あなたを「自分で願いを叶える人」にする
ライフコーチ。カウンセラーのおぐち恵子です。


昨日、今年初のメルマガをお届けしました。
読んで下さっている方がいらっしゃるのが
何よりの励みです。


とは言え、実はブログやメルマガを書いていても
「何か以前のようにサクサク進まないなあ」
と思ったりすることがあります。



8ケ月のブランクは
思ったより長いみたいです。


この感じって、
何かに似てると思ったら
育児休職から復職した時の感覚なのでした。


「もっと仕事をやれるはずなのに、やれない。」
「こんなものでは満足できない。」
「こんな自分じゃダメだ」

育児休職明けで復帰した自分は
当時そんな風に思っていました。


何せ、分割前のNTTの本社で
男性社員と一緒に深夜まで働くことが
スタンダードだったので
「当たり前」がとてつもなく高いハードル。


今は、そう思えるのですが
当時は自己否定の嵐で。


睡眠時間1時間で企画書を作ったり
していました。


早く元のように
「働きぶりに満足できる自分」
になりたかったのです。



でも、そんな頑張りには当然限界が来て。


埼玉に住んでいたから通勤片道2時間、
保育園児2人のワーキングマザー
ピアノも習わせる教育ママで
夫のサポートなし。


無理に決まっているのに
当時はそう思えなくて
全部こなしたくて。
毎日が辛くて辛くて仕方なくて。


ある冬の朝、
通勤電車のホームに立っていたら
向こうからくる電車を見て


「このまま身を投げたら
この辛さから解放される。
楽になれる。」と思い
ホームの底に吸い込まれそうになりました。



都会では、電車に飛び込む人が
毎日のようにいますが

それは意を決してそうしているというよりも
「苦しい。会社に行きたくない。
楽になりたい。」から
吸い込まれるようにそうするのだと思います。


そんな風に電車に吸い込まれたくなる感覚を
救ってくれたのは
他でもない、当時保育園児だった子どもたち。

「まだ幼いこの子たちのために、今死ねわけにはいかない。」

そう思い、今度は意を決して
「もう無理だ」と上司に話し
病院に行くことにしました。


勇気がいりますよ、
上司にメンタルの状態を話すのも
病院に行くのも。


でも、それができなくなると、
電車に吸い込まれるまで
仕事と育児と家事など
沢山の義務をこなすことになってしまいます。


ブランクがあると
残念ながらキャリアのステップは後退します。

自分はとどまっていても
世の中は動いているから、仕方ないのです。


もどの段に上りたければ
また一歩ずつ進むしかない。
でも、焦らずに着実にが大切。


私は、早く元に段に行きたかった。
可愛い子どもたちに恵まれたのに

持っているものではなくて
失ったものにだけ目を向けていたからです。



1段飛ばし、2段飛ばしで登りたくて
焦った結果、落ちてしまったわけです。



育休明けから1年半ほどで、
私は、半年もの間会社を休職することになりました。

18年前のちょうど今頃。
1月のことです。


例え、自分のイメージ通りの結果が
すぐに得られなくても

あなたには、焦らずに1歩1歩進んでほしい。
そう思います。


そして、生きてさえいれば
必ずリカバリーできるし
先へも進める。



一歩一歩進むことの良さは他にもあるので
続きは、また明日。



ただいまは、電話メインで
セッションを行っています。

電話カウンセリングサイト
「ボイスマルシェ」であれば
急にご相談したい!という場合でも
当日予約もできます。

ボイスマルシェ経由でのご予約はこちらからどうぞ。
https://www.voicemarche.jp/advisers/402

ボイスマルシェは匿名相談になるので
直接話がしたい方

対面のセッションをご希望の方は
(銀座・有楽町周辺の個室のカフェなどを予定しております。)

お申込みは、こちらからどうぞ。


詳しくは、今後ブログでもお知らせしていきますね。


あなたが「本当のあなたらしく」いられますように。
今日もご覧くださり、ありがとうございました。


■自分らしい最高の幸せを手にするヒント■