災害を体験してソナエント♪ | おぎ村ふみ規オフィシャルブログ “廿日市で『懐かしい未来』づくりを!

おぎ村ふみ規オフィシャルブログ “廿日市で『懐かしい未来』づくりを!

“廿日市で新しい未来ではなく、『懐かしい未来』をつくるべく、奮闘する広島県廿日市市議会議員のブログです!


テーマ:
こんにちは!
荻村文規(おぎむらふみき)です。


今朝の日本経済新聞、
NIKKEIプラス1




全国に150以上ある防災教育施設を専門家がランキングをつけられとりました。

1位は神戸市の『人と防災未来センター』!


冒頭の写真にあるように
津波をリアルに感じられる施設で、年間約50万人が来場され海外からの観光客の方も大変多いそうです!




僕が気になったのは、コレ☝️ 






首都圏直下型地震に備えた施設で、映画『シン・ゴジラ』でも使われた、オペレーションルームは地震発生時には何と国の緊急災害対策本部になるそうです!

スゲー!!



この施設は、地震発生から自力で生き抜く限界と言われる72時間を体験学習するゾーンもあるそうです!


こちらも外国人の来館者が多く、日本の防災教育施設への関心の高さがうかがえますね!



ワシらのまち廿日市には、こういった防災教育施設がありません。

広島市には
なるものがありますが、

楽しみながら防災を学べるというよりも、役所のお堅い教育施設といった感じで、日祝はお休みです😢



昨今、公共施設を新たに作るのは無駄なのでやめよう!
新しく作ってはならない!

という風潮が非常に強いです。



ただ、廿日市どころかお隣の広島市にも楽しみながら防災を学べる施設がないのであれば、僕は是非作るべき!と考えます。



廿日市単独ではなく、
国土交通省や広島県と連携すれば財政的な負担も軽くなりますしね!




記事にもありますように、外国人の方からの関心も非常に高い、教育防災施設。


広島は土砂災害が多い地域ですから、土砂災害を疑似体験出来て楽しく学べる施設があれば、地域の方のみならず、インバウンドで宮島を訪れる皆さんにも喜ばれる施設になると確信します!



廿日市に防災教育施設を!



は、廿日市消防本部の
公式広報キャラクターです!



感謝!荻村文規

地域の良さを引き出す、汗かき人!おぎ村ふみ規さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ