寒いときはヒートショックにご用心。。 | 三原・東広島で和の家を建て続け68年 和風×モダンな住まいづくりの小倉建設

テーマ:

Vol.748 (016)

 

 

みなさん

お疲れ様です

 

「日常を楽しくする」を創造し

「夢と感動」を提供する工務店

 

㈲小倉建設の

三代目専務こと小倉一弥です

 

 

もう4月の11日というのに

東京では雪が降ったようで

 

桜が咲いてるというのに

チョット考えられませんね

 

 

年々異常気象が

進行してるのでしょうか

 

 

私の住む大和町も

昨日は結構冷え込み

 

咲いてる桜も

可哀そうでしたわ~

(昨日の近所の様子)

 

 

 

 

たまらず

家へ帰ったら早々

お風呂に入りました

 

 

冬の時期に戻ったかのように

湯船につかると

 

ああああいいいやぁぁぁ~笑い泣き

 

 

と訳わからん声が

出てしまいます

 

 

 

最近連載で

お伝えしている現場

 

100歳を超えるお宅を

リノベーション工事

 

 

コチラのお風呂も

とっても寒々しい状態でした

 

(昨日のブログはコチラから下矢印


 

 

そのお風呂・・・

 

 

どのような状態だったかと

言いますとダウンダウン

 

 

見るからに寒々しい

タイル貼りの在来お風呂あせる

 

 

おまけに

トイレも同じ空間にあるため

 

無駄に広い

お風呂の状態でした

 

 

広さにして

タタミ3~4枚分の広さです

 

 

実は今回工事の

要望のメインでもあるのが

 

お風呂を新しくしたいベル

 

というお気持ちがありました

 

 

 

お施主様も

 

今までず~っと

寒いの我慢して

入浴されていたようですが

 

歳を重ねるにつれて

もう限界・・・と感じられ

 

 

おまけに

ヒートショック現象で

 

もしもの事が起きたら大変です

 

ヒートショックとは・・?コチラをクリック!左矢印

 

 

 

そこで広すぎる

お風呂兼トイレの中に

 

新たな壁を設けて下矢印

 

 

お風呂とトイレを

別々に設ける事にしました下矢印

 

 

工事も進行して

 

お風呂を組み立てる業者さんと

ウチの大工さんが

お互い状況を確認し合っています

 

 

 

システムバスの部材を

一つ一つ手で搬入して下矢印

 

 

組み立てていくわけです下矢印

 

 

 

そして出来上がった

お風呂がコチラです音譜

 

 

ビフォー下矢印

 

 

アフター下矢印

 

 

 

今度は暖かくて

お手入れもしやすい

 

キレイなシステムバスに

生まれ変わりましたアップ

 

 

これで寒い冬になっても

お風呂に入るのが

楽しみになる事と思います

 

 

 

ではまた おしまいkirakira*

 

 

 


 


小倉建設は一緒に働いてくれる
大工さんを募集しています

 

●大工をやりたい(なってみたい)
または
●今までの大工経験を生かしたい

という方

または興味が湧いた方
一番下の問い合わせ先まで

ご一報くださいやじるし


小倉建設は

お客様の
わくわくしちゃう住まい造り家
一緒にしてくれる仲間を
待っていますキラキラ☆

 

 


 


お問い合わせなどは下記まで
    ココ      ココ     

有限会社 小倉建設 

〒729-1405

広島県三原市大和町上徳良4015

TEL: (0847) 33-1566

FAX:  (0847) 33-1588 

 

3代目専務: 小倉一弥

 

Eメール: ogu-ogu@mail.mcat.ne.jp

 

ホームページ: http://ogura-kensetsu.com

小倉一弥さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ