように空っぽで理想と現実が剥離し過ぎてるヤツ などは、いとも容易くぶっ壊れる傾向にある。

そうした精神疾患を抱えた人間をかき集めて原理主義化させた集団が、みんな大好き維新政党新風(笑) なのだが、それを嫌というほど思い知らせてくれる出来事が起こった。

何かというと、例の北野誠騒動である。

常日頃から公共の電波を使って無防備に他人を誹謗中傷してきた北野誠が、ついに松竹から見放されてクビを切られたってだけの話なんだけれども、お約束のごとく 「創価の陰謀だ!」 と騒ぎ立てたバカが大勢いたのだ。

まあ主に2ちゃんが情報源こと新風副代表の瀬戸弘幸とかなんだけどw

北野誠の毒舌キャラってのは一部では根強い人気があったけれども、ここ最近はそのキャラを維持して食ってくのに精一杯という感じで、以前と比べると 「芸が荒れたなあ」 と感じていた。一昔前は同じ毒舌でも、時と場合によってという "北野誠なりの正義" を感じさせるもので、それが 「男気がある」 といった一部からの評価に繋がっていたのに、近頃は毒を吐くこと自体が目的になってしまっていたように思えるのだ。(軽薄すぎるというか何というか)

そうした中で、松竹が 「北野誠を手駒に持っておくメリットよりリスクの方が大きい」 と判断しただけだと思うのだが、どうもそういう話で終わらせたくない人々がいるようで。

他人から酷い中傷を受けた場合に、創価やバーニングじゃなくても訴えて潔白を証明しようとするのが当たり前だと思わないか?それこそ 「そもそもどっちが悪いの?」 って話だろ?

芸能事務所だってビジネスでやってるんだから、訴訟を起こされて膨大な賠償金を支払わされるリスクと、その芸人を抱えておくことによって生じるメリットとを天秤にかけて判断するだけで、創価やバーニングがどうこうというのは実はそれほど大きな問題ではない。今回たまたま北野誠の言動に待ったをかけたのが創価やバーニングだったというだけの話だ。

一番の問題は北野誠の芸風と迂闊さである。もし北野誠が本気で、ジャーナリスト的な観点から、芸能界のおかしな点を白日の下に晒そうとしていたなら、とことん証拠を並べて戦えばいいだけの話である。もし北野誠がそれをやってくれたなら、オレは本気で応援すると思う。それこそ面白いネタを証拠付きで提供してあげたいくらい。

しかしそれをせず、みすみす事務所にクビを切られて業界から干されて終了ってんだからどうにもフォローできん。じゃあ何のために毒を吐いていたんだよって話じゃないか?徹底的に追う覚悟がないなら最初から口にするなって。(しかも手段が誹謗中傷て)

ようは北野誠は2ちゃんねらーの方法論を現実世界でやらかしちゃったってだけなんだよ。そしたらこういう結果になって当然だわな?

そこを見ないで、そして事実関係を調べようともしないで、自分が嫌いな勢力を叩ける都合のいい話を信じ込んで喚き散らしてしまうような人間は、あまりに幼稚すぎて話にならない。

ちょっと前に局地的に大人気だったMMRというマンガがあったが、幼稚な人々というのは本気でMMRの登場人物になってしまうようだ。

あのマンガが掲載されてた頃は、殆どの人間が "ギャグマンガ" として読んでいたはず(少なくともオレはそう信じてた) のだが、近頃はMMRを経典(聖書) として崇めちゃうような一派が存在しているらしい。

何かというと

「○○は創価(朝鮮・中共・ロシア・アメリカ……) の陰謀だったんだ~!」
「な、なんだって~!」

と、裏も取らずに大騒ぎ。

そして情報の不正確さを指摘されると 「我々に批判的な○○は××の手先の工作員である!」 と根拠もなくレッテル貼りをして一致団結。まさに常識が一切通用しない原理主義集団。


そう、それが維新政党新風(笑) とその支持者である。


こいつらには共通点があって、自分に都合のいい話しか聞かない信じないという点以外に、時系列を理解出来ない、自分が以前なにを言ったか忘れる、感情・願望・妄想・電波以外に情報ソースがないといった、ある種の痴呆や、カルト宗教信者の心理状態(いわゆる洗脳) のような症状が見受けられる。


はい、前置きが長くなりましたが罵倒反論のお時間です。


(維新政党新風(笑) 副代表瀬戸弘幸のブログ より)
 「薄井市議応援団ブログ」とその周辺者について、ここで再度申し上げておきますが、私は当初は朝木さん、矢野さん達の協力を得て、反創価学会「国民運動の拡大」を目指して来ました。

いっやぁ~~!早速すごいのキタ!強烈すぎて屁も出ない!

よーしよしよし、じゃあ瀬戸自身が2008年7月の段階で何を書いてたのか思い出させてあげよう。ほ~ら、この記事を見てごらぁ~ん?

-----

・2008年7月30日の記事
・魚拓

私は思想的立場が異なる『東村山市民新聞』関係者や、このようなことを調査してきたとするジャーナリスト達とはまったく異なるルートから、これが単なる自殺などではなく、殺人事件であるとの確証を得た。

「私が何故、この事件を取り上げてこのような訴えに立ち上がったのか?」
「それは内部告発です。現職の警察官から、この事件をこのままにしておくことは出来ない。これは自殺などではなく殺人事件であり、3人の犯人と思われる人物の特定もなされていました」
「しかるに、創価学会の信者と見られる検察官からの捜査打ち切りによって、真相は闇の中へと閉じ込められたのです。瀬戸さんたちがこの問題に火をつけて下さい。騒ぎが大きくなれば、隠された真相はやがて明らかになるでしょう」
「もう、時効まで2年と迫っています。頑張って下さい。社会の巨悪を眠らせてはいけない。我々も協力します」

私が100%の確信をもって今回この事件を取り上げ、そして検察庁への捜査のやり直しを要望する理由はこの点であります。

おそらくは誰もが予想していない結果が、これから起きるであろうことを期待しています。

-----

↑日本語が変だったり、括弧のつけ方が意味不明だったりするが、何が言いたいのかだけは理解できる。瀬戸弘幸は 「東村山市議の矢野穂積や朝木直子は関係ない。現役警察官の内部告発があったからだ!」 と声高に叫びながら、この東村山問題に参戦して来たのである。

しかも我々秘密結社AMUSから1年以上遅れてwww

宇留嶋氏 は別格としても、松沢氏三羽の雀氏 はオレよりも前に矢野穂積による職業差別問題を取り上げてたからねえ。そんでオレがエルドラドの待合室で松沢氏や雀氏から話を聞いて、義憤に駆られて本格参入したのが2007年の6月だったから、AMUSの中で最も後追いのオレですら気付けば2年も追いかけてるわけだ。

で、瀬戸が割り込んできた頃ってのは、矢野穂積による薄井市議への嫌がらせや職業差別問題が片付いて、「薄井政美に問題なし」 という東村山市の結論が出た後だったのね。

そんな不利な流れの中で、後追いも後追いで突っ込んできたんだから、「内部告発があるんだ!オレはお前らとは情報ソースが違うんだ!」 くらいの事を言う必要があったんだろうねえ。インパクトって大事だし。

それにね、オレが瀬戸に電話で警告した時に、こういう会話があったのよ。


-あなたのバックボーンは知らんけど、もう少しまともに調べてから話題にすべきなんじゃないですか?

「私はね、内外タイムス出身の記者なんだよ。」

-内外?

「恩田社長の前の時代にね。キミが知ってるかどうかわからんが遠矢さんというその筋で有名な人がいて……」

-知らないもなにもあの遠矢さんでしょ?よく知ってますよ。それで?

「知ってるのか?」

-ええ。以前は頻繁にお会いしてましたよ。

「ともかく、私だって然るべき筋から情報を得て動いているんだ。」

-あの矢野穂積って人間の素性を調べましたか?遠矢さんの名前を出しながらあんなエセ人権派と組むの?

「私には君達とは違う情報ソースがある。矢野・朝木市議は関係ない。」


それが1年経ったらコレ↓ですよ。

"「薄井市議応援団ブログ」とその周辺者について、ここで再度申し上げておきますが、私は当初は朝木さん、矢野さん達の協力を得て"

お前さあ、わざわざ業界のフィクサー的立場の人の名前を騙ってさあ、よくもまあ恥ずかしげもなくここまで嘘を吐けるよな。

これ、どっちが嘘なの?内部告発があって動いたのが嘘なのか、当初から矢野・朝木と協力して動いてたのが嘘なのか?

まずはそれをハッキリしてもらおうか?

それにな、今になって薄井市議の支持者がどうのとか、何故か急に薄井叩きを始めてるみたいだけど、お前も薄井市議も同じ内外タイムス出身っていうことを忘れない方がいいと思うよ?下手に人脈がどうのとか前職がどうのなんて言ったら、必ず瀬戸自身にブーメランが跳ね返っていくからね?

と、なんで瀬戸を気遣ってるのかわからんが、こうまで話を引っくり返されるとどう反論すりゃいいのか判断が付かんわ。


で、これと同じ症状が現れているのが自称行政書士ことクロダイ である。

まずはWAWのこの裁判レポートをご覧下さい。


もう主張のすべてが狂ってて、引用してどうこうというレベルを超えてるんだが、捏造とか事実誤認とか意図的に時系列を捻じ曲げてたりとか無茶苦茶。

こいつがいかに嘘をついているかは、ぶっちゃけウチの過去ログ を読むだけでも充分に理解できる。


昨年9月1日の街頭宣伝活動については、「右翼団体が主催したのではなく、事件に疑問を持つ関東各地から多数の市民が立場の違いを超えて参加した」もので、「『右翼グループ』が事件の舞台となった『洋品店に押しかけ』て『嫌がらせをする騒ぎを引き起こした』などという事実は存在しない」と反論。むしろ、元副署長が「勝手な思い込みで興奮し、洋品店前の通行人らに向かって誰彼かまわず大声を張り上げていたというのが客観的真実」としました。

特にこの部分とか最悪だろ。

右翼団体が主催したんじゃないと言いつつ、瀬戸弘幸は極右を自称する政治団体新風の副代表なんだが。ついでに言えば、この東村山襲撃事件に加わったドロンパ桜井や西村修平といった連中も、右派だの保守だのを名乗る団体の長なんだが。こいつらの街宣活動ってのは、そのネームバリューで人を集めているんだが。

いいかクロダイ、右翼団体ってのはあくまで政治団体を指す言葉だからな?特攻服着て街宣車を乗り付けて恐喝して食ってる連中だけを指す言葉じゃねえぞ?

あ、ごめん、お前らモロそういう連中だったかwww

・ソース1
・ソース2

いや~失敬失敬。

そうだよな、日章旗持ってヘルメット被った人間て言い訳できねえよなwwwテラウヨクwwwうぇwwww

ところでさ、この襲撃事件 の動画って今も見れるページってあるの?YOUTUBEでもニコ動でも、どっかに動画があればクロダイの主張がどんだけ嘘っぱちかご理解いただけると思うんだが。

あれをどの角度で見れば 「千葉さんが勝手な思い込みで興奮して通行人に大声を張り上げてる」 ように見えるんだよ?

それにこいつにしろ瀬戸にしろ西村修平にしろ、最初は洋品店を守ってた男性が元東村山署副署長の千葉氏だって知らなかっただろ。千葉氏を洋品店店主と断定して罵ってたじゃねえか。アホも休み休み言えよ。

お前らがあれが洋品店店主じゃないと気付いたキッカケは、他でもないオレの書いたこの記事 だっただろバカが。


いや~、瀬戸にしろクロダイにしろ、自分が過去に発言した内容を忘れるとか、都合よく捻じ曲げるとか、よくまあここまで似たもんだよな。

結局こいつらはマトモに情報を調べず、きっと創価が悪いに違いない、きっと陰謀に違いない、朝鮮人だから悪人に決まってる、といった "自分の感情がソース" という思い込みだけで物事を考えてしまうから、いざ第三者の目に晒される場に出るとメッキがはがれてこうなるんだよ。

このあまりにナニがアレな思考を、オレは今後 "新風脳" と呼んでやろうと思う。瀬戸もクロダイも明らかに新風脳であるし、根拠を示さず自分の思い込みや感情だけをぶつけようとする輩も、すべて新風脳と呼んで蔑んでやる。

やっぱ統失患者なんて言うと、他人に迷惑をかけず地道に治療を続けている患者が可哀想だし、かといって現時点ではそれに取って代わるようないい単語がないし、何か造語が必要だと思ってたのよねえ。

というわけで、巷では1bit脳なんてステキな単語もありますが、オレは新風脳で通します。電波ちゃんとかサイコさんなんて単語でもいいんだけど、やっぱりいつまで経っても逃げの一手を通そうとするチキン政党新風を笑うためにも新風脳で。

笑い者にされたくなけりゃ、もうちっと世間が納得するような対応をしてみせんか右派の面汚しこと同人愛国サークル新風!




■超重要なソース集
「東村山問題」 および 「エセ保守・新風問題」 に興味のある方は流し読みでいいから目を通すと吉。むしろ話があっちこっちにとっ散らかってて、読んでおかないと状況が理解できません。


・朝木市議万引き事件・転落死事件 まとめWiki
P2C氏 が涙目になりながらまとめて下さってるwiki

・創価陰謀説派(朝木明代他殺説)
せと弘幸
西村修平(主権回復を目指す会)
黒田大輔
※新風連ヲチスレ テンプレまとめ
東村山市民新聞
矢野穂積wiki
以上自称右派とエセ人権派市議の強烈タッグ。


・陰謀説否定派(朝木明代自殺説)
宇留嶋氏ブログ
議席譲渡事件の当時から矢野穂積らを追い続けているジャーナリスト。矢野穂積らが何をして来たかについては、この人が日本で一番詳しい。

松沢呉一氏ブログ
豊富なキャリアと知識から多角的に矢野穂積らの問題点を指摘している。
三羽の雀氏ブログ

情報処理能力が高いのか、矢野穂積の膨大な裁判量とその判決文を的確に引っ張り出してくる人。
薄井政美市議のブログ

矢野穂積や朝木直子に散々いやがらせを受けている東村山市議。
佐藤まさたか市議のブログ

薄井市議と同様に矢野穂積に散々嫌がらせをされ続けて来た東村山市議。
現在矢野穂積を訴えた訴状なども公開中。


■事の経緯と一次ソース(判決文まとめ) など
当ブログの東村山問題過去ログ
東村山問題リンク集
初心者用まとめ
主要裁判の経緯・論点・判決結果
主要判決文とその論点と各裁判所の判断 その1
主要判決文とその論点と各裁判所の判断 その2
※協力者が時系列ごとに個別URLを作ってくださいました(外部ブログ)


■注目ブログ
・或る浪人の手記
・ミハルちっく
・凪論
・Mauii.jp
・孫と東村山Rhapsody
・橋本玉泉氏
・柳原滋雄氏
・瀬戸先生!グーの根も出ません!
・ワールドワイドウェブ的左顧右眄
・Autocrat Watcher
・めくるめく集団ストーカー被害者の世界にようこそ(本家wiki)
めくるめく集団ストーカー被害者の世界にようこそ(ブログ)
日護会(笑)
くしくしこねこね
XENON氏
清風匝地
・小さな正義を信じて
・小さな正義を信じて(出張所)
・デブちんのデータ工房
・コメントは何処へ?


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス