100年使っている木材は弱い?? | 三原・東広島で和の家を建て続け68年 和風×モダンな住まいづくりの小倉建設

テーマ:

Vol.750 (018)

 

 

みなさん

お疲れ様です

 

「日常を楽しくする」を創造し

「夢と感動」を提供する工務店

 

㈲小倉建設の

三代目専務こと小倉一弥です

 

 

う~ん・・・

 

今年のカープは

一体どうしたのでしょう

 

 

5連敗ともなってしまいダウン

 

 

いきなり1イニングで

大量得点を取られるさまは

 

まるで

 

以前の市民球場での

試合を見ているかのようでドクロ

 
 
昨年までの3連覇が
ウソのような試合の毎日
 
 
毎試合
今日のお立ち台は誰だ??
という状態だったので
 
 

はやく主役となるような選手が
出てきて欲しいものですしょぼん
 
 
 
コチラのお宅にはひらめき電球
 
ちゃんと主役となる
存在の方がおられますよ~アップアップ
 
 
 
連載でお届けしている
 
 
 
 
前回のブログはコチラから下矢印


 

 

 

築119年という

とんでもない年月の

コチラのお宅

 

 

どの素材を見ても

歴史がありますが

 

 

 

わたしの

独断と偏見で

 

決めてしまった主役はひらめき電球

 

 

昨日もお伝えした

コチラの丸太梁下矢印

 

 

 

この旧家の雰囲気に

とてもマッチしていて

 

なおかつ重厚な存在感を

かもし出しています

 

 

そしてお施主様も

お気に入りの部分なので

 

天井裏に隠すなんて

もってのほかですパンチ!

 

 

聞けばお盆やお正月には

 

ご親戚やお子さんご夫婦

そしてお孫さんまで

 

沢山の方が集まられそうで

 

 

 

そんな時に皆さんが

 

●懐かしんでもらえるような

●リフォームして良かったね

 

と言ってもらえるような

空間になればと思い

 

 

 

コチラの丸太梁を

まずは丸裸にします下矢印

 

 

119年の汚れを

洗って取り除き下矢印

 

 

 

綺麗にお化粧し直して

あげるために

 

今まで塗られていた

古い塗料も削りとります

 

 

 

するとこんな状態に下矢印

 

 

丸太本来の色の姿になり

 

なんだか寒そうに見えるのは

私だけでしょうか爆  笑

 

 

今まで100年以上

家を支えてきて

 

人間でしたら

ヨボヨボのおじいちゃん(?)ですが

 

 

水に濡れ続いてない状態の

木材でしたら

 

まだまだバリバリの現役選手アップ

 

 

これから100年でも

余裕で頑張ってくれますグッド!

 

そんな彼(?)には

 

ヒーローとして

スポットライトを浴びて欲しくて・・・

 

 

はい

 

 

実際にスポットライトに

当たってもらうことにしました下矢印

 

 

だいぶん全体のカタチも

出来仕上がってきた

 

コチラのお宅

 

 

いよいよ完成した様子は

次回お伝えします

 

 

 

毎回見て下さってる方

長~く引っ張って御免なさいあせる

 

 

 

ではまた おしまいkirakira*

 

 

 


 


小倉建設は一緒に働いてくれる
大工さんを募集しています

 

●大工をやりたい(なってみたい)
または
●今までの大工経験を生かしたい

という方

または興味が湧いた方
一番下の問い合わせ先まで

ご一報くださいやじるし


小倉建設は

お客様の
わくわくしちゃう住まい造り家
一緒にしてくれる仲間を
待っていますキラキラ☆


 


 


お問い合わせなどは下記まで
    ココ      ココ     

有限会社 小倉建設 

〒729-1405

広島県三原市大和町上徳良4015

TEL: (0847) 33-1566

FAX:  (0847) 33-1588 

 

3代目専務: 小倉一弥

 

Eメール: ogu-ogu@mail.mcat.ne.jp

 

ホームページ: http://ogura-kensetsu.com

小倉一弥さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ