皆さん、おはようございます。生活保護費の支給額の大幅カットを10月からする予算は国会を通過してしまい、このままでは実行されてしまいます野党が森友や加計問題で審議拒否をしていましたが世論の反発で国会の審議に復帰します。

  そのこと自体はいいのですが、野党は働き方改革の審議をするというだけで、生活保護費の支給額の大幅カットについて審議する気はないようです。ひどい話です。実行は10月なので今から修正協議をすれば生活保護費の支給額の大幅カットをなくすことは不可能ではありません。このことは今の野党が生活保護について本気で考えていないからだといえます。
   そうなりますと、政治家に期待できないとなれば自分で生活を守っていくしかありません。そのためには生活保護に関する正確な知識を持たないと大変なことになります。本来は市役所の生活保護を担当するケースワーカーに聞けばいいのですが、結構、間違った説明をするケースが見られます。
  はっきりいって困った事態です。私は市役所で11年間ケースワーカーをしてましたので生活保護のリアルな表から裏までわかります。ぜひ動画やブログやツイッターをごらんください。コメントもできます。一人で悩まないでください。よろしくお願いいたします。