ニト茶ぐま斎の賃貸契約 | ニト茶ぐま斎の日記

ニト茶ぐま斎の日記

ニト茶ぐま斎が、がおがおとほえる。ほえる。ほえる。
脱線しがちな茶ぐま斎。
ニト馬子との生活日記のはずだが…
たたかえ! 茶ぐま斎 あらがえ! 茶ぐま斎!


テーマ:

「茶熊斎」と俺は名乗った。

熊になりたかったし、

他の熊より偉そうにしたかったし。

 

偉そうな名前をつけたまではよかったが、そこまで。

ニトはニトのままだった。

 

まあそれもよし、俺は熊として妻である馬子と馬小屋で仲良く暮らしながら、

たまにガオガオと山に向かってほえていれば、それで満足だった。

 

ところが、年明けから馬子の体調がすぐれない日々が続いた。

 

俺はそのころから「ほぼ」がとれたニト茶ぐま斎になりつつあったが、

特に気にも留めずに、ほえていた。ガオガオ。

いや、正確には、ほえるために必要な心構えを体得するために、

「5つの精神」とは何かについて指折りながら考えていた。

 

1つめは・・・愛だな。

2つめは・・・情熱だな。

3つめは・・・決断だ。

4つめは・・・冷静だ。

5つめは・・・自信だろう。

 

いや、決断の前には冷静が必要だろう。

自信は最初に持ってきたほうがよいのではないか。

そもそも愛って何だろう?。

 

そんなことを考えて過ごすうちに、

馬子は、新しい馬小屋の賃貸契約を済ませてきた。

それはたしかに、馬小屋だったのだが、

俺こと、茶ぐま斎名義の賃貸契約は、

たしかに俺が契約したものだった(俺は熊だが日本語が書けるんだ!)

 

そう、それは馬小屋だ。

俺と馬子と子熊の住処。

 

4月上旬になって馬子がバイトの面接に行くと言い出した。

 

これまでを振り返ると、

俺には少々、馬子を思いやる気持ちに欠けているところがあったかもしれない。

が、子熊の存在が教えてくれた。

俺の、ニト茶ぐま斎としてのプライド、そんなものは、

豚に喰われてしまえばいいんだということを教えてくれた。

 

ありがとう、子熊。

子熊? お前は本当に子熊なのか。

馬子から生まれるのに、本当に子熊なのか?

たとえ、子熊じゃくて子馬になったとしても、

お前には、夜空に輝く星のような名前を与えよう。

 

 

おどる熊

シャケの缶詰が必要だ。

俺は腕に自信はあったが、

一度も川でシャケを捕ったことがない。

だから、去年まではシャケの缶詰工場で働きながら、

時給換算で10個のシャケ缶をもらっていました。

 

それを元手に川岸へ向かい、

モノホンのシャケを捕ろうと何度も試みた。

だが、そのたびに失敗して、持っていたシャケの缶詰をきれいさっぱり川に流した。

そんなときほど、俺は上手くほえることができるような気がしたけれど、

シャケもシャケ缶も手に入らなった。

 

それでは、聴いていただきましょう。

ほぼニト茶ぐま斎さんで「ワナビーブラウン」

 

♪ワナビーブラウン

 

 

「ニト茶ぐま斎の賃貸契約」の原稿です。

いかがでしたか?

 

ボイスストアららんにてサウンドコンテンツを発売中!

https://raran.jp/

 


 

尾ぐねさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ