函館日帰り桜の旅~その1 | セカンドビギナーのゆるラン日記

セカンドビギナーのゆるラン日記

40代はそれなりに記録をめざし、ウルトラマラソンをめざし、走っていました。しかし還暦近くなると、体のあちこちが痛くなり無理が効きません。そこで走る目標を変えて、ゆるゆると走ることにしました。そんなゆるランの様子を書いていきます。   by Ogaman(おがまん)


テーマ:
 まだ伊達の完走記は書き終えていないし、市民健康マラソンの完走記はとりかかってもいないけど、そこにもってきて昨日の日帰り旅のことも書きたくてたまりません。優先順位をつけて書かねばなりませんね。

 となると、マラソンの完走記よりも旅行記の方が鮮度は重要ですね。ということで、これを最優先に書こうと思います。

 朝、いつものように東室蘭駅から室蘭駅まで通勤しようとしたときです。こんなチラシを発見しました。

 4月29日から5月7日まで、函館に日帰りで桜を見に行こうという企画です。往復JR券と桜の名所を巡るツインクルバス、それにランチがついて札幌発着15,300円。東室蘭からだと2,600円引きとなって12,700円です。これはもしかして、お得な企画ではないでしょうか?

 列車限定であり、行きはスーパー北斗2号。帰りはスーパー北斗19号、21号、23号のいずれかです。スーパー北斗2号は札幌発6時と早いのですが、東室蘭は7時18分ですからそんなに無理な時間ではありません。

 奥さんに話したところ二つ返事でOKが出て、早速申し込みました。この時点で函館の開花予想を調べると、満開は4月29日、30日頃とのことでした。ということで、ツアー初日の4月29日に行くことにしました。帰りは函館滞在を少しでも長くするため、スーパー北斗23号です。

 しかし問題は天気です。雨だけは勘弁してほしいと思ったのですが……10日間予報が発表されてから、どうしたことか29日が一番悪いという状態が続きます。なぜか29日にだけはずっと傘マークが……。出発前日の28日になっても、函館の予報は曇り一時雨。一時間予報を見ても、10時から15時まではずっと雨。時間雨量も2~3ミリと、本格的な雨が降る予報です。

 でもこればかりはどうしようもありません。心の準備をしていくしかないでしょう。一番の楽しみは昼食に切り替えました。

 そうして迎えた4月29日の朝。室蘭は快晴です。この天気が続けばいいのですが、予報ではそのあと一気に崩れるようになっています。ただ一時間予報を見ると、雨が降る時間は変わりませんが、時間雨量は0ミリとなっています。そんな程度の雨ならさほど苦になりません。ちょっと安心しました。

 朝、コンビニに寄って朝食を買い込んでから東室蘭駅に向かいます。そして列車を待ちました。やがて入線してきたスーパー北斗2号に乗り、函館に向かい出発します。

スーパー北斗2号

 室蘭から函館までは2時間あまり。到着までの間はずっと青空が広がっており、車窓風景を堪能できました。この天気が少しでも長く続くことを祈りながら。

 函館に到着して、指定された集合場所に向かいます。待っている間に旧函館駅の記念碑を眺めます。

函館駅

 やがてガイドさんが現れて、ツインクルバスに案内されます。

ツインクルバス

 乗車したのは10名。参加者の少なさに驚きました。

 最初に訪れたのは函館公園です。ガイドさんの話では少し色づいているとのことでした。たしかに、日当たりがいいところなどは多少咲いていますが、まだ蕾のままの木もあります。それでも雨で十分に見られないことを想定していましたので、これだけ見られれば十分に満足です。

函館公園の桜

 次に向かったのは函館山です。函館山には中学の修学旅行以来ですから、実に40数年ぶりです。しかも昼間の函館山は初めてです。高所恐怖症の私にはつらさもありますが、いちばん高いところまで行って景色を楽しみました。

函館山からの眺望

 そのときガイドの方でしょうか、「ロープウェイに人が乗っているのわかりますか?」と聞いています。ロープウェイに人が乗るのは当たり前だろうと思いましたが、乗っている場所が当たり前ではありませんでした。

人が乗ってる

 函館山を終えると昼食です。昼食は函館朝市の中にある栄屋です。生物がダメという方以外は、海鮮三色丼です。8種類のネタから好きな3種を選び、丼を作ってもらいます。

海鮮三色丼

 大変美味しくいただきました。(つづく)


『うつ病ランナー サロマを走る』 絶賛発売中です。

うつ病ランナー サロマを走る【電子書籍】[ 小笠原 章仁 ]

¥486
楽天







Ogamanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス