ダイエットしながら食べ歩く墓石屋のオッサンの加齢なるブログ

ひとこと


お墓掃除しましょう!



お墓へいこう!


綺麗になれば心が落ち着く!


お墓に行けば気持ちが落ち着く!


テーマ:
みなさん、こんにちは。
 
お元気ですか?
 
赤いマフラーのおじさん風には聞きませんが。
 
赤いマフラーのおじさんといえば、パチスロやってた頃思い出しますな。
 
「闘魂チャンス。」「お願いしまーす!」デッデデーレッデッデデーレッデデッデッデッデデ♪

「道」が出た時はビクッてなりましたな。
 
懐かしき、10数年前のおもひで。
 
まぁ、パチンコも止めれて無事に更生することが出来ました。
 
何よりです。
 
 
さて、先日のお話しなのですが、
 
アントニオ猪木よりもアントニオバンデラス寄りの
 
汁すすりのアニキと久々に昼ご飯へ行ったわけですよ。
 
 
朝から何やら肉が食いたかった僕。
 
車を運転中、すれ違う歩行者を見ながら、
 
「A4」「アグー」「A3」「鶏ガラ」「かわいい」等と評価をしていたわけだ。
 
とにかく、なぜか肉を食べたい日だった。
 
で、汁すすりのアニキが
 
「何食べたいの?」
 
と、僕の意見を聞いてくれるので、
 
こう答えたのです。
 
「肉。」
 
シンプルに。
 
多分、肉への思いが強かったため、
 
おでこにも肉の字が浮かび上がってたと思う。
 
で、バッファローハンターへ行くこととなったわけだ。
 
 
実は、痛風の発作が出ていて、
 
この時は収まりかけだったのですが、
 
汁すすりのアニキには悟られないように過ごしていた。
 
「あっ!」とか言って、足踏まれたら嫌なので。(笑)
 
そう、汁すすりのアニキとは、優しさの裏側に悪魔が潜む男。
 
調子悪い時に会ってはいけない人物なのである。
 
冗談で踏むふりとかじゃなく、ホンマに踏める男。
 
学校の非常ベルのボタンも躊躇なく押せる男なのである。
 
 
で、なんやかんやと雑談をしながら店へ到着。
 
 
ハンバーグに心奪われながらも、頼んだのは
 
昼ステの450g(ランチタイムのステーキセット肉の量が150g、300g、450gの3段階)
 
昼ごはんなのに、まぁまぁのチャレンジである。
 
 
肉は食べてもマヨネーズをかけなければローカロリーの精神で食らう。
 
 
で、とりあえずスープが届く。
 

 

 

まぁ、あっさりと飲むわけだ。

 

コンソメ。

 

おいしい。

 

子供の頃はミネストローネの次に飲みにくいと思ってたけど、

 

今はポタージュより玉ねぎのスープとかこういうのが良い。

 

大人になるというのはこういうことか・・・。

 

大人な部分に毛が生えて、見えるところの毛が抜けると、

 

見た目と比例して何かが変わっていくのだな。

 

と、納得しているとライスも到着。

 
 
大人になったので、ライス大盛りはしなくなった。
 
香水もタクティクスを振らなくなった。
 
シャンプーだって目を開けたままできる。
 
タバコはフィルターまで吸わない。
 
大人だから!
 
なので、ライスは大盛りにしない。
 
しかし、肉は山盛り食べる。
 
「彼、大人だけど、子供っぽいところもあるの。」を目指して。
 
で、メインである肉の登場。
 
 
こうしてみると450gって、そんなに多くない。
 
楽に超えられる壁だ。
 
 
で、アップで見るとこんな感じ。
 
 
そして、臨場感あふれる動画がこんな感じ。
 
 
鉄板がジュージュー言うてますわい。
 
お肉が「食べてー。」って言ってるみたい♡
 
と、時にはメルヘンな自分を出しつつ、
 
特製ソースをかける。
 
 
ここにさらにポン酢をかければ、
 
ひたすらに食えるわけですな。
 
ええ。
 
食べましたよ。
 
ぺろりと。
 
多分、食べ切るまで10分かからなかったと思う。
 
 
で、この後、喫茶店への移動中、なんの話からか、
 
セリカXX(ダブルエックス)の話になった。
 
セリカXXは僕の実兄が免許取って初めに乗ってた車である。
 
当時中学生の僕は、
 
この中古のくたびれた車を見ても、
 
近未来的なデザインでメカメカしい感じが
 
かっこいい車に見えたのを覚えてる。
 
 
そのXXというネーミングがアメリカではエッチな事を指すから、
 
スープラで売り出して、日本でもスープラになったと
 
汁すすりのアニキから聞かされた。
 
 
多分、「XX」イコール「チョメチョメ」なんでしょう。
 
山城新伍の発想ですね。
 
と、話は終わったのですが、
 
ググってみた。
 
アメリカではXの連記が映画の成人指定度合いを示すためだったそうです。
 
「セリカ18禁」みたいな感じだったんですね。
 
「セリカチョメチョメ」ではなかったようです。
 
 
そこから、「XX美しき標的」の話になり、
 
夏樹陽子という女優さんの話になったのですが、
 
僕、全然世代が違うので解りませんでした。
 
で、「解らん。」を汁すすりのアニキに伝えたところ、
 
「こんなんや。」と、ご丁寧に画像等、
 
21世紀の科学力を結集したスマートフォンで見せてくれましたw
 
 
で、結果喫茶店で2時間ほどおしゃべりをした我ら。(笑)
 
女子かっ!(笑)

 
今日の締めくくりの言葉は山城新伍追悼的な感じで。
 
チョメチョメ。

Ameba人気のブログ