不動産の売却 〜光と影〜 | 20代で高利回り不動産投資に出会い→会社員脱却→大学生になったマイルドな不動産投資家のブログ

20代で高利回り不動産投資に出会い→会社員脱却→大学生になったマイルドな不動産投資家のブログ

始まりは老人介護の現場にいたときのお年寄りの言葉 『あっという間の人生だったな~』
26歳から不動産投資をスタート!!高利回り追求型の不動産投資で3年で会社員脱却を達成!!不動産投資ネタに限らず、ライフスタイルを豊かにしていく情報を発信していきたいと思います^^


テーマ:






人気ブログランキングへ






誰でも知っている大手の不動産企業の売買をやられている方から聞いた話。






その方は大手の看板を利用し自身の不動産投資の仕入れ活動を行っている。






内容はこうだ。






大手なのでだまっていても不動産を売りたいというお客さんがくるのでその査定を定期的に行っている。






その依頼のきた不動産が欲しい不動産で、かつお客さんが相手任せだった場合、ネガティブな言葉を連呼し相場よりも低い価格で値付けをする。






媒介を取り付け2〜3日したら翌日に知り合いの法人さんから買い付けが入ったといい取引を成立させる。
もうおわかりだと思うが、この買主の法人の実質的支配者がその方なのだ。






所有不動産のスペックを聞くと、優良なエリアで一般的には考えられない高利回り物件を所有されていた。






その方曰く、「不動産の知識がなく、身寄りのないおばあちゃん」が仕事がしやすいとのこと。






不動産取引は宅建業法という特別法で法整備を行っているが、その法律では取り締まりのできないラインで、上記のようなことが実際に行われている。






業者単位というよりも、「誰に相談するか」によって不動産の価格が大きく違ってくるケースがあるのが現実なのだ。






この方の話を聞いて、不動産を売却するときは相手に値付けをしてもらうのではなく自分んで値付けをすることが重要だと思った。その為にも不動産の知識、相場感などを知っておく必要があると思った。






いつも応援クリックに感謝^^

↓ ↓


人気ブログランキングへ


▶▶OGAの不動産投資相談

▶▶Facebook











大学生兼不動産投資家さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス