空手道 大船道場 のブログ

空手道 大船道場 のブログ

鎌倉市大船近辺で「空手道 大船道場」という道場をやっております。当道場は武道の平和と強さの心を活かし、皆様の日常を前向きにしていただきたいと願っております。
とても良い雰囲気の道場です(^^)。
心を重視し、基本・型を中心に稽古しております。

コロナ禍と呼ばれる社会になって1年以上が経過しました。

たくさんの葛藤や迷いを感じられた方も多いと思います。

ただ、最近この無駄に長引く騒動に対して「さすがにこの状況はおかしい・・・」と疑問に思われる方が増えてきています。

社会が混乱状態である事は1年前と変わりませんが、それでもテレビや新聞で報道される事を鵜吞みにしてはいけないと気付く人達が増えた事は不幸中の幸いと言っても良いと思えます。

そんな騒動の最中ですが、先日行われた会議でコロナ感染症対策の会長が、

「コロナの終息は国民がインフルエンザと同じだと認識し、不安感や恐怖心がなくなった時ではないか」と会議で発言しました。

気付かれている方も多いと思いますが、当初から言われていたようにメディアが煽るような事態ではなかったという事が明確になっています。

この会長は今まで執拗に危険だ危険だとテレビで強調していた人物です。

もし、テレビや新聞が本当に国民のための組織であれば、こういった事実を取り上げ1人1人の冷静な判断や自由な行動を促そうとするはずです。

しかし、連日のニュースでは相変わらず感染者増加とか、まん延防止法適用だとか不安や恐怖、意見の対立と分断を煽るような報道を続けています。

沢山の人達が苦しんでいても、尚のこと有益な情報を伝えようとしないテレビや新聞の実態がここまで露わになると、ショックを受ける方も多いと思います。

ですが、そこを踏ん張り、これを良い機会と捉え、メディアは国民のためではなく、実際は利権や権力のために活動している機関だという事に気付く事が大切だと思います。

https://youtu.be/j44GUsvuZtk  (国民を騙し続けるメディア)

ここでしっかり事実を受け入れ1人1人が権力に依存しなくなり、自分達の心で判断するようになるという事は、競争社会の価値観から抜け出す事にもつながるからです。

今に始まった事ではありませんが、なぜ日本のメディアは、こうも日本人を貶めるような事ばかりをするのでしょうか。

それは日本のあらゆる分野が戦後の占領政策によって「心」を破壊されてしまった事が大きな原因の一つとなっています。

この問題に1人1人が真剣に目を向けないといけません。

なぜなら今の騒動は利権を欲する人達の思惑によって長引いている側面が大きく、メディアはその事に大きく関与しているからです。

それによってこれだけ多くの人達が苦しんでいます。

このメディアの実態に目を向ける事で、今の私達にとって大切な事は何かを共に考えるきっかけになればと思います。

 

戦後、日本人を真実から遠ざけるために特にメディアはありとあらゆる検閲を受けました。

検閲を通るものといえば、占領軍にとって都合の良い情報ばかりにされていきました。

GHQの占領政策の主な目的を和訳した文章にこうあります。

 

「真に日本人を支配し洗脳するためには自分達の過去に嫌悪の念を植えつけ、同時に戦争という言葉だけで目を背けるようにしていく。

そして、それが我々GHQに押し付けられた価値観ではなく、日本人が自らその事を選択したように思い込ませていく。

何故なら日本人がGHQに無理に押し付けられた価値観だと明確に自覚してしまえば、日本人は再び自立して立とうとする。

しかし、「自発的変身」だと信じ込ませておけば、より長期的な効果が期待でき日本人は我々にとって実に都合が良い存在になる。

アメリカは日本に対して寛大だという印象を与え、出来るかぎり我々アメリカが植えつけたものだと自覚させずに敗戦国民の自発的な自己批判に誘導していく。

その為にもたくさんの娯楽(スポーツ・スクリーン・セックスの3S政策)を与えて日本人を精神的な武装解除に持っていく」とあります。

 

大変不快な内容ですが、実際にこれは進められました。

それでも戦後すぐは日本人のために本当の事実を伝えようとした人達もいました。

ある新聞には「日本は敗戦をして多くの国民が深い傷を負いました。しかし、決して他国への侵略が目的で戦争をしたのではありません」とか、

「アメリカは関係のない日本の一般国民を多く巻き込んだ。必要以上の空襲、2度の原爆の使用。この罪から逃れる事はできないし、正当化する事もできないはずだ。」という報道も実際にありました。

ところがそのような報道をしている新聞は発行停止にあいます。

正当な報道をしようとした人達も公職追放されていきます。

なかには発行停止を連続で5回も受ける新聞社もあったそうです。

そして、戦後から3か月後には

「わが新聞社は新しい日本に向かって率先して国民を教育し指導しなければならない」とか、

「日本国民とは何か。それは支配者層とは明確に区別された存在だと自覚する者だ」などと新聞の見出しがおかしくなり始めます。

日本人の傷ついた心に理解を示し、真実を伝えようと努力し、日本の誇りまでは失わないでくださいと報じていた新聞は急変していったといいます。

戦前の報道も問題のある部分は多かったようですが、それでも戦後の変わりようはすさまじかったようです。

度重なる検閲、事実を伝えようとした職員の大量追放、その後に占領軍や共産勢力に買収された日本人が入り込み、多くの新聞社やラジオ会社は彼らにとって都合の良い組織に作り替えられていきました。

その時に権力を握った人達によって日本の新聞社やテレビ局の組織は管理も統制もされてきました。

この事実を言うと、なかには「戦後の事でしょ。今は違うはずだ」という意見を持つ方もいますが、実は今の方が酷くなっています。

戦後からずっと日本のメディアはこのような体制で進んできています。

戦後体制を永続させる事に協力する代わりに、多額の利権を獲得し続けてきたのが日本のテレビや新聞の正体です。

会社の体制もグローバルを推進する反日系や、アメリカや中国の思惑に利する人間が出世する仕組みでガッチリ固まっています。

組織が反日化しているといっても良いと思います。

日本の心を徹底的に封じ込め、仕方なく始めた戦争を、一方的に最悪の行為だと洗脳し、戦争を起こした日本・敗戦した日本を嫌悪し恥じるような思想を植えつけました。 

https://youtu.be/e_tQG33Bg-c (巻き込まれた日本)

日本は全てが悪い・全てが悪という思想は、やがて日本の精神は古くさい・ダサいという思想を無意識的に刷り込まれ、過去と真摯に向き合おうとする意識も失せます。

更には、3S政策にあるように数々の娯楽を与えられエゴと欲を増長させられ、競争社会のシステムで不安と恐怖で生きる事が当たり前にもなっていきます。

それらメディアの影響を受けた子供が大人になり、捻じ曲げられた思想のままそれぞれの職業に就いていけば日本の各分野も狂っていきます。

こうして日本人1人1人の調和力と自立心、物事を見抜いていく深い心は私達に気付かれないように巧妙に捻じ曲げられてきています。

https://youtu.be/rBD1DeTK6M4 (日本に謀略を仕掛け続ける共産主義)

これは私の勝手な私見でもなく、陰謀論でもありません。公式の文章で明かされている事実です。

それら一連の流れを作るための大きな担い手となっているのがメディアです。

私達大人は子供がスポーツや受験戦争、刺激の強い映画・漫画・アニメ・ゲームなどで心がおかしくならないように注意をして見守らなければなりません。

今回のコロナ禍でも国民に有益な情報を伝えて騒動終息に努力をするのではなく、権力と利権にとって都合の良い報道を選んでいます。

組織としてそのように完成してしまっているのです。

これらは長きにわたって日本の精神がおかしくなった大きな原因の一つである事。

今回のコロナ騒動が大きくなり、苦しむ日本人が増えている事につながっているという事実に目を向けていただければと思います。

ここで申し上げたい事は日本の戦争が正しかったとか、戦前の日本は正義だからそれを取り戻そうなどといった極論を言いたいのではありません。

ただ、日本が侵略者であるというのは全くの嘘であること、その嘘の認識により日本の心までも根こそぎ否定され失われようとしている事実があること、それは今を生きる私達にとって大変な不幸につながるという事を知っていただきたいのです。

この日本の精神は失ってはならないものなんだという意識を皆様と共有したいと思うのです。

2度と戦争なんてしたくないというのは誰もが同じだと思います。

ましてやコロナを利用した管理・搾取社会など誰も望んでいないはずです。

そうであるならば今の競争社会は何なのでしょうか。

戦争反対と言いながら常に日常的に欲とエゴで競争しています。

管理や搾取社会は嫌だと言いながら、このままではそうなる事に目を向けようとしない人達も大勢います。

子供達も訳も解らず競争システムに組み込まれてしまっています。

それは1人1人から日本の心が失われている事が大きな原因になってはいないでしょうか。

その失われた原因とは何なのでしょうか。

それが今のコロナ騒動にどう繋がっているのか。

こういう事に目を向けて、1人でも多くの方と一緒に日本の心を思い出していきたいと思うのです。

今後も利権や権力を欲する人達は、確実に国民の幸せとは逆の動きをしてきます。これは明確です。

まん延防止法なども、実質的には緊急事態宣言よりも締め付けを強くしたものです。

テレビもマスクをしていない人間を取り上げたり、従わない奴は非常識だと言わんばかりの報道を始めました。

見回り隊の結成など国民にたいする脅しです。

そんな事をやっておきながら何故かGoToトラベルが再開です。

メディアの言う理屈でいえば、感染拡大を防ぐためには一番やってはいけない政策のはずです。

彼らはコロナは恐ろしいウイルスではない事をとっくに解っているのです。

あくまで権力と利権を維持するための行動を優先します。

国民に十分な補償や支援をしない事は棚に上げて、言う事を聞かない国民が悪い。黙って我慢しろ。

従わない国民がいるから日本が苦しい状況になっているのだ。という理不尽を私達は押し付けられています。

まさしくGHQが仕掛けてきたプロパガンダの影響は今も続いていると言っても良いのではないでしょうか。

私達はいつまでもそのような思惑に誘導されてはいけないと思います。

https://youtu.be/wHczCyXXd_Q (解明されているコロナの安全性)

https://youtu.be/dfsYhlv5Q2g  (削除されていく安全性を伝える情報)

理不尽を押し付けられているのは私達自身です。言うなれば被害者同士です。助け合う者同士です。

マスクや消毒に疑問を呈する人達は敵ではなく、皆と同じ目に合いながら耐えている人達です。

これからは国民自らが気付き、お互いの力で社会を良くしていかなければならないのですから、もっと1人1人が大切な存在と認識するぐらいの気持ちがあって良いのではないでしょうか。

過度の感染対策で子供まで苦しめ、日本人同士で分断させられている場合ではありません。

今、求められているのは日本人本来の調和力です。同調圧力などという偽物の調和ではありません。

日本の心と文化、武道精神はアジアの人達から今も尊敬と感謝をされています。

例えばパプアニューギニアは台湾と同じく大変な親日国です。

そのパプアニューギニアに日本人が行くと大歓迎されるのです。

その歓迎ぶりは、うつ病の日本人が現地の人と一緒に過ごすと、人を信用する心を取り戻して病気から回復すると言われている程です。

実際に日本から現地に行って、本当に元気になって帰国してきたという人もいるぐらいですから大変な歓迎ぶりなのだと思います。

現地の人達は言います。

 

「我々ニューギニアは大変貧しい国だ。植民地支配も受けて更に貧しい国になった。

食事も生活も日本や欧州に比べると貧相な事だろう。

だけど日本人はそんな私達を嫌がらずに一緒に過ごしてくれた。

私達が出す食事を平気で食べてくれた時は心底驚いたものだ。

日本人が来る前は私達の食事や住まいは汚れたものとして扱われるのが当たり前だった。

日本人はそういう事は決してしなかった。

植民地支配から解放してくれただけではなく独立の支援もしてくれた。

あんな民族がいるのかと私達は深い感動とともに本当に驚かされたんだ。

今もニューギニアに来る日本人はそういう人が多い。

私達の日本に対する感謝と尊敬の気持ちは今も変わらない。」

 

このような話しはたくさんあります。

ここから見えてくるのは日本の調和力は現地の人達を愛する心なのであって、恐怖や洗脳による同調圧力などではないという事です。

今の日本はこれとは逆の「グローバルスタンダード」と呼ばれる競争社会の価値観に染まっています。

こういった事実をすぐには受け入れられない方も多いかもしれません。

しかし、競争社会の極みでもある植民地支配を経験した人達は、この価値観がどれほど人類を不幸にするかを身を以って知っています。

その人達が日本の心を今も大切に思い、見本としてくれているのです。

人間がどのような道に進むべきなのか気付くきっかけを与えてくれたのは日本人だと言ってくれているのです。

その日本人が競争によって心を失い、メディアの偽情報に踊らされているような有様でどうするのでしょうか。

https://youtu.be/npqSQcvzBtU (愛されている日本・日本のアジア統治の真実)

この事を私達は真剣に考えるべきであり、自分のためにも、周りの人のためにも見直すべきではないでしょうか。

私達はこんな素晴らしい精神をどういう経緯で失ってしまったのかを知り、心を深めていく必要があります。

アジアの人達は、日本人が理不尽に正面から向き合う肝の据わった生き方をしていた事、

そして、人を愛する心を身を以て体現していた事に賛同してくれていたのです。

https://youtu.be/5KnFqFA1_Gw (信頼される日本人)

日本人の調和の心、武士道精神をもって自分達から意識を変えていき、周りの人達と共に歩み直すにはどうすれば良いかを考えていく。

そのような気概を求められているタイミングではないでしょうか。

皆様とはこれからも混乱に惑わされない生き方と心を共有させていただき、共に日本人の在り方を考えていければと思います。

毎回の稽古がご自分の気の創出につながり喜びを感じる事につなげていただければ大変嬉しく思います。

少しでもお返しができるように大切に稽古をさせていただきます。

これからも武道の気を深めましょう。

いつもご参加いただきありがとうございます。

保護者様にはお子様をお預けいただきありがとうございます。

少しずつ安定した稽古ができるようになってきたのも皆様のお陰であると思っております。

このような時でも稽古に来てくださる皆様の心と気を感じると尚の事そのように思えます。

感謝しております。
 

 

鎌倉市空手道 大船道場ホームページ http://www.ofunakarate.com/

 

 空手道 和(なごみ) http://30min.jp/place/2416257

 

 

 辻堂道場ホームページhttp://tsujidokarate.com/index.html

先月の3月で東日本大震災から10年が経過しました。

今はコロナ騒動の真っ最中で、社会はあの時以上の混乱期にあります。

東日本大震災の時も大変な混乱であり、大変多くの方が亡くなった痛ましい出来事ではありましたが、日本人同士の意識が分断される事はありませんでした。

今回の騒動は長引いているうえに人の意識も分断されています。

日を追う毎に分断は深まり、ぐすぐずしていると修復不可能な状況にまできています。

今まで隠されていた事実もどんどん浮き彫りになってきています。

むしろ今の方が社会的混乱も、人々の迷いも深まっていると言っても良いかもしれません。

1人でも多くの人達が今までの競争社会の実態に目を向けて、日本人としての心を思い出していただければと思います。

10年前の震災時にも、そういった事に気付かされるような出来事がありました。

良い例があるのでご紹介いたします。

あの震災が起こった当時、世界で一番早く救援隊を組織して動いてくれた国があります。

その国とは台湾です。

日本では知らない方も多いですが、台湾は世界一の親日国です。

それを象徴するように台湾は救援隊を派遣した後もすぐさま募金活動を展開し、民間だけで集まった金額は200億円を超えました。

この額は世界一の義援金となりましたが、日本の為にとあっという間に集まったそうです。

「日本の皆さん頑張ってください」

「私達はいつまでも日本を愛しています」

「台湾人は日本の武士道精神を尊敬しています。私達は一心同体です」

といった日本を応援するメッセージを発信するとともに、「日本のために祈ります」という張り紙が台湾の街中に貼られていました。

凄いのはほとんどのメッセージが現地の言葉でなく、日本語だったというのです。

そこまでの思いで台湾は日本政府に援助を申し入れてくれたのです。

ところが、驚くべきことに日本はこの申し入れを拒否しました。

理由は台湾よりも中国の援助を先に受け入れないと権力者と利権を得ている者にとって都合が悪いからです。

今回のコロナ騒動に対するメディアや政府の態度を見ていても解ると思いますが、日本の中枢は深いところまで中国を筆頭に外国資本に牛耳られているのです。

そんな理由で、日本は台湾の救援隊の入国を頑なに拒否し、3日も空港で足止めさせました。

被災地では多数の日本人が苦しんでいたので台湾からの救援隊を一刻も早く入れるべきですが、政府はあくまで中国利権を優先させました。

4日目にようやく中国が入国したことにより、足止めも解除されましたが、日本の台湾への冷遇はこれで終わりません。

台湾では救援隊が入国した後も、民間から「日本に支援をしたい」と大量の支援物資が送られてきました。

特に食料の支援物資は台湾の人達が「できるだけ日本人の口に合うものにしよう」と味付けを日本向けに変えて送ってきてくれるなど徹底した配慮をして送ってきてくれたのです。

それを日本はあろう事か「税金を払え」といって高額の通関税を要求する始末です。

支援物資であり非売品です。営利が目的ではないと説明したにもかかわらず日本の対応は変わらなかったそうです。

そこで台湾の人達は通関税を払って何とか物資を通関させたものの、その物資も自分達でトラックを手配させて被災地まで運ばせました。

一方で同時期に中国の支援物資である6000本の飲料水が届きますが、その際に中国政府は日本の政府とメディアに対して、

「直ちに公開して大々的に報道する事」

「被災地に届ける際は中国に運搬費用の負担は一切掛けない事」

「直接の運搬も中国に負担をかけずに日本自身で行う事」を要求してきました。

日本政府はそれらを受け入れ通関税も取らず、出迎えまでしていました。

メディアも台湾の事はほとんど知らせずに、中国の支援を持ち上げるような報道をしていたのです。

https://youtu.be/xdEuaZUe6nU (現在の中国共産党の実態)

考えられない事ですが、あの震災が起こった時ですら政府やメディアは「心」ではなく「利権」を選んでいたのが解るかと思います。

今回のコロナでも同じように困窮者や、苦しい状況の飲食店に非情な対応をしていますが、10年前も全く同じだったのです。

このような冷遇を受けた台湾ですが、その後も日本に対する態度は変わりません。

熊本地震や今年の2月に発生した宮城・福島の地震への支援、台風や豪雨被害の支援、コロナ禍での経済支援など何かと真っ先に手を差し伸べてくれていたのが台湾です。

このような一貫した態度を取っているのは台湾政府の方針というだけではありません。民間の人達も同じ気持ちで賛同しているのです。

これらを知るだけでも台湾が日本人への感謝と尊敬の気持ちを今も持ち続けてくれている事が理解できます。

台湾の人達は、

「かつての台湾は野蛮人の集まりでした。

しかし、日本人は統治時代に沢山の教養・文化・インフラをもたらし、何より人としての心を私達にたくさん教えてくれました。

私達は日本に統治されたとは思っていません。何故なら日本人は台湾を植民地扱いせずに大切な友人として接してくれました。

私達は今でも日本に恩返しがしたいと思い続けています。何より日本の武士道精神を尊敬しています。」

と言ってくれています。

これは、かつて日本人が台湾を統治していた時の事を話されているのですが、台湾は今でも日本の心は素晴らしいと国内で伝え続けてくれています。

【後編】「サムライ精神4カ条」 - 台湾で語り継がれる日本人の強さの秘密3/3 - YouTube

ここまでの思いに対して現在の日本はどのような態度を取っているでしょうか。

恩を仇で返すとはこのような事を言うのではないでしょうか。

また、その事に無関心でいる日本人が多数いる事を皆様はどう思われるでしょうか。

もちろん全ての中国人が悪いとか、日本の戦争は正しかったとかの極論を申し上げているのではありません。

ただ、私達はこういう事実に目を向けて、日本人として本当に大切な事は何かに気付かなければいけないという事を共有したいと思うのです。

https://youtu.be/cLWgy7Br3Ao (韓国も救った日本の本当の歴史)

現在の日本は明らかに大切な心を見失っています。

今回のコロナ禍で社会はおかしくなりましたが、実際のところ10年前の震災時や、それ以前から既に日本の精神は十分におかしくなっていました。

それらの積み重ねがコロナや震災のような非常時でも「心」よりも「利権」を優先させる社会を作り上げ、今回の騒動でもこのような大変な状況を作り上げてしまったのだと思います。

更に言えば、ずっと前から日本は占領軍の3S計画や共産勢力の工作によって「調和と心の文化」から「競争社会」に作り替えられ「日本の心」を破壊されていた事実に気付く必要があると思います。

https://youtu.be/mOmZQFncL7w (戦後に行われた占領政策)

競争社会は人間の欲やエゴを増長させます。

毎日次から次へと生き残る事、つまり、勝たなきゃ!上に行きたい!良い成績を取らなきゃ!負けたらどうしよう、会社をクビになったらどうしようといったことに心を奪われ、受験やスポーツ、給料や会社の出世などで頭がいっぱいになります。

それは不安と恐怖が当たり前の状態になっているという事です。

不安や恐怖は人間を自己中心的にさせます。

そうなると日本の調和の文化と心に誇りを持つ事はおろか、気付く事すらもできません。

何が言いたのかというと、私達は自分達の誇りであるはずの調和力や、日本を大切に思ってくれる台湾やアジアの人達にたいする愛の心も失い、こうして真反対の競争社会が良いと思い込まされてきたという事なのです。

お互いが調和する事によって真価を発揮し、その生き方によって他国の尊敬を集めていた日本の素晴らしさを失わせるためには、競争社会で目先の事だけしか見えないようにしていく事が一番手っ取り早いのです。

社会システムも国民に気付かれないようにメディアの印象操作などを駆使して巧みに作り替えていきます。

https://youtu.be/9veEChuY-EY (真実を伝えないメディア)

占領政策や外国資本のやり方を知ると解りますが、権力や利権を欲する人達は日本人以上に日本の事をよく解っています。

アメリカだけでも日本の内情を研究する専門家は2000人以上います。

日本よりもアメリカが優位であり続けるためにありとあらゆる分野を事細かに研究し、データは全てCIAに送られるという徹底ぶりです。

彼らは日本人の心の深さ、日本の文化や歴史の真相、これらをよく研究してきています。

だからこんなに巧妙な事ができるのです。

ここまで日本の心が失われてしまったのは時代の流れなどという曖昧なものではなく、それなりの理由があるという事なのです。

現在も私達国民がコロナ報道に囚われている間にスゴい勢いで法案を作り替え、管理・搾取社会に向かっている事に気づかれている方は多いと思います。

https://youtu.be/QllOVSPdVN0 (現在も進んでいる日本の中小企業潰し)

占領政策から日本はずっとこのような状態にあるのですが、最近になって更にあからさまになったというのが現状です。

これは陰謀論ではなく現実であり、現在も私達の精神状態に深刻な影響を及ぼしています。

これを知って非常に不快感を感じられる方も多いと思います。

私もこのままではいけないという気持ちを感じます。

同時に、日本人はそんな心を失った人達ではないとも思っています。まだ間に合うと思います。

それなのに自粛警察などといってお互いに争ったり、いつまでもメディアの偽情報で分断されている場合ではありません。

そもそもテレビや新聞は日本人の為に情報を発信しているわけではないのです。

だからこそ本当の事実に目を向けて、私達が何を見失っているのかを知る必要があると思うのです。

私は武道を始めとした日本の心は素晴らしいと思っています。

ですから、本当に今のような心が失われた社会になってほしくありません。

台湾のように日本を大切に思ってくれる人達に冷たい態度で接するような社会になってほしくないと心から思います。

皆様とは武道の気を通して、本物の心のつながりを共有したいと思います。

そして、日本人である事の喜びと大切さを共有できたら嬉しく思います。

これからも大切に稽古をさせていただきます。

いつも稽古にご参加いただきありがとうございます。

保護者様にはいつもお子様をお預けいただきありがとうございます。

少しずつ安定した稽古ができるようになってきました。

皆様に支えていただいた事によって何とか活動できています。

心より感謝しております。

 

鎌倉市空手道 大船道場ホームページ http://www.ofunakarate.com/

 

 空手道 和(なごみ) http://30min.jp/place/2416257

 

 辻堂道場ホームページhttp://tsujidokarate.com/index.html

このコロナ禍と呼ばれる社会になってからもうすぐ1年になろうとしています。

緊急事態宣言の延長、罰則規定の設置など社会全体の閉塞感や同調圧力は依然として強まっています。

入院拒否に罰則 コロナ対策の改正法案、審議4日で成立 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル (asahi.com)

相変わらずメディアもコロナの恐怖を煽りに煽るかと思えば、「感染対策はお互いの思いやり」的な報道をし、今の生活様式が正しい事であると錯覚させるような報道を続けています。 

https://youtu.be/nfXwInFIrgA (コロナ騒動から見えてくるメディアの実態)

https://youtu.be/yask6QnKFiA (コロナワクチンの危険性)

この生活様式の実態は国民に我慢と窮屈を強いるだけでなく、不安と恐怖を植えつけ人々を分断させるだけものである事は明らかですが、残念ながらいまだこれらを受け入れる事が正しいと思い込んでいる人達も多い現状です。(仕方のない事情の方が大半である事も承知しております)

街や駅の様子も冷たい同調圧力の雰囲気を感じます。

何よりも一番気掛かりなのは社会全体で積極的に感染対策を進め、日を追う毎に疑問に思わなくなってきているという事です。

もはや感染対策をしないのは悪だという風潮になっていますが、もうそろそろ終わりにしても良いのではないでしょうか。

気付いた人達から順々にやめていかないと本当に止められなくなります。

ある医者が厚生労働省に「何でこんな感染対策を国民にやらせているんだ」と、抗議の電話をしたところ、

「我々は過度なマスクも消毒も必要ありませんと繰り返し皆様にお伝えしています。メディアと国民が勝手に過剰にしてしまっているのが現状です」と返答されたといいます。

現場の医療従事者や厚生労働省も、PCR検査は信用に足るものではないという事やコロナは十分に共存でき安全だと解っているのです。

https://youtu.be/vWg4YpkClU8 (解明されてきたコロナの安全性) 

それでもなお、厚生労働省はメディアを通じて事実を伝えようとしません。

これだけ解っている状況で、感染対策をしている人・しない人と区別や差別などせずお互いを信用し、ウイルスや自然とも謙虚に共存するという普通の事ができないのは何故でしょうか。またはそれがおかしいという風潮になるのでしょうか。

日本人が本来持っていた「刀を抜かない」という肝の据わった心、「身の回りに存在する生命も物も全て大切な神様」という調和の心は何処に行ってしまったのでしょうか。

今のように日々繰り返される理不尽に黙って従う事が社会的に正しい事なのでしょうか。

周りの人を大切にする事になるのでしょうか。

最近は勢いを増して搾取・管理社会に進んでしまっています。

コロナ復興税と称する消費税15%、

自粛を要請と言いながら罰則を作り強制化させようとする動き、

ワクチン接種やPCR検査を拒否した職員には懲戒解雇を強制する企業の出現と増加、

そして、「国民に2回目の給付金を配る事はない。最終的には生活保護があるのだから十分だ」と、実質的に国民を支援しないと明言した政府の態度。

これらは架空の話ではなく事実です。

今のままでは日本の調和の文化がなくなってしまいます。本当にそれで良いのでしょうか。

1人1人の意識の変化と覚悟を決めなければいけない時期に来ていると思います。

これは決して脅かしたり煽ったり、ましてや「立ち上がれ!」的な奮起を促すような意味で申し上げているわけではありません。

抗議活動やデモをやったり、大きい事をやったり、力を持とうとする必要など全くありません。

むしろ、そのような事はするべきではないと思います。野心を持った人間の台頭を許し、対立も深まります。

かえって逆効果となりおかしな方向に進んでしまいます。

ただ、競争社会の実態に気付いて、冷静に今までの価値観と生き方を見つめる人が増えてほしいと思うのです。

日本人の心を思い出そうとする人が増えてほしいと思うのです。

日本人としてのあり方とは幸せとは何なのでしょうか。

感染対策がどうだのでお互いの心をバラバラにしている時ではありません。

いつまでも一部の人達によってコントロールされた情報を鵜呑みにしていれば、私達はこれからも分断させられ我慢と窮屈を強いられ、お互いの信頼を失う社会に生きなければならなくなります。

ですが、私は本当にそういう社会になってほしくありません。

皆様に支えていただいている道場の活動、一緒に稽古をしていただいている皆様とのご縁を台無しにされるような社会にはなってほしくありません。

ですから、認めがたい事でも事実は事実として受け止め、日本人の調和力を思い出す意味と大切さに目を向けていただければと思っています。

このような状況でも心を深める稽古の意味に気付き合い、どのような生き方をしていけば良いのか共に考えていければと思うのです。

社会がおかしな流れに加速するなかでも、ご参加くださる皆様・復帰してきてくださる皆様の心を本当に大切にしたいと思っております。

少年部のなかには「なんか大人も学校もおかしい・・・」と言う子も増えています。

私は1人の大人としても、皆様に支えていただいてる身としても、こういう思いに真剣に向き合いたいと思います。

それは皆様と日本人の心を失うことなく、守っていきたいという思いである事をご理解いただければ嬉しく思います。

日本人の武道の心・調和の心は素晴らしいものだと思います。

それをこんな騒動で失ってほしくないと思いますし、逆に今まで以上に大切にするきっかけにしていただければと思います。

いつも稽古にご参加いただきありがとうございます。

保護者様にはいつもお子様をお預けいただきありがとうございます。

これからも大切に稽古をさせていただきます。

 

 

 鎌倉市空手道 大船道場ホームページ http://www.ofunakarate.com/

 

 空手道 和(なごみ) http://30min.jp/place/2416257

 

 辻堂道場ホームページhttp://tsujidokarate.com/index.html