電線の移設 | 温泉とわんことおうち

温泉とわんことおうち

温泉地の崖地の傾いた家を建て替えることになりました。

大きく間取り変更をしたため、
再見積もりまでに時間がかっています。あせるあせる

オーバーしたうちの半分くらいの
予算は増やしましたがえーん
この金額にはまだ未確定な部分も
含んでいるので、

ギリギリOKOKルンルン

ではマズいのです。滝汗滝汗

 

未確定な部分というのは

いくつかあるのですが、

そのひとつが高圧電線の保護管。

 


画像お借りしました。

実は、我が家家の敷地の上に
なぜだか高圧電線が横切っています。ムカムカ
庭の上ですので問題なかったのですが、
工事をするにあたり、
重機を入れることができないため、
電線の移設を依頼することになりました!!

しかし、電線を移設したとしても
家の前を高圧電線が通っています。
何度も書いているとおり
我が家家は崖の上にありますので、
下から見たら高い位置にある電線が、
我が家から見たらほんの少し上、
くらいのところ通っているのです。

ガーンガーンガーン

そんなわけで、工事をするには
保護管で保護をする必要があるのですが、
その長さや価格が未定、とのこと。

「結構高いんですよね、あれ」
という工務店のひとことに
ビビりまくっているのであせるあせるあせる
どれくらいかかるかご存知の方
いらっしゃったらご教示ください。