コレも寒さ対策なんです(^^) | 三原・東広島で和の家を建て続け68年 和風×モダンな住まいづくりの小倉建設

テーマ:

Vol.518


 

皆さま お疲れ様ですアゲアゲ↑↑

 

広島で400棟以上の
木の家に
たずさわってきた工務店

㈲小倉建設の小倉一弥です

 

 

 

ん~・・・

 

やっちまった・・・

 

 

なんだかノドの調子が

悪いんですよショック

 

 

まだたいしたことは無いけど

いつものパターンなら

この痛みがだんだんと

悪くなり

 

しばらく

引きずってしまうんですよね・・・ドクロ

 

 

 

最近は

昼は寒くなくても

朝晩が冷え込むので

体調崩してる人も多いようですポイント

 

 

 

朝起きたら

家の中も寒くなってきたしなぁ

 

 

 

でもまだイイほうでしたアセアセ

 

 

 

最近ブログでお伝えしている工事
 

和風建築の
エンガワの大改修工事

 

 

前回までのお話しはコチラをクリッククリッククリック


 

 

 

 

建ててから

約50年が経過する

コチラのお宅

 

 

窓は昔のままの

木製なんですあせる

 

 

 

木は風情がある~

 

 

とは言いますが

昔の造りなので

 

✔気密性はなく

スキマ風が入り放題あせる

 

 

工事を依頼されたお施主様は

Uターンで最近帰って来られたお方

 

 

今まで里帰りしてても

冬の寒さが

耐えられなかったとの事ショック

 

冬の時期は

息を吐いても

白くなっていたそうで叫び

 

 

という事で

柱も取り替えていますが

 

寒さ対策の工事

あわせて進行

 

 

 

どうするかというと

 

ビフォー下矢印

 

 

アフター下矢印

 

 

 

ちょっと

分かりにくい写真かな苦笑

 

 

はい

アルミサッシに交換取り付け~

 

 

これで

スキマ風はなくなったし凸

 

かたくて動かなかった

木の扉とちがい

スーイスーイと

サッシが動いてくれますアップ

 

 

いままでは

柱が傾いていたので

鍵をかけるのも

大変だったそうですショボーン

 

 

 

そしてお施主様が

いちばん

気にしておられた耐震性ポイント

 

 

いままで

柱がほとんど無い

エンガワの状態から

 

 

肝心である

角の部分に壁を作りアップ

 

ビフォー下矢印

 

アフター下矢印

 

 

 

もちろん壁の中には

筋交いもはいってますベル

 

 

 

だいぶん

生まれ変わってきましたねキラキラ

 

 

当初は

どうなることか不安そうに

工事を見ておられたお施主様も

 

この状態になったら

だいぶん安心された様子爆笑

 

 

だんだんと

完成形が見えてきましたkirakira*

 

 

 

 

 

ではまた おしまい

 

 

 

 



小倉建設は一緒に働いてくれる
大工さんを募集しています

 

✔大工をやりたい(なってみたい)
または
✔今までの大工経験を生かしたい

そんなヤル気のある方は
一番下の問い合わせ先まで

ご一報くださいやじるし


小倉建設は

お客様の
わくわくしちゃう住まい造り家
一緒にしてくれる仲間を
待っていますキラキラ☆

 


 

 

 

 


お問い合わせなどは下記まで
    ココ      ココ     

有限会社 小倉建設 

〒729-1405

広島県三原市大和町上徳良4015

TEL: (0847) 33-1566

FAX:  (0847) 33-1588 

 

3代目専務: 小倉一弥

 

Eメール: ogu-ogu@mail.mcat.ne.jp

 

ホームページ: http://ogura-kensetsu.com/