脱ノンバンカー | 20代で高利回り不動産投資に出会い→会社員脱却→大学生になったマイルドな不動産投資家のブログ

20代で高利回り不動産投資に出会い→会社員脱却→大学生になったマイルドな不動産投資家のブログ

始まりは老人介護の現場にいたときのお年寄りの言葉 『あっという間の人生だったな~』
26歳から不動産投資をスタート!!高利回り追求型の不動産投資で3年で会社員脱却を達成!!不動産投資ネタに限らず、ライフスタイルを豊かにしていく情報を発信していきたいと思います^^


テーマ:





人気ブログランキングへ






一昨日、地元の信金で金消契約を結んできた。






僕にとってこの融資は大きな意味のあるものとなる。






これまでノンバンクを中心に借り入れを起こしてきた。キャッシュフローに重きを置きながら物件的、属性的に借り入れをおこすことができるところがノンバンクしかなかったのだ。






〝現金購入→その現金購入物件を共同担保にノンバンク〟
を続け、気付けば1億近くの借り入れをおこしており、ノンバンカー街道を突っ走っていた。






途中、3番抵当まで同じノンバンクでガチガチにロックされている物件を売却した時には、3本それぞれに内入れを指示され、手残り0という不思議な売却を経験し、この時「脱ノンバンカー」という目標を掲げた。






法人の決算を3期終えたところでちょうど魅力的な物件が出てきたので、挑戦の意味を込め地元の信金に3期分の決算書と一緒に物件を持ち込んでみた。






すると、トントン拍子に話が進み、昨日金消契約の運びとなった。






属性のよくない者の不動産投資の初期には必ずといっていいほどノンバンクの門を叩くと思うが、担保、一括返済違約金などがハードなので表向きは自由に見えても裏ではガチガチにロックされる。ただ、期間を長めに設定でき高利回りにつきまとうキワキワ物件に融資をしてくれる(しかも新設法人にも)ので、目先のキャッシュを狙いやすいノンバンクという存在は低属性の救世主という側面があることは間違いない。






ノンバンクで借り入れした高利回りの実績を作り、真面目に申告、納税をし、それを元に近くの信金などから融資を引いていくのが、逆襲組の王道じゃないかなと思う。融資期間が短くなってもこれまでのキャッシュフローが支えてくれる。






これでやっと長かったノンバンクライフを終え、次のステージに行けそうだ。明日決済予定。





いつも応援クリックに感謝^^

↓ ↓


人気ブログランキングへ


▶▶OGAの不動産投資相談

▶▶Facebook









大学生兼不動産投資家さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス