バリアフリーって本当に安心?? | 三原・東広島で和の家を建て続け67年 和風×モダンな住まいづくりの小倉建設

テーマ:

 

Vol.705

 

 

みなさん

お疲れ様です

 

広島で400棟以上の
木の家に
たずさわってきた工務店

㈲小倉建設の小倉一弥です

 

 

ゴールデンウィークも

明けてから2日経ち

 

お休みモードだった気分も

そろそろ日常復帰する頃でしょうか

 

 

 

わたくしは

 

この連休はあまり

お出かけなどしない

ほぼ日常と変わらない生活を

送っておりました

 

 

普段のペースが

大きく変わるので

 

何かつまずいてしまうあの感じ

 

連休明け独特の

気だるさは苦手ですわ~う~ん

 

 

住まいの中においてもいえ

 

 

つまづくコトは

多々ありますよね

 

 

例えば築年数の長い家では

敷居(しきい)の段差であったりとかあせる

 

 

そんな段差のある

煩わしい生活から

開放されたいから

リフォームするんだアップ

 

というバリアフリー的な

お考えの方が多いのも事実

 

 

 

たしかに家の中に

段差が無くなれば

 

つまずいたりする

危険性も激減です合格

 

 

 

最近ブログでも連載でお伝えした

 

築50年のお宅の

キッチンお風呂を

リノベーション工事

 

前回までのお話はコチラから↓


 

 

コチラのお宅も

こんな大きな段差が

リビングダイニングの

ど真ん中にありました下矢印

 

 

約40cmですわガーン

 

 

そして仕上がりは

このような状態に下矢印

 

 

 

ん?・・・・

 

 

段差が完全に

無くなっておりませんね

 

テレビのリモコンぐらい(15cm)の

段差がまだ残ってます下矢印

 

 

 

 

実はコレ

リフォームには

よく起こり得るコトなんですひらめき電球

 

 

リフォームは新築と違い

撤去できない柱や梁があるなどして

 

全て自由になるわけではありません

 

 

今回もココの天井が

他の部分よりも

どうしても低くなってしまうコトに下矢印

 

 

床はもちろん

バリアフリーにも

出来るんですが

 

 

一概に床の高さを揃えると

天井の高さが2.1m程度と低くなり

 

逆に不便な結果にもなるんです叫び

 

 

どちらが良いか検討して

 

床に段差をつけるコトを

お施主さまにも提案しましたポイント

 

 

良い事ばかりに感じる

バリアフリーも

デメリットがあります

 

 

 

何故かというと

 

 

敷居はじめ階段などの

障害物(バリア)がある生活は

 

気付かぬうちに

毎日のトレー二ングにも

なっているんです

 

 

転倒しないように足をあげたり

 

つまりチョットした

筋トレみたいなモノ

 

 

身体が元気な(若い)うちから

バリアフリーに慣れてしまうと

 

その筋力も

落ちてしまう事にもなるんですダウンダウン

 

 

バリアフリーならぬ

バリアアリーのすすめですニコ

 

 

さいわいお施主様も

全然構わんよ~

というご意見

 

 

逆に段差があることで

メリットもありますひらめき電球

 

 

部屋の中で

 

段差の違いによる

目線の差が出来ると

 

目の錯覚で部屋の広さも

より大きく感じるんです

 

 

チョット写真じゃ

分かり難いかなあせる

 

 

一概にバリアフリーが

全て良いという事もありません

 

 

段差によって

空間がより豊かに

感じるコトもあります

 

 

その場にある

より良い住まいの

カタチをご提供する

 

そんなお手伝い

させていただいております

 

 

 

 

 

ではまた おしまいkirakira*

 

 

 


 


小倉建設は一緒に働いてくれる
大工さんを募集しています

 

✔大工をやりたい(なってみたい)
または
✔今までの大工経験を生かしたい

そんなヤル気のある方は
一番下の問い合わせ先まで

ご一報くださいやじるし


小倉建設は

お客様の
わくわくしちゃう住まい造り家
一緒にしてくれる仲間を
待っていますキラキラ☆

 


 


お問い合わせなどは下記まで
    ココ      ココ     

有限会社 小倉建設 

〒729-1405

広島県三原市大和町上徳良4015

TEL: (0847) 33-1566

FAX:  (0847) 33-1588 

 

3代目専務: 小倉一弥

 

Eメール: ogu-ogu@mail.mcat.ne.jp

 

ホームページ: http://ogura-kensetsu.com

小倉一弥さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス