Fishing Spirits

Fishing Spirits

~たかが釣りされど釣り~


テーマ:
今年最大の遠征。

「高知県 アカメ」

昨年は、奇跡的な状況に出会し、4度のコンタクトの内、2本のアカメと出会うことが出来た。

今年はすれ違ってしまった、あの2本の大型アカメと出会うため車を走らせた。

今回は、私が人生の転機を迎え、高知遠征は人生で最後となってしまうかもしれないと言う、特別な遠征となった。

そんな遠征に付き合ってくださったのは、「ザワ師匠」氏と「つれまへん瀬野」氏。


男三人。
そして、ザワ師匠とは往復2500キロの車の旅。

直前の西日本豪雨では、甚大な被害が放送されているが、高知は雨量こそ多かったが、被害はそこまでではないと連絡を受けての出発となった。


ザワ師匠の見たかった景色。
テンションが上がり子供のような目をして高知に到着。


すぐさま向かったのは、桂浜水族館。
アカメの生態を垣間見れ更にテンションが上がったザワ師匠。


その上がったテンションを維持させるべく、定番の食いしん坊如月で空腹を満たす。モチロン師匠はスーパービッグ。

そして、決戦の舞台へ。

しかし暑い。
34℃は東北と比べ物にならないほどの暑さで、飲み物は勢い良く無くなっていく。

ゴミが有り、やりにくい状況の中、ザワ師匠に来た衝撃。

夕日に照らされたシルエットと紅く光る目。
それはまさしくアカメ。

しかし、残酷なものでロッドのテンションが数秒後に抜けた。

残念。


その後、初日を終えようとしているとき、ストラクチャーの影から飛び出した魚。
エラアライの固さ、早さこれもまさしくアカメ!

あと50センチと言うところで、杭に巻かれた。
杭がアカメに揺さぶられ、動いている。
ライトを照らすと目が赤い。


その後、杭は揺れなくなり、ライトを付けると魚は居なくなっていた。

初日から二人ともコンタクトを得ることが出来たが、二人ともバラシてしまった。

つれまへん瀬野氏は鱸。

初日にコンタクト出来たのは期待がもてる。

そう話し初日は終了。

2日目に続く…

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス