様々な買付 | 20代で高利回り不動産投資に出会い→会社員脱却→大学生になったマイルドな不動産投資家のブログ

20代で高利回り不動産投資に出会い→会社員脱却→大学生になったマイルドな不動産投資家のブログ

始まりは老人介護の現場にいたときのお年寄りの言葉 『あっという間の人生だったな~』
26歳から不動産投資をスタート!!高利回り追求型の不動産投資で3年で会社員脱却を達成!!不動産投資ネタに限らず、ライフスタイルを豊かにしていく情報を発信していきたいと思います^^


テーマ:

 

 

 

 

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

少し期間が空いてしまいましたが前回の続きです。

 

 

 

 

 

 

売却活動をする中で、「融資特約無しでも買付が入るという事自体には期待できない」と感じるのは、特約なしで買付を入れてきても本当に買うつもりがあるのか?と感じる買付に何度か翻弄されたのが理由です。

 

 

 

 

 

 

例えばこういうことがありました。

 

 

 

 

 

 

その時売却中の収益不動産が2つあったのですが、突然、2つ同時に購入するということで特約なし買付が入りました。買付を入れてきた会社は収益不動産を扱う中では大手に分類される会社で経営状態も良さそう。期待を持ちました。

 

 

 

 

 

 

しかし、買付後に様々な質問をメールで小出しにしてきます。その質問は最初の頃は取引に必要だよねと思える内容で細かい業者だなと思える程度でしたが、徐々にこれって取引に関係ないよねと思えるものに変わっていきました。簿価を教えてとか課税事業者がどうのこうのとか。

 

 

 

 

 

 

仲介が答える必要はないと突っぱねても相手は「ウチは年間◯本の取引をしていて、お客さんは皆答えてくれている」みたいな横柄な態度を取る始末で、最終的に送られてきた契約書の特約内容には、当初の話とは違う第三者の為の契約という内容と、土地建物比率を当初のものとひっくり返しているものでした。さすがにこれは笑ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

中間省略での売却が嫌だったということではないですが、対応に悪意を感じましたのでこの購入希望者はすぐにお断りをし、その後それぞれに買主さんがついて高値で売れました。

 

 

 

 

 

 

その他にも特約なしで手付金5万とか、綺麗な買付だけど途中で音信不通などがありました。

 

 

 

 

 

 

このような経験も踏まえ感じたことは、つまるところ、それなりの手付金を頂いて契約しないと一安心はできないということです。契約までの間に交わされる会話や口約束は相手はリスクを負ってないので即撤回ができます。契約し相手方にそれなりのリスクを負って頂けたらようやくお金が入ってくる見込みを実感するくらいが丁度よいと思います。

 

 

 

 

 

 

人気ブログランキングへ

▶▶OGAの不動産投資相談

▶▶Facebook

▶▶シェア伝説ネクスト

 

 

 

 

 

 

 

 

大学生兼不動産投資家さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス