セカンドビギナーのゆるラン日記

40代はそれなりに記録をめざし、ウルトラマラソンをめざし、走っていました。しかし還暦近くなると、体のあちこちが痛くなり無理が効きません。そこで走る目標を変えて、ゆるゆると走ることにしました。そんなゆるランの様子を書いていきます。   by Ogaman(おがまん)


テーマ:
(4)アクシデント

 今回は全力で走ります。しかしそれは全力疾走ではありません。やみくもに全速力で走っては最後までもちません。1周2キロのコースで最大限のパフォーマンスを発揮するために、しっかりとマネージメントした走りをしなければなりません。

 なんてことを頭では考えていますが、その通りになんかできっこありません。だいたいの感覚で走るしかありません。ただ前半は押さえた方がこのコースでは結果を出せる、ということはなんとなくわかっています。

 目標とするのは1周目のタイムです。しかし時計を持たずに走っている私としては、あくまでも感覚に頼るしかありません。上りのトンネルでは増量している体を呪いながら苦しみましたが、そこから先は呼吸を整えつつ上手に走れているように思えました。

 なんとか足は前に送り出していますが、キロ5分を切るようなペースというのは今の私には負荷が大きすぎました。だんだん呼吸が苦しくなってきます。このくらいのペースでこんな状態になっているようでは……と、いいときの自分の姿がいまだに頭に残っている私は、今の自分の姿が情けなく思えてしまいます。しかしこんな状態が何年も続くと、残念ながらこれが今の現実だと冷静に認めている自分もいます。走りながらそんな葛藤に襲われます。

 コースは後半になり、下りメインのコースとなります。1周目のときは下りの急勾配でまったく制御がきかなくなり、全速力で駆け下りるようなことになってしまいました。そのため最後の500メートルは大変な思いをしながら走らねばなりませんでした。

 しかしこの下りを走るのも今日は3度目です。だんだん走り方がわかってきました。必要以上にブレーキをかけないように注意しながら、でも制御が利かず全力疾走になることを避けながら下っていきました。

 なんとか上手に走ったつもりでしたが、やはりラストの500メートルでは足が止まりそうになってしまいます。

 結局どんな走り方をしても最後は苦しむんだな……。私は苦笑をしながらアリーナへと続く通路に入りました。

 たすきを渡せばビールを飲める!そのことを楽しみにここまで頑張ってきました。しかしその頑張りも限界です。ビールよりも何よりも、とにかく休みたい。最後はその一心で走っていました。

 アリーナ内に入り、リレーゾーンを目指します。そしてぷーさんになんとかたすきを渡し、3度目のお勤めを終えました。

 もう体はヨレヨレです。よたよたしながらLRS北海道の陣地に戻りました。階段をあまり上がらなくてもいいというのは本当に助かりました。

 ここで財布を取り出してジンギスカンコーナーまで歩いていってビールを買う、という予定でしたが、とにかく座りたくてたまりません。ひとまず腰を下ろして呼吸を整えます。ところがひとたび腰を下ろしてしまうと、お尻に根が生えてしまいました。ビールを飲むより座っていたい……。思った以上に体は消耗していました。

 もうビールを飲むどころの騒ぎではありません。次の周回を走れるかどうか、そんな感じになってきました。

 あれだけ苦労をして走った3周目ですが、速報を見るとタイムは9分44秒でした。ギリギリ10分を切っていますが、1周目より12秒劣るタイムに終わってしまいました。1周目の自分には勝つつもりでしたが……。ちょっとがっかりしました。

 3周目を終えたタイムは3時間05分18秒でした。3周目の合計タイムは1時間02分58秒です。前の周回より44秒余計にかかりましたが、ほぼ同じペースを保っています。しかし次の周回も同じペースで走るような自信は、私にはまったくありませんでした。

 しかしそんな私とは違い、ほかの皆さんは4周目に入っても変わらぬ走りを続けています。ところが私の気づかないうちに、アクシデントがわがチームを襲っていたようです。

 ほかのメンバーと話していると、誰からともなくdaroさんを気づかう言葉が聞こえてきました。なんでもdaroさんは2周目の終盤で足を痛めているようです。そのため3周目は時間もかかってしまいました。

 4走のフリージアさんが戻ってきて、daroさんにたすきが渡りました。しかしその走りは、明らかに本来の走りではありません。痛々しい走りです。

 これではもうこれ以上無理をさせるわけにいきません。この周回を終えたらdaroさんには休んでもらうことにしました。その代わりに、3時過ぎに帰らねばならないぷーさんが次は2周することになりました。

 みんなで話し合ってそこまで決めて、私はリレーゾーンに向かいました。(つづく)


(1)今年も6時間
(2)練習不足を実感する
(3)カメランからビーランへ


(5)苦しむ終盤


『うつ病ランナー サロマを走る』 絶賛発売中です。

うつ病ランナー サロマを走る【電子書籍】[ 小笠原 章仁 ]

¥486
楽天







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 今日は幌別往復の23キロをしたい……と考えていましたが、わずか7キロの帰宅ランでヒーヒーいってる現状では、いきなりの23キロは無謀です。今日は最低ラインだけ10キロと決めて走ることにしました。

 ただコースは全然考えていません。中島神社のお祭りなので、帰りに寄ってくるかということだけを考えてスタートしました。

 まず東に向かい、鷲別駅まで行きました。これから折り返して東室蘭に向かうか、あるいは室蘭工大へ向かうか……でもどうせなら登別に向かってみたらいいじゃないか、ということで、さらに東へと向かいました。

 すると「若草夏まつり」という幟が立っています。その幟に誘われるように走っていくと、「グリーン・ピア サマーフェスティバル」が行われていました。中島神社のお祭りでビールを飲もうと思い千円札を1枚だけ持ってきていたのですが、予定より早くこちらでビールを買ってしまいました。

おまつりステージ

露店

ビール

 そんな私を見て、「お兄さん、ビールのつまみにキュウリはどう?」と声をかけてくる母さんがいます。キュウリの漬物を割り箸に刺して売っていました。母さんの誘惑に負け、キュウリも買ってボリボリ食べながら飲みました。

 飲み終えてから走るとペースも上がって快調です。……種明かしをすると、往路はまともな向かい風だったため復路は追い風に変わったというのがペースアップの理由です。

 なにはともあれ、あてなく走ったにしてはとっても充実したランとなりました。やっぱりこういうランニングがいいですね。

コース

高低

(ラップタイム)

1km 7分10秒
2km 14分17秒(7分07秒)
3km 20分55秒(6分38秒)
4km 28分17秒(7分22秒)
5km 35分03秒(6分46秒)
6km 41分28秒(6分25秒)
7km 47分51秒(6分23秒)
8km 54分34秒(6分43秒)
9km 1時間00分37秒(6分03秒)
10km 1時間07分30秒(06分53秒)
10.888km 1時間13分30秒


仮想JR全線走破の旅 2,863.8km/19,882.9km(達成率14.4%)

伊東線

熱海から15.0km

熱海(あたみ) 0.0
来宮(きのみや) 1.2(1.2)
伊豆多賀(いずたが) 4.8(6.0)
網代(あじろ) 2.7 8.7
宇佐美(うさみ) 4.3(13.0)

伊東(いとう) 3.9(16.9)

 伊豆多賀、網代、宇佐美を通過しました。


 LRS北海道は、新たなメンバーを歓迎します。

Let's Run with a Smile!

笑顔でマナーを守って走ることで、

走ることの楽しさを伝えていきましょう!

 というコンセプトで活動してまいります。コンセプトに賛同いただける方の参加は大歓迎です。

 LRS北海道の詳しい紹介は、こちらをごらんください


 登別若草往復ラン 10.888km  1時間13分30秒 110円

 今月の走行距離 25.1km

 Run for JAPAN  110円(現在の累計4,520円)


【公開処刑】
 体重 73.2kg(前日比 -0.2kg)
 体脂肪率 20.0%(前日比 +3.5%)


Let's Run with a Smile!


『うつ病ランナー サロマを走る』 絶賛発売中です。

うつ病ランナー サロマを走る【電子書籍】[ 小笠原 章仁 ]

¥486
楽天








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。