2007-07-07 15:22:37

【7.9東村山決戦!遂にセクハラ論争に終止符が?】チーム草の根の請願書を論破しておこうw

テーマ:ネットウヨク問題(東村山問題含む)

7月9日の試合(試合?) が直前に迫っているのだが、とりあえず前もって朝木・矢野両市議(いわゆる草の根) の主張を論破しておこうと思う。


まあ請願書を出したのは東村山の一市民という事になっているんだけど、紹介議員が朝木市議だし、内容も草の根2名の主張をそのまま文章化したようなもんだし、この請願書自体が朝木・矢野両市議の主張だと断言しても間違いなかろう。



<薄井政美市議に関する請願書>



薄井氏に対する辞職勧告を求める請願


請願趣旨
 薄井政美氏は、市議の任期の開始後の現在にいたっても条例に違反して女性、障害者の人権を侵害することを繰り返しており、青少年の教育にとっても阻害物であって、市議として最低限の資質に欠けるので、自発的辞職をするよう貴議会において勧告決議を行うよう求める。

請願理由
 今年度市議会議員選挙にて当選した薄井政美なる人物は、市議の任期開始後に至っても、インターネットのアダルト動画サイトにおいて、実名で登場し、「人妻はカラダを褒めろ」とか「オマタのバリアフリー化」などと記述さえ憚れるセクハラ発言を繰り返し、女性、障害者を差別しその人権を侵害している。
 上記の薄井議員の行為は、東村山市男女共同参画条例第13条第2項及び同第14条に違反するのは明らかであって、東村山市の立法機関である市議会の構成員として最低限の資質に欠けるものである。
 また、市議会の議員は、教育行政とりわけ青少年教育に関する行政執行につき疑義を質す立場にあり、薄井政美氏の上記の行為は看過、容認することは到底できない。
 このような人物が市議として貴議会に所属していることを放置することは、全国の各議会はもちろんのこと全国民から批判の集中することは必定といわざるをえない。
 したがって、速やかに請願趣旨の通りの措置を執るよう求めるものである。

平成19年6月13日

請願人 ○○○○

紹介議員 朝木直子



薄井政美市議への辞職勧告についての請願

請願内容
 東村山市議会議員に当選した薄井政美氏に対し、東村山市議会が自発的議員辞職を求めるための辞職勧告を行うよう請願する。

請願の背景
「地方選で争われる政策は生活に直結するものが多く身近で切実だ」「有権者みんなが多かれ少なかれ政策の利害関係者だ」(朝日新聞4月16日社説より引用)
 東村山市の将来を決定する政策の形成と政策の決定に携わる市議会議員は、まさに私たち市民の運命を担っていると言ってよい。今般、夕張市の財政破綻や政務調査費の不正使用問題で表顕した地方議員の議員活動や議員としての資質の問題は、住民からの信頼を大きく失墜させる結果となっている。

請願理由
 ①経歴詐称の疑念
 薄井政美氏の選挙公報のプロフィールには「毎日新聞社記者などを経て前職は出版社社員」とだけ職歴が記されているが、大手新聞社勤務はわずか1年8ヶ月であり、さらに前職は性風俗レポーターである。選挙公報において「徹底した情報公開」を二大公約の一つに掲げながら、「市議候補」「市議」としての自分に対する疑問や批判に対して、意図的に説明責任を果たそうとしてこなかった薄井政美氏の行動はまさに、「経歴詐称」にも値する大問題であると断じざるを得ない。
 また、青少年の健全な育成を責とする薄井市議の「出版社社員」としての前職が、ソープランドなど性風俗業界の女性求人誌を発行している出版会社の社員であることを知った市民は、薄井議員に主権者としての権利を信託するであろうか。答えはノーであり、多くの市民が「信託できない」と声をあげていることは紛れもない事実である。
 結論として、薄井政美氏は「人物」「経歴」を「詐称(偽り)」と言えるほど美化して当選したものであり、民間であればまさに「クーリングオフ」の対象であることは明白なる事実である。

 ②薄井政美氏の「異論の封殺行為姿勢」は市議としての的確性に欠ける
 薄井政美氏のブログや住民投票を求めた市民連絡会のブログにおいて、薄井政美氏は一貫して氏の意見と異なる言論を封殺してきた。その行動姿勢は公人となった現在も同じであり、「少数意見の尊重」「表現、言論の自由」をうたった日本国憲法の精神に反する卑劣な行為であり断じて看過することができない。
 薄井政美市議のこのような行為こそが、長崎市長が殺害された事件や加藤紘一元自民党幹事長の実家放火事件など、自由闊達な言論活動を封殺する蛮行へつながっていくのであり、氏の倫理観、道徳観の欠如はまさに市議としての適格性に欠けていると断じざるを得ないのである。

 ③知的財産権侵害を奨励する姿勢はコンプライアンス精神を無視する愚行であり市議として甚だ不適任である
 薄井政美氏のブログや住民投票を求めた市民連絡会の公式ブログにおいて、薄井氏は当方からの再三の忠告にも関わらず、違法投稿された「You Tube(ユーチューブ、11月7日に放映された報道番組の海賊版)」を見るよう勧める記事投稿を何回も行ってきた。米国が中国の著作権侵害をWTOに提訴した記事や日本でも著作権をめぐる法改正への検討が始まったという記事を目にするとき、元新聞記者の経歴を有する薄井政美氏のこの確信犯的行為はまさに断罪されるべきものであると言わざるを得ない。

 このような理由により、東村山市議会が薄井政美氏の市議会議員辞職勧告を行うよう請願するものである。

平成19年6月19日

請願人 ○○○○

紹介議員 朝木直子



(以上薄井政美市議のブログ から引用)




では要点をまとめてささ~っと論破しちゃいましょう。



薄井政美氏は、市議の任期の開始後の現在にいたっても条例に違反して女性、障害者の人権を侵害することを繰り返しており、青少年の教育にとっても阻害物であって、市議として最低限の資質に欠けるので、自発的辞職をするよう貴議会において勧告決議を行うよう求める。


ほう、条例違反の人権侵害行為ですか!それが本当なら一大事ですね!それでその根拠は?




請願理由
今年度市議会議員選挙にて当選した薄井政美なる人物は、市議の任期開始後に至っても、インターネットのアダルト動画サイトにおいて、実名で登場し、「人妻はカラダを褒めろ」とか「オマタのバリアフリー化」などと記述さえ憚れるセクハラ発言を繰り返し、女性、障害者を差別しその人権を侵害している。
上記の薄井議員の行為は、東村山市男女共同参画条例第13条第2項及び同第14条に違反するのは明らかであって、東村山市の立法機関である市議会の構成員として最低限の資質に欠けるものである。


はい、薄井市議が風俗ライター時代に撮影された風俗サイトの動画コンテンツが、条例違反で人権侵害なんだそうです。


いやもうこの時点で破綻してるんだけど、頑張ってなぜ "破綻" してるのか書いてあげよう。


そもそも薄井氏が出演していた動画コンテンツは、MANZOKUという風俗誌のWEB版にアップされていた物である。薄井氏はそのMANZOKUの出版元の会社に勤めており、会社員として仕事を遂行しただけに過ぎない。


この請願書ではあたかも薄井氏が市議となった後に風俗サイトに出演したかのような書き方だが、そのような事実は一切ない。


また18禁の風俗サイトで、風俗店の情報を欲している人間に対して発せられた風俗店を紹介するための発言を、【女性・障害者差別】 だと言うのはいくらなんでも無理がある。大前提としてMANZOKUは 『風俗店の情報を知りたがっている人間しか見ない』 のだから、「東村山市男女共同参画条例第13条第2項及び同第14条に違反」 という部分も同様に、意味不明なこじつけであると断言できる。


さらに言えば、このMANZOKUの動画を18歳未満の人間が見る可能性のある東村山市民新聞のWEBサイトで紹介して、直リンまで貼ってしまった朝木直子・矢野穂積両市議の方が、よりセクハラに近い位置にいるという事実に気付いているだろうか?




また、市議会の議員は、教育行政とりわけ青少年教育に関する行政執行につき疑義を質す立場にあり、薄井政美氏の上記の行為は看過、容認することは到底できない。


実はこの部分に関しては薄井氏にも付け入られるスキがあったと言うしかない。当選が現実の物となった時点でMANZOKUと相談し、動画コンテンツを削除してもらうとか、薄井氏の顔にモザイクをかけてもらうとか、そういった配慮があってもよかったのかもしれない。


だが動画の権利を持っているのはMANZOKUであって薄井氏ではない。薄井氏が 「変に市民感情を煽りたくないから」 という理由でMANOZKUに掛け合ったとして、MANZOKU側が 「嫌だ」 と言えばそれまでなのである。


よって、まあこう言われても仕方のない状況ではあった、と言わざるを得ない。裸商売に関わっていた人間の宿命だと諦めるしかないだろう。




このような人物が市議として貴議会に所属していることを放置することは、全国の各議会はもちろんのこと全国民から批判の集中することは必定といわざるをえない。
したがって、速やかに請願趣旨の通りの措置を執るよう求めるものである。


だがしかし、いくら薄井氏にもスキがあったとはいえ、これを根拠に辞任というのは随分と無茶な話だ。そしてこの一文にも嘘があって、今全国民から批判が集中しているのは、どちらかというと矢野穂積・朝木直子両市議のやり口に関してである。


薄井市議に対しては、セクハラという言葉や女性差別、障害者差別という言葉は当てはまらないと方々で論破され尽くしているのが現状だ。そんな状況でもし東村山市が薄井市議に辞職勧告でも出そうものなら、それこそ日本全国から嘲笑されるのは必定である。


どうせなら東村山市のために、上記の一文をそっくりそのまま矢野穂積・朝木直子両市議に向けてみてはどうだろう?




請願の背景
「地方選で争われる政策は生活に直結するものが多く身近で切実だ」「有権者みんなが多かれ少なかれ政策の利害関係者だ」(朝日新聞4月16日社説より引用)
 東村山市の将来を決定する政策の形成と政策の決定に携わる市議会議員は、まさに私たち市民の運命を担っていると言ってよい。今般、夕張市の財政破綻や政務調査費の不正使用問題で表顕した地方議員の議員活動や議員としての資質の問題は、住民からの信頼を大きく失墜させる結果となっている。


意味の分からない前置きがあるわけだが、ここにも大きな疑問点がある。それは一言で言うと、「薄井市議に議員としての資質がないと言いたいようだけど、当選からまだ時間も経ってなくて結果なんか出しようがないんだけど?」 という点である。


ではこの請願を出した人間はどうしてこのような書き方をしたのだろうか?まだ議員になってから日が浅く、別に任期開始後に問題発言をしたわけでもないのに、なぜ 「議員としての資質がない」 などと言われないといけないのだろうか?


これはもう薄井市議が 「風俗ライターだった」 という点が、請願者の根拠になっているとしか言いようがない。


【風俗ライターなんて恥ずかしい仕事をしている人間がマトモな訳がない→議員としての資質なんてあるわけがない】


こういうロジックなのである。


だからこそ薄井氏を応援する人間達は、この請願に対しても、また請願と全く同じ意見の持ち主である朝木・矢野両市議に対しても、「職業差別だ!」 と声を挙げているのだ。


もし違うというのであれば、薄井市議に議員としての資質なしと言える根拠を、任期開始後の薄井市議の言動から示さないといけない。


だが朝木・矢野両市議にしてもこの請願者にしても、それは不可能である。なぜなら任期開始後に薄井市議が問題発言をした事実がないからだ。


良くも悪くもまだ当選から時間が経っておらず、「海の物とも山の物とも知れない」 というのが冷静な答えなのではないだろうか?




請願理由

①経歴詐称の疑念
 薄井政美氏の選挙公報のプロフィールには「毎日新聞社記者などを経て前職は出版社社員」とだけ職歴が記されているが、大手新聞社勤務はわずか1年8ヶ月であり、さらに前職は性風俗レポーターである。選挙公報において「徹底した情報公開」を二大公約の一つに掲げながら、「市議候補」「市議」としての自分に対する疑問や批判に対して、意図的に説明責任を果たそうとしてこなかった薄井政美氏の行動はまさに、「経歴詐称」にも値する大問題であると断じざるを得ない。
 また、青少年の健全な育成を責とする薄井市議の「出版社社員」としての前職が、ソープランドなど性風俗業界の女性求人誌を発行している出版会社の社員であることを知った市民は、薄井議員に主権者としての権利を信託するであろうか。答えはノーであり、多くの市民が「信託できない」と声をあげていることは紛れもない事実である。
 結論として、薄井政美氏は「人物」「経歴」を「詐称(偽り)」と言えるほど美化して当選したものであり、民間であればまさに「クーリングオフ」の対象であることは明白なる事実である。


薄井氏が前職を 「風俗レポーターと書かなかった」 という点を問題としているのだが、薄井氏は別に経歴を偽っているわけではない。出版社に勤めていた会社員なのだから、職種が風俗系だったとしても、「出版社勤務」 と言っても何もおかしくないだろう。


それに選挙公報にこそ 「風俗ライター」 とは書かなかったものの、薄井氏は自身の前職を隠していた訳ではない。これで 「経歴詐称」 なんて言葉を持ち出すのは愚かとしか言いようがない。

選挙公報に風俗ライターと書かなかったのが問題だと言うなら、選挙公報や東村山市民新聞などで自身のプロフィールに 「会社員」 とか 「会社勤務」 としか書いていない朝木直子はどうなるんだ?


この請願書の紹介議員である朝木直子自身も同じことをしているじゃないか。


もしこれで朝木直子はよくて薄井政美はダメだという事になるのだったら、まずはその根拠を明らかにすべきだろう。朝木直子が許されて薄井政美が許されない理由とはなんだ?


それに市民が薄井市議に対してNO!と声を挙げていると書いてあるが、だったら具体的な数字を示せ。東村山市民のいったいどれくらいが薄井氏を否定しているというのか?主観だけで物事を語るな。自分の意見が市民の総意かのように見せかけるな。



②薄井政美氏の「異論の封殺行為姿勢」は市議としての的確性に欠ける
 薄井政美氏のブログや住民投票を求めた市民連絡会のブログにおいて、薄井政美氏は一貫して氏の意見と異なる言論を封殺してきた。その行動姿勢は公人となった現在も同じであり、「少数意見の尊重」「表現、言論の自由」をうたった日本国憲法の精神に反する卑劣な行為であり断じて看過することができない。
 薄井政美市議のこのような行為こそが、長崎市長が殺害された事件や加藤紘一元自民党幹事長の実家放火事件など、自由闊達な言論活動を封殺する蛮行へつながっていくのであり、氏の倫理観、道徳観の欠如はまさに市議としての適格性に欠けていると断じざるを得ないのである。


ようはブログに書き込んだコメントが消されて怒っているらしいwwwwちょwwww私怨www


ではこの請願者が実際に書き込んでいる佐藤まさたか市議のブログをご覧頂こう。話によるとリンク先のコメント欄に出没している東村山4丁目という人物が請願者の1人であるらしい。

http://blog.satomasataka.jp/200706/article_13.html#comment


ネットの経験がそれなりにある人間なら分かるが、露骨なほどに荒らしである。


自分の意見しか語らない、他人の意見を聞こうとしない、的外れな反論をダラダラ書きなぐる、言葉の端々が嫌みったらしくて読むに耐えない、これはブログ管理人としては削除対象にしてもおかしくない。


議論が出来ないなら他人のブログに書きこむべきではない。少なくとも、削除という管理人の判断に対して文句を言う資格はない。


よって薄井市議は言論封殺したのではなく、単に他の読者に迷惑がかかる荒らし書き込みだから削除しただけなのではないか?という結論に至ってしまうのである。


本当にお疲れ様でした。


ちなみに言論封殺というのは、紹介議員である朝木直子や同じ草の根の矢野穂積のやっている事を言うんだよ?


ちょっとブログで批判されたからって 「1週間以内にお前の実名と住所を教えろ!名誉毀損だ!」 とオレを恫喝してくるなんて、これこそ言論封殺じゃないか。

http://ameblo.jp/oharan/entry-10037958082.html


薄井市議が自分への批判を書いた人間に対してこのような恫喝行為を行ったという事実があるか?ないだろ?


■参考リンク

http://usuimasayoshi.blog98.fc2.com/blog-entry-22.html#more


とりあえずリンク先の薄井氏の文章をよく読むといい。




③知的財産権侵害を奨励する姿勢はコンプライアンス精神を無視する愚行であり市議として甚だ不適任である
 薄井政美氏のブログや住民投票を求めた市民連絡会の公式ブログにおいて、薄井氏は当方からの再三の忠告にも関わらず、違法投稿された「You Tube(ユーチューブ、11月7日に放映された報道番組の海賊版)」を見るよう勧める記事投稿を何回も行ってきた。米国が中国の著作権侵害をWTOに提訴した記事や日本でも著作権をめぐる法改正への検討が始まったという記事を目にするとき、元新聞記者の経歴を有する薄井政美氏のこの確信犯的行為はまさに断罪されるべきものであると言わざるを得ない。


ブログの次はYouTubeかあ。話は具体的だけどなんか小さいなあ…。


で、この件に関しては薄井市議のブログを見ても確認できなかったので言葉少なめに。


今では企業がYouTubeに動画を投稿して宣伝の場として利用していたりするし、YouTubeだから全て違法という訳ではないんだけど、この請願書の通り 「過去に放送された報道番組」 を紹介して人に薦めていたのが事実とすれば問題アリ。本当だったら薄井市議のガードが甘いと言うしかない。


ところで、肝心の薄井市議が書いた記事と、薄井市議が紹介したYouTubeのURL分かる?それが分からない事には何も言えん。


まあでも 「迂闊だったね、次から気をつけようね」 程度で済む話であって、これが辞職の理由になるとは思えないが。少なくとも紹介議員の朝木直子らがやってる事と比べたらね。


※朝木直子らがやってる事の一例

東村山市民新聞に薄井叩きの一環として、MANZOKUから "盗用" した画像(MANZOKUで流されていた動画からキャプチャーした静止画含む) などを張り付けまくったものの、MANZOKUの運営元の会社から削除要請が届いてしまったので削除した。


↑自分の手を汚してまで積極的に違反行為を行っていたのは草の根の2名の方である。YouTubeを紹介するのと、他人のサイトから盗用するのとでは罪の重さがまるで違う。


一時期 「民主ブーメラン」 という言葉が流行ったが、東村山ではこれから 「草の根ブーメラン」 という単語を流行らすといいんじゃなかろうか?


※追記

コメント欄で該当する記事を教えて頂きました。

http://plaza.rakuten.co.jp/higashimurayama2/diary/200611090000/


薄井市議がまだ出馬する前、個人で東村山の西口開発(高層ビル建設) に反対していた頃の話らしいです。


だったら別に構わないじゃねえかよ!


現役の市議が商用サイトから画像やら動画やらを盗用する事よりはよっぽどマシだろう!





という訳で、今回の請願書を第三者が冷静に分析すると…



お前が言うな!



とか



請願書の紹介議員の方がよっぽど悪質じゃねえか!



という感動的な結論に至ってしまうという不思議。



こんな冗談みたいな請願書が9日の委員会ではマジメに審査されるそうなので、お暇な方はぜひ東村山へ!


場所は東村山市役所6Fの第一委員会室、時間は朝10時からだそうです。



■参考リンク

・東村山市オフィシャル

http://www.city.higashimurayama.tokyo.jp/


・7月9日の委員会に向けて

http://usuimasayoshi.blog98.fc2.com/blog-entry-72.html#more




いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。