オフレコ馬券の真実

引っ張りやヤラズは当たり前。
新聞記者に小遣い渡してコメントや印を薄くさせ、特定の人間だけが儲かるシステム=オフレコ馬券。
年間100本以上発生するオフレコ馬券。
気分が良かったら教えちゃいます。


テーマ:

「ブログ再開にあたって」にコメントをくれたBeeさんへの返信ね。

 

良い事をたくさん書いてくれてるね。

コメント欄じゃ返信しきれないと思ったから、記事にするわ。ちーと長くなるだろうが、まぁ、ついでだから俺の考え方も色々と書いておこうかな?とね。

 

さて、はじめるか。

まず、Beeさん、コメントサンキューな!
メッセージもくれてたんだね、コメント見て気づいたからそれも含めて読んだ上での返信ね。

 

まず、最初に言っておくけどメッセージも確認し、コメントも読ませてもらった限りでは、Beeさんは「しっかり考えてる人」じゃん、って事。

 

Beeさんがどのレベルを指して「考えている人」という基準を持っているのかは俺には分からないが、俺の基準でいえば「Beeさんは、考える力のある人」のカテゴリーに属しているけどね。

 

まぁ、これも俺の基準だから、Beeさんがどう思うかは分からないけどね。

 

Beeさんは、自らの事を『考える力が無い』と言っているが、俺から見ると物凄く高い基準を自分に設定している人なんじゃないか?

 

基準と言うのは2つあると思うんだよ、俺。

 

1、自分が決めた基準

2、他人に決められた基準

 

この2つの基準の内どちらが高いのかまではわからないが、恐らくどちらかの基準が凄く高くて、苦しんでいるような気がする。

その上で、俺が重要だと思うポイントを言っておくね。

 

重要なのはさ、1の基準でも、2の基準でも、まずは、今の時点の「自分がどういう人間なのか?」を知るということ。

 

その点において、しっかり自己分析出来ているのに、Beeさんはちょっと自分の事を卑下しすぎだと思うよ。

 

俺の基準で言えば、自己分析が出来るという要素は、なによりも『考える力』を持っている人の特徴だし、ソコがそもそも思考というモノの出発点だと思ってるワケ。

 

だから、俺の基準ではBeeさんは『考える力を持っている人』と言う事になる。

 

ただし、どこで『満足するか?』は、人それぞれだろうね。

そういう意味で、Beeさんは基準が高いのかな?とね。

つまりは何がいいたいかといえば、上手く行かなくても、人より勉強できなくても、将棋や囲碁で他人に負けようと、「自分がどうなりたいか?」が重要で、それについて決めるのは「自分自身だよね?」と言う事。

 

そして、自分が満足する基準も自分で決められるんだよ!と言う事。

その自分が決めた事を、【諦めて放棄】している人、【人のせいにしている人】は、勿体無いよね・・・ということ。

多くの人は、「なりたい」けど「努力はいや」とか、「なりたい」けど、「今の自分は変えたくない」とか、「なりたいけど、自分は馬鹿だから・・・」とか、突き詰めれば「矛盾」を抱えていて、実は、口ではそう言っているけど本音では「そこまでしてなりたいと思っていない」という目標を掲げている人って少なくないワケよ。

 

でも、Beeさんは、自分で努力していると言っている。

素晴らしいことじゃん!

 

でも、人からは否定非難されている?なぜ、否定非難されているのかは、分からないし、そう思い込んでしまう癖があるのかもしれないけど、努力しているのなら否定非難される筋合いではないだろうから、無視すればいいと思う。


そもそも、どうなりたいのか?

 

は人それぞれ違う。

 

そこに向けて自分なりのゴールがあって、そのゴールに向けてしっかり自分で決断して、「その決断は自分がしたものなのだ」という意識を持てる人が「考えている人」と言う定義で話してるだけで、もしBeeさんが俺に責められていると感じたなら、逆かな。

俺の基準ではリスペクトする対象の人だわ。
しかし、俺に攻撃及び、責められていると感じてしまったんだよね。

 

俺に「リスペクトできる基準の持ち主だよ」と、言われたところで、満足するような事は無いと思うが、でも、そこまで自分を卑下する必要は無いんじゃないかな?とね。

 

そこで、思うのがBeeさんは上記2の『他人の基準』への意識が凄く強い感受性の高い人なのかな?という事。

 

1、自分の基準

2、他人の基準

 

でいうと、そのバランスは【2≦1】程度にしておかないと、疲れるよ。

俺はBeeさんが「どうなりたいのか?」は知らないけど、「今の自分」と「なりたい自分」とを比較して、何が足りないのか?を抽出する事が「考える事」の最初の一歩で、俺は、そこに一歩一歩一生懸命頑張っている人は、リスペクトする。

 

だから、【2≦1】で生きるべきだと思うんだが、これが【1≦2】になっちまうと、様相が変わるんだよね。

2で言う「他人の基準」を基にした行動はさ、「誰よりも年収を稼ぐ!」とか、「アイツには負けない!」といった、「相対比較」での目標設定になるよね。

 

もちろん社会で生きる以上競争や評価には常に晒されるわけだが、、『自分がどうしたいか?』という、1の【自分の基準】への思いをしっかり持っておかないと、いつも誰かと比べられて、いつも評価にさらされて、振り回されて、疲弊し、自分は駄目だ人間だ・・・と思い込みすぎちまう。

 

それってツラくないか?

 

言い換えれば

 

1は「絶対比較」

2は「相対比較」

 

って事になるんだが、1だけでは嫌われるケースも多いだろうし、2だけでも疲れちまう。ようは、バランスだろうし、自分がどちら寄りの人間なのかをまず、知っておかないといけないよね。

 

で、俺が困ったなぁ・・・と思う人の特徴はさ、「こじれた相対比較論者」ね。「相対比較」で自分のモチベーションを上げることはとてもいいことだと思うんだけどさ、その相対比較での評価が納得いかなくなって、こじれてくると・・・、豹変するよね、相対比較で自分の価値を確認する人は・・・。

 

っていうのは、自分が上手く行かないと、往々にして他人の足を引っ張ったり、周りからの評価が落ちるような事を仕掛けてきてみたりするわけだよね。だって、他人からの評価が重要だからさ、そういう人は。

 

自分が成長しなくても、人を引き摺り下ろせれば、相対的には「上」に上がった事になるから、そういうことを平気でするわけ。

 

つまりこの「相対比較中心の人」が時に巻き起こす「しょうもない自己擁護、自己防衛の為の、他人を引き摺り下ろそうという行為」が、俺は好きじゃないだけね。

 

でも、Beeさんはそんな事しないじゃん。

だから、素敵じゃん、って言いたいわけ。

 

つまりは、俺の言う自己責任ってのは一つだけ。

 

「自分が行っている行為は自分が決めて行ったワケだよな?」

「それって、自分がなりたい自分への一環としてやっている事だよな?」

「そして、その行為のゴールの基準も自分が決めてるんだよね?」

「それが上手く行かないからって、他人のせいにするのはちょっとちがく無いか?」

 

という事ね。

 

競馬ファンには、Beeさんが思ってる以上に、そういう人が多いんだよね。つまりは、Beeさんは、自分の事を言われたかのように受け取っちまったかもしれないが、俺の基準では、Beeさんはリスペクト出来る人って事だよ。

 

勘違いさせちまったなら、すまんね。

 

でだよ。

その上で、ちーとばかし、Beeさんの事心配になっちまったよ。

 

大丈夫か?

無理しすぎてねーか?

 

参考になるかならないかは分からんが、俺の考え方を書いておく。

本気で努力している事なのに、上手く行かないのなら、理由は三つだと思うけどな。

 

1、なりたい自分に向けての努力や思考が足りない

2、そもそも、そのなりたい自分の設定(基準)に無理がある

3、実は、それほどなりたい訳ではない事に気づいていない

 

今回のコメントは「1」の部分を俺が否定しているように思えたわけだよね?

 

確かに、多いよ、そういう努力しない人。

でも、Beeさんは「努力してる」わけでしょ。

 

いいじゃん!

最高じゃん!

 

つまりココに、俺とBeeさんの齟齬が有ると思うんだわ。

 

努力していて、その努力が苦痛でないなら、それは自分のやりたい事をやっている証しだと思うんだが、「努力自体が苦痛」だとすると、それは、実は自分のやりたい事ではないのかもしれないぞ・・・という事が往々にしてある。

 

もしくは、やりたいのだけど、いわゆる「目標」の設定を高くしすぎてしまって、成果を得た感覚が乏しくて、キツくなっている。

 

つまりは、2か3が理由で、自分に自信が持てなくて、否定されているように感じているのかもしれないぞ・・・という事。

 

世の中「1」の理由で、自己責任を放棄している人が多いと思ってるんだが、実は潜在的に「2」や「3」が理由で、自己責任について、誤解している人も多いと思うわけよ。

 

Beeさんは努力してる。

つまりは、「1」ではない。

 

あ、努力というのは「自分のペース」が基準だからね。

 

人は、別々の「モノサシ」と、別々の「時計」を持って、自分のゴールを決めている

 

と俺は思っているから、自分が努力と思えば努力で良いワケ。他人のモノサシと時計の基準から「そんなのは努力ではない」といわれる筋合いは無いよね。

 

となると、今、Beeさんが自分を卑下している理由は「2」か「3」が原因かもしれないよ。

 

そもそも努力するのが苦痛と感じるような「なりたい自分」を設定する事自体、やめた方が良いんじゃないか?という考え方なんだよね、俺。

 

っていうのも・・・

大昔、野球をやってた頃、俺、ソコソコ上手かったんだけどさ、毎日の練習がキツくて、楽しくなくてさ・・・。でも、周りの友達なんかは、俺が血反吐吐きそうで、辛くて辛くてたまらなかった練習を、もうね、水を得た魚のように「楽しそう」にこなしてたんだわ。

 

俺より、野球下手なのに、マジでスゲーと思ったよ。

で、結局そういう人が「プロ」なんかに行くわけだよ。

 

そのとき思ったね。

 

俺も、ソコソコ野球上手くて「将来はプロ!なんていう夢を、なんとなく流されて口にしてた」けど、そんなレベルの「なりたい自分への思い」では、無理だな・・・とね。

 

つまりは、「3」の『それほどなりたかったわけではない』という自分の本音に気づいたわけ。

 

周りからちやほやされ、プロいける!みたいに言われ、そういう人の基準に一瞬気持ちよくなってみたものの、こんな辛い練習無理だわ・・・、ってね。

 

「思いの差」を痛感したわ。

 

そういうレベルの思いを持った人はさ、俺の「死ぬ気で努力してる事」を『普通に、飄々と』、更に言えば『楽しそうにこなす』んだぜ。

 

普通の基準が断然上・・・なワケ。

 

でも俺は、ソイツラに「これ普通でしょ?」と言われたところで、自分が攻撃されているとは思わなかったかな。単純に「お前らスゲーな!」とは思ったが、相対比較をして「俺は駄目だ・・・」とは思わなかったね。

 

だからね、決めたんだ、俺。

さて、さっさと逃げるか!ってね。

 

言われたよ、周りから。

「えーーー?なんで野球辞めるの?もったいないじゃん、君には素質があるよ!」

ってね。

 

身体的には素質はあったのかもしれねーが、精神的には素質ゼロだわ・・・っていう事に気づいたから、俺には、勿体無く感じなかったかな。

 

その事で、スゲー否定も非難もされた時期はあったが、俺の決めた事だし、しょうがないかな・・・と思ってたかな。

 

実際、その「俺より上の基準を持ってた友人」からは、『うん、そうだな、それがいいよ』と、言ってもらえたよ。だって、野球は上手くなりたかったが、練習が楽しいと思った事がねーもん。

 

めちゃくちゃ都合が良すぎるだろ!苦笑

自己責任のかけらも無いわ、当時の俺。

 

だから探したよ。

誰かに強制されなくても「自然と考えてしまい、人が大変だと思う事でも、楽しくて楽しくて、ついついやってしまう事」をね。

 

それこそ、三度のメシより好きで、なんなら、SEXよりも楽しい事をね。

 

それを、今、俺は仕事にしているし、競馬に関しても、仕事ほどではないが何をしてても「辛い」と思った事が無い。

 

ただそれだけだ。

 

そういう意味では、Beeさんは、今「2」や「3」の途中に居て、苦しんでるのかな?と思ったら、ちゃんと返信しようかな?とね。

 

ここまで書いてきた事にたいしての返答の99%は・・・

 

「それが出来れば苦労はしないよ・・・」

 

って感じかね。

すごく、分かるよ、その気持ちは。

 

 

好きな事を仕事に出来ていいよね!

とよく言われる。

 

確かに、自分の好きな事をするってね、普通の感覚でやろうと思っても「大変だよな・・・」という事も理解してるわ。

 

だって、俺、逃げ出したから出来たようなもんだしね。

 

大変というのは『見栄』や『体裁』、『プライド』、そして『人からの期待』みたいなモノを捨てる・・・

 

と言う意味でね、そこに関しては、一度逃げてるから、俺自身はあまり苦労しなかった。

 

でも、一般常識のある人には、『この行動こそ』が辛いらしいね。

 

確かに、辛いよね。

でもさ、辛いなら『変わらない』という決断をする事も大事だよね。

変わることだけがもてはやされるのも違うわな。

 

事実、俺は、そういう人を『凄いなぁ~』と思うしね。

 

ただ、どっちつかずは、誰も幸せにしないし、ましてや自分が幸せじゃないでしょ。

 

決める!という事は唯一自分でできる事なんだよね。

だから、自己責任にこだわるのさ。

 

もちろん、自分で決めても、考えも及ばない事象に出くわす事もある。

 

Beeさんは自己責任を前面に出す人は「個人の存在を否定する人」という定義をしているけど、本当にそう思うかな?

 

もしかしたら、Beeさんの知っている「自己責任論者」は、自己責任という言葉を誤用しているだけかもしれないよ。まぁ、実際にそういう人は多いしね。

 

自己責任という言葉はさ、捉えようによっては「凄くいい言葉」なんだわ。

 

1、ブレ無くて済む。

2、人の評価に左右されなくて済む。

 

そして、ココが重要なんだけど

 

3、「人を恨まなくて済む」

 

っていう、効能が有るわけ。

 

俺も好きな事を見つけて、仕事の真似事みたいな事を若いうちに始めたんだが、実際に「仕事」と呼べるシロモノになったのは立ち上げてから数年後だし、最初はビンボーの極地で、おおよそ「普通の生活以下」が当たり前で、女にもモテねーし、友達からはアホ呼ばわりされるし、でもね、それでも楽しかったんだよね。自分で決めた事だから。

 

誰も最初は契約してくれないし、こんなに働いているのに、給料は取れないし、なんなんだ!とは思うが、誰のせいでもない、自分で決めた事だから。

 

つまりは、否定的な言われ方をしても、金も全く無くても「楽しくて楽しくて、それがしたい」という事しかしてないわけ。

 

そして、そういう事をただ降って来るのを待つのではなく、徹底的に探したよ。それを行うために、多くのものは失ったけどね。まぁ、それも自分の決断。

 

俺はアホだから、全てのモノを同時に上手くこなすなんて事はできなかったからね。

 

そしてなんとかね、無い頭を振り絞って、どうやったら、せめて普通の生活が出来るかな?という事くらいは考えたよ。キツかったのは確かだけど、でもね、人から見ると、楽しくて楽しくてしょうがなさそうな顔をしてたみたいだよ。だからかな、多くの人に助けてもらったし、こんな馬鹿でも仲間が出来たしね。

 

もちろん今に至るまでの間に、裏切られたり、辞めてった社員のほうが多いが、「俺が至らないばかりに、スマン・・・」としか思わないしね。

 

それくらいに、俺は、バカだ!

だから、仲間が居なきゃ何も出来ん!

それが俺の自慢だ。

 

つまり、恨みたくないわけよ・・・

 

負の感情って、良くないわけ。

物凄く執着して、囚われちまうんだよね、その事だけに。

 

だからね、自己責任なワケ。

 

つまりは、自分が決めた事の成果の高が、良かろうと悪かろうと、それも自分で決めた事から発生した因果だし、もっと言い換えれば、自分の能力にも準じるわけよ。

 

誤解を恐れず言えば「人の能力は公平ではない」。

しかし、公平である必要なんて無いんだよね。

それが、個性であったりするわけ。

 

能力なんて言い方するから誤解を招くのかな?

言い換えれば、ただの「相性」かね。

 

人には向き不向きがあるのが当たり前だから、全知全能なんて目指す所じゃないわけだよね。中にはそういう人も居るかもしれないが、俺には無理かな。だから、合わないと思ってた事からはすぐに逃げてたね。

そもそも、「なりたい自分」ってのは、人口の数だけ有る訳で、それぞれが自分で決めた「なりたい自分」を目指し、どこに満足の基準を置くか?そして、その基準に向かってまっすぐ進めば良いわけだよね。

 

それって、すげーポジティブでしょ、本来。

 

しかしね、ビジネスなんてものは正解がないし、失敗も沢山するわけ。

で!そこに、自己責任がないと、ウラミツラミが巻き起こるわけ。

楽しくねーワケ。

 

ウラミツラミ・・・

自己弁護・・・

 

ネガティブで、生産性無いよね?

失敗したなら、失敗したで、良いのにね!

 

失敗も重要な「結果」だし、誰も手を抜いてわざと失敗した・・・

 

なんて思わないのにね。

だから、俺は自己責任にこだわるよ。

ウラミツラミの産むのは、楽しくないから。

 

特に競馬では、簡単にウラミツラミが産まれるからね。

 

あとね、

生きてく為には嫌な事もしないと・・・

と言う人も居るけど、俺は、生きてくためにこそ、好きな事しかできない・・・というタイプ。

 

勿論好きな事をしていても、その一環の細部では、好きじゃない事や、苦手なことも出てくるけど、総じて「好きな事をしている」と言う実感がないと、全ては「やらされている事」になって、なんだか、自分の人生を自分で決めている実感から遠ざかっちゃうんだよね・・・。


そもそも、人生は一回。

他人と比べたり、他人を羨む必要なんて無いでしょ。

失敗も沢山するし、それが俺の実力だから、その時点では受け入れるしかない。


その上で、言いたい事は・・・

「相対比較」ばかりしていると、疲れちゃうよ、って事。


俺も囲碁も将棋もめちゃくちゃ弱いよ(笑)

でも良いじゃん。

 

国語なんて、スゲー評価低かったし、作文なんて全く書けなかったし。

 

なぜ書けなかったか、考えたよ、小学生の頃。

自分を良く見せよう、先生に誉めてもらおう、親に誉めてもらおう、そんなことを考えたら、全く筆が進まなかったかな。

 

でも、Beeさんは思った事書けるじゃん!

スゲー事でしょ、それ。

 

こんな事書いたらどう思われるかな?とか考えたら、何も言えなくなるじゃん。でも、言える人じゃん。すげージャン。

 

言いたい事は言おう。

間違えたたら、直せばいいや。

そして、その間違えた事で誰かを傷つけてしまったら、本気で謝る。

そうするしかないじゃん。


だからね、そういう失敗を悔いてるから、しっかり考えるようになっただけだよ。

 

だって、それだけ失敗してきたからね(汗)

 

その失敗が怖いからチャレンジしないし、発言もしない、という生き方が有ってもいいと思うよ、それが自分で選んだ道ならばね。

 

でもね、俺はそういう生き方は出来なかっただけ。

かといって、チャレンジしない人を否定も非難もしないよ、だってその人が決めたんだろうからね。

 

でも、時に、「しょうがなく・・・」「俺だってやりたくてやっているわけではない・・・」という、発言する人居るでしょ?

 

好きじゃないんだわ・・・

だから、自己責任にはこだわる。

 

とはいえだよ・・・。

おれだって、総理大臣になれるほどの能力がない事は自分で分かってるし、プロ野球選手には一瞬あこがれたが、それほどなりたいわけではない・・・と、自分で「自覚」したワケ。あのまま目指していたら、絶対にプロにはなれなかったし、挫折した事を「人のせいにして、恨んでいた」かもしれないからね。

 

これを、負け惜しみじゃねーか?とかいう人も居るが、言わせておけばいいのさ。

 

負け惜しみ上等!ってね!

 

「作った自分」を評価されても、「無理している自分」を評価されても、それって意味無いよね。そういう意味での、他人からの評価なんて、そもそも「どうでもいいじゃん」って思ってる俺には、ブログの世界でも、そういう「嫌がらせ」みたいな書き込みやコメントも無意味だぞ!と言い続けてきたよね。

 

本当にコイツには効かねーわ・・・とわかって、今じゃぁ大分そういう「珍獣」が減ったわけだが、その『珍獣』を指して、メンドクセーと言ってる訳で、そういう人と、Beeさんを一緒に括る様なアホではないぞ、俺(笑)
 

ただ、Beeさんは、物凄く感受性が強そうだから、もし誤解して伝わっていたのなら、申し訳ないな・・・と思って、ちょっと心配になって長々と返信してるわけ。

 

Beeさんが書いた最後の言葉。

-----------------------

普通に物事考えるとゆうことができるそんな能力でいいからほしい。
考えることができるなんて贅沢だと思いますよ。
一生懸命に生きて一生懸命にできることやってるのに何でこんなにも人や世の中から否定非難されなきゃならない。

-----------------------

つらそうだな。

Beeさんがどのような否定非難を浴びていて、「普通」がどのレベルを指すのかは分からんが、逃げる事も一考だよ。

 

「今の自分」と「なりたい自分」の差異。

その足りない部分を克服するのはどんな人にとっても「楽ではない」よね。

 

楽ではないから、なりたい自分を諦めるのか?

それとも、克服するのか?

それとも、「本当になりたい自分をもう一度探すか?」

 

は、それも自分で決める事。

 

勿論そこには、様々な能力差があるのが人間の常だし、人間は強欲だからね、ちょっと設定を高くしちゃう癖があるよね。でも、設定高くしすぎると、疲れるぞ・・・と。

考えても考えても上手くいかない事なんてのは、東大卒だろうが京大卒だろうが、往々にしてあるわけだよね。

 

ただ、上手く行かないときに、「やっぱり駄目だ・・・」「俺は駄目かも・・・」と思うような設定や基準なら、そんな基準は下げた方がいい。

 

もしくは、不向きな事にチャレンジしてしまったのかも?と、一歩引く勇気も有っていいんじゃないか?と思う。

 

それを、逃げちゃ駄目だ・・・と思う人も居るかもしれないが、俺はそうは思わん。

 

逃げるが勝ち!

 

この「決断」を、人は凄く難しく捉えているように感じているのは俺だけか?

 

いい加減に生きろ!とか、そういうことではなく、「仕方ないからやる・・・」「嫌だとしても、生活のためにやる・・・」と思ったとしても、マインドセットの仕方一つで楽しくできるんじゃね?と思うわけ。

 

しかーし・・・。

そのマインドセットすら出来ないくらいツラいのであれば、それは、「生きる事=嫌な事」になるわけで、お勧めしねーし、だから「今置かれたところや評価されない行為から逃げちまえばいい!」って事なんだが、伝わるかな?

 

つまりは、その状況から逃げられねーと、いつまでも「自分が駄目だと思わされちまって、遂には自分は駄目だ・・・、と思い込みすぎて、人間であることから逃げちまう人が多いわけでね・・・。

 

そもそもよ、そんな駄目な人間なんていねーよ。

 

ただただ、今苦しいと思っている事は、能力が無いのではなく「向いてないだけ」かもしれないからね。

 

ぶちゃけ、俺なんて「経理の仕事」なんてしてたら、10分でゲロ吐くぞ。

向かない事してたら、ゲロ吐く子供、そういう小学生居ただろ?俺もかわらねーわ。

 

「最近の若者は、石の上にも3年という言葉すら知らない!」なんていう事をいう人もいるが、好きじゃないものはおそらく3分もあればわかる。

 

俺も、好きなものに行き着くまでには紆余曲折あったよ。

「1日」も持たずに、半日で辞めちまった仕事なんて腐るほどある。

 

その都度だらしない・・・、ガキ・・・、性根が座ってない・・・、などと、言われまくった。

 

そんな中で、上手く行かなくても、まったく成果が出なくても「次!次!」と、その「トライ&エラー」が楽しくてしょうがないものを必死で探し、見つけ出したら、必死で追求すればいいと思うけどね。

 

ただね、言うは易しでね。

何かから逃げるという事は、社会人であれば、その間の無収入期間をどうやって乗り越えるか?と言う議題は付いて回るし、学生なんかじゃ「親の期待だのなんだの」を裏切る事になるわけだけど、そこは、好きなものを見つけるための一環として、どうにかせにゃならんだろうね。

 

つまりは、その無収入期間ですら、好きな事を探すために自分で選んだ道!と自覚する事が必要って意味ね。

 

それが出来れば苦労はしない!

と言われるかもしれないが、今の苦労と比較してみて。

どっちがつらいか。

答えはシンプルなところにあるかもよ。

 

そもそも、好きなものって、なかなか見つからないからね。

なかなか見つからないから、自分に考える力がない・・・とは思って欲しくないね。

 

ただ、考える力がもっとあったらなぁ・・・

というのは、基準は分からんが俺も同じだし、共感できるよ。

 

その上で、最後に一つね!

「好きなもの」って、結構無意識下にあったりするから、自問自答を繰り返さないと、何が好きなのかすら「分解して取り出せない」わけだよね。

 

大雑把に、スポーツが好き!

 

といっても、スポーツの何が好きなのか?を、極限まで自分に問い続ける事をしないと、結局、なぜ好きなのか?すら、わからなかったりするからね。

 

知り合いの競馬記者に良く聞くんだが、「自分は競馬が好きです!」といって入社してくる人ほど、すぐ辞めるって。

 

記者は現場とファンを繋ぐ仕事だから、そもそも、ファンを喜ばせるのが好きです!人を喜ばせるのが好きです!というタイプじゃないと、続かないわけだよね。

 

じつは、競馬が好きかどうかは問題じゃなかったりする。

だから、「自分が何が好きなのか?」を曖昧にしちゃいけないんだよね。

だからこそ、今やっている事は「自分で決めた事である」ということを、常に意識し、「そこにだけは責任を持とうぜ!」といってるわけ。

 

そこは、自分のレベル、基準で良いワケで、世間やましてや俺の基準なんかに左右されちゃいかんところだ。

 

つまりは、その基準が低いだの、なんだのと言って来る人がいたら、無視しとけばいいよ。それは、その人の基準を押し付けてくる行為にしか過ぎねーから。

 

ただ、給料を貰う立場であるなら求められる「基準」は受け入れなきゃしゃーないけどな。

 

そういう意味では、このブログで、俺も「基準は持て」と言ってるんだが、「この高さまで来い」「いつまでに来い」とは言うつもりは無い。

 

自由にしてくれ。

だって、モノサシも時計も別々だから。

それこそ、「高さ」と「期間」は自分で決めるでしょ。

 

つまり、自己責任という解釈には様々あれど、その基準を持たない人は、俺はあまり好きじゃないし、そこを考えている人であれば俺とは180度解釈が違ってたとしても、その存在を否定するような事はしないよ。

 

そもそも、自分の基準が曖昧だとさ「他人の評価」ばかりが気になっちまうじゃん。でもさ、他人に評価される事は勿論素晴らしい事だけど、「評価されなければ駄目」というのも、違うでしょ・・・とね。

Beeさんは自分を卑下しているような言い方をするけど、自分がどういう人なのかを、すごく理解しているから、実はその時点で「めちゃくちゃ秀逸」だと言う事を気づいた方がいいよ!

おそらくBeeさんは、俺が上で書いた「相対的な評価を気にしまくる矛盾の権化=珍獣」達の自己擁護のための対象として狙われることが多かったのかな?


なにせ、世の中に自分の事をそこまで的確に理解している人は少ないワケで、その点において、Beeさんは自分の事をしっかり見つめられる人だから、逆に優位に立ってるんだよ。

 

きっと、その感受性の高さを周りは羨ましく思ってんじゃないか?

ましてや、自分自身を卑下するタイプの人は、実は「物凄く優秀で、基準が高い人である」という統計もあるしね。

たださ、幸せの基準は他人基準を参考にしない方が良いと思うよ。


他人の基準と、自分の基準なんて「比べるモノではない」という前提で俺はブログを書いてる。


そういう意味じゃ、Beeさんは、今のままでいいんじゃないか?

自分の事しっかり考えてるし、まぁ、俺の物言いの真意は多分に誤解されているかも知れないが、Beeさんの考え方も一理も二理も有るワケだから、俺の基準なんてそんなに気にしないほうがいいと思うけどな。

ただ一つだけ、言わせて貰えば、俺は「個人の存在を否定する」というような事はしてないぞ。


つじつまの合わない矛盾だらけの考え方をしているにもかかわらず、それを認めない人・・・


「これはしたくないけど儲けたい・・・」とか、「なりたい自分は有るがラクしてそうなりたい・・・、そして、そうなれなかった時に、それは社会のせいだ・・・」とか、「誰かのせいだ・・・」と短絡的に他人のせいにする人が・・・

 

「好きではない」

 

だけ。

そういう人を否定も肯定もしないし、そういう人は存在し続けるだろうが、「俺は好きではない」という意見ね。

 

 

ちなみに、俺はコメントをくれたブログの記事でも、この返信の記事でも、敢えて「嫌い」と言う表現は使わず「好きではない」と言う表現を使っている。

 

そもそも、俺の基準の中に「嫌い」という概念が少ない。

 

嫌い・・・

と言う負の感情を中心に判断すると、気持ちが滅入るんだわ。

だから、「嫌い」というよりも、「好き」か「好きではない」という所に基準を置くようにはしている。

 

似たように思えるかもしれないけど、俺の基準では全然違う。

 

「好きじゃない」事と、「嫌い」な事は『イコールでは無い』と思ってるからね、俺。

 

「好きじゃない」というのは、いわゆる「普通」であったり「興味が無い」という事を指すから否定ではない。「嫌い」となると、そこにも基準を置かなくちゃいけなくて、一度基準を置くと、その基準に準じて嫌いな事が増えるんだわ・・・。

 

嫌いな事を増やす意味が俺には分からないからね。

 

俺がブログでよく書く、「物申す!」ってのと「嫌い」もちょっと違うんだよね。

 

だから、「嫌いじゃねーよ!」という表現は逆説的に言えば、「好き!」ほどではないが、興味はある!っていう状態だったりするんだよね。

 

まぁ、言いたいのは「好き」な事に基準を置いて、物事を判断してるだけ・・・という、まるで小学生みたいな考え方なんだけどね、俺。

 

まぁ、屁理屈かもしれねーし、これ自体矛盾した話かもしれないが、それを自分自身でも分かった上で、書いてるって事。

 

そして、その考え方に、なんと言われても「それが俺だからしゃーない!」と、半ば開き直って、居直る!という事をしてるわけ。

 

人間ってさ、矛盾だらけじゃん。

ご多分に漏れず、俺も、矛盾だらけで形成されているよ。


俺はさ、「矛盾を理解していない人」が好きじゃないんだわ。

正確に書くと「矛盾」自体は嫌いじゃないし、人間自体が「矛盾の塊」だと思っているから、「自分が矛盾している事を認めない人」が好きじゃないだけね。

 

いいじゃん、少々矛盾してたってさ・・・。
 

「俺は矛盾してる!」


と宣言している人は、矛盾の確信犯的な人でさ、ある意味人間っぽくて逆に好きだったりするからね、俺(笑)

 

だって、完璧な人間なんて、居ないジャン。

 

その上で!

ボチボチ締めくくるが、俺の言っている事を理解しようとしてくれていることに、とても感謝するよ。

 

Beeさん、愛があるね~!ってね。

 

なぜそう思うか?

俺の記事の、分かり難い所や、Beeさんの考え方と違うところ、そして、Beeさんが俺の言葉を「どう受け取ってしまうか?」という部分。

 

どうしてそういう言い方をするのか?

 

という事も含めて、俺が言っている事を理解してくれようとしていなけりゃ、そこまでの長いコメントはしてこないよな!という事ね。

 

もちろん、Beeさんの言っている事も、わからなくはない。

 

しかしね、受け取り方は千差万別だよね。

俺は、Beeさんの境遇は分からないし、Beeさんが「どうなりたいのか?」も分からない。

 

俺にできる事は、「知りたい」「理解したい」と思ってくれている人に、理解されるかどうかは別として、俺の考え方の基準を書き込むだけ。

 

その基準に「合う合わない」「好き嫌い」と言う評価が付いて回るのは、意見を晒している以上仕方の無い事で、その、「合う合わない」「好き嫌い」という評価はありがたく頂戴し、もちろん色々な意味でアップデートは繰り返すが、俺が振り回される事は無いという事。

 

そして、Beeさんも、俺の基準なんかに振り回される必要は無いという事。

 

その上で、今回のように『なぜ?』と、『知りたい』と言ってくれる人には、『こんな俺の事を理解してくれようとしているんだな!』と解釈して、勿論誠意を持って返信するよ。

 

まぁ、人間「十人十色」だし、絶対的に「能力」も「考え方」も違う事が前提なワケで、全ての人に良い評価をされるワケは無い・・・という前提の上に立っての行動だけどね。

 

そういう意味で、「意見の相違」は人類の大前提なワケで、その上で、「こういう議論は嫌いじゃないよ」と言いたいわけ。

 

どっちが正しい・・・ではなく、『そういう人が居る』という事実の認識だけが必要なんじゃないかな?と思うだけ。

 

その上で、俺は「自己責任について考えもしないヤツは相手にしない」という基準を最初に表明しているだけね。

 

もちろんこの返信も、Beeさんを言いくるめようだとか、納得させようだとか、共感してもらおうという目的ではなく、ただただ、「俺はこういう考え方の人間です」と言う事を、晒して、置いておく・・・ってのが、この記事の目的ね。

 

もう分かったと思うけど、「返信している事実」をもってしてみれば、Beeさんは俺が返信する対象な人なワケ。

 

その事実が全てかな。

 

って事で、ここまでの内容が返信になっているかどうかは分からんが、『一生懸命生きている事』を否定されているように感じるのは、『他人の価値観や基準で生きている事』が原因なんじゃないか?

 

これも、ただの俺の主観だけどね。

 

きっと、Beeさんはとてもとても「感受性」が高い人なんだろう。

 

全ての読み物や、全ての人の声が「自分を非難している」ように聞こえるほどに、自分に高い基準を設定しているのかもしれない。

 

「生きてるだけで丸儲け」

 

明石家さんまさんの超絶名言だと思ってるんだが、それじゃ駄目か?

 

世の中駄目な人なんて、いねーから。

 

そして、『自分のやりたい事』に関しては、誰からも評価されなくても自分が本当にしたい事なら、それをまずは自分が愛す事だと思うぞ。

 

友達でも無い人に、これほど語った事は初めてだが、なんかちーと心配になって、諸々書いちまったわ。

 

まぁ、言いたい事はひとつね。

楽しく生きるために何をするか?は、結構自分で決められるし、幸せの基準こそ、まず最初に、自分で決めたほうがいい事であって、他人の幸せの基準と比べない方がいいと思うぞ!という事だ。

 

その上で、誰かの評価を得たいのであれば、「その誰か?」は「何を求めているのか?」を相手の立場になって一生懸命考えるしか無い訳だが、それって、本当に難しいことだから、無理しすぎると、自分が駄目人間になったような感じになるから、気をつけなよ!

 

で、今週末も、必死で走るサラブレッドに「アイツら、マジ半端ねー。スゲー一生懸命だなぁ・・・」と、勇気を貰えばいいっしょ。

 

儲からないと面白くない・・・

当たらないと面白くない・・・

 

競馬をそうみてると、確かにそうだし、「えー!ココで出遅れる???」なんていう理不尽も含めて、色々あるけど、そういう時は、競馬場行って、レース後の馬を見てあげてね。

 

ゼ~ゼ~言って、汗だくで、脚ブルブルさせてまで、一生懸命走った姿見てたら、100万負けてても、「わかった、わかった、ゴメンゴメン、よう頑張ったな!」って思えるから。

 

もしそう思えなかったら、競馬は向いてないかもね(苦笑)

 

それなら、ボートや競輪の方がいいかもしれねーぞ!

あ、俺、今度、ボートや競輪のブログでも立ち上げようかな?笑

 

って事で、Bee氏!そんなに自分を卑下しなくてもいいんじゃないか?

 

じゃーな。



 

AD
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)

競馬事情通さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。