減災は個人で、国防強化こそ国の最優先事項だと気付かない日本人 | 政治や世界の裏のウラ
2018-07-17 18:37:14

減災は個人で、国防強化こそ国の最優先事項だと気付かない日本人

テーマ:政治
● 減災は個人で、国防強化こそ国の最優先事項だと気付かない日本人

防災や減災は、個人の努力や地域の取り組みで成果を上げられる。

しかし、防衛に関してはそうはいかない。

北朝鮮の核ミサイルを防いだり、中国の軍事侵略を阻止したりすることは、個人レベルの努力では不可能だ。

むしろ、国防こそが、国が率先して取り組むべきことである。

まして、世界情勢や東アジア情勢が不安定な今、防衛体制強化は国としての最優先事項だと言える。

国の予算が限られている以上、何を優先すべきかを見極めることは重要だ。

災害対策に財源を費やしても、国防がおろそかになって自分達の国を失っては本末転倒だ。

他国からの侵略により、自由を失ったり国を追われるようなことは何としても避けなければならない。

難民となり、悲惨な生活を強いられないためにも、自分の身は自分で守ることを基本とすべきだろう。

防災や減災は、経済への打撃を軽減することにもつながるため、国が取り組むべきことの一つではあるが、財源が有限な以上、優先順位は間違えないようにしたい。

にほんブログ村 政治ブログ

戦場衛文さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス