姑息なのは泉佐野市

テーマ:
泉佐野市のふるさと納税について
肯定的
否定的
色んな意見があるのかも
知れません

個人的に感じた印象ですが
 
法の不備を突いた脱法行為で
他の自治体の地方税を
極めて不当な方法で
横取りしているに過ぎないと
感じています
 
アマゾンギフトや高額な還元率で
お金を集めただけであって
 
お金を集められれば
何をしてもよいという施策は
好きになれません
 
法律違反はしていないと
言いますが
国の通達には
違反しているし
趣旨からは逸脱しています
 

私たち国民は
法律だけではなく
さまざまな通達やルールに拘束され
それによって
健全な秩序が保たれています
 
法律に違反しなければ
法にないルールは
守る必要がないというのは
正しいのでしょうか
 
ましてや
地方公共団体が
このようなことをやっていいのか
というのが理由になります
 
 
また
そもそもふるさと納税も
やめるべきだと思っています
 
今や
当初の趣旨とは
違ったものになっています
 
理由は
 
このふるさと納税によって
30%が還元され
 
またこの還元のための経費として
20%~30%かかります
 
つまり
仮に100万円収めたとして
税収としては
40万円~50万円程度に
減ってしまいます

それなら
地方税を10%から5%に
減額すれば全員公平に
減税できるのになと
思うわけです
 

確かに
地場産業が潤うという効果が
あるのかも知れませんが
 
そもそも
この業者がどのようにして
選定されるのか
 
競争がないので
業者は言い値で納品することも
出来てしまいます
 
泉佐野市のアマゾンギフトで
分かったことは
アマゾンギフトは返礼品ではなく
あくまでプレゼント
(言い訳が姑息です)
 
直接手続きすることで
業者の委託料を支払わない分
20%のアマゾンギフトを捻出している

という説明から
委託料は寄付額の20%も
あることが分かります
 

どのような業務内容か
わからないまま
決めつけるのも
良くないですが
20%は高すぎませんでしょうか
(300億の20%ですよ)
 
委託業者は
どのようにして
選ばれるのでしょうか
 
とても美味しい仕事ですね
 

このように
一部の業者のみが
得をするような
歪んだ制度だと感じるのです
 
その財源が
税金だから余計です
 
 
このような
疑問などを
泉佐野市に聞いてみたのですが

(はじめは委託業者に電話がつながったようです)
こちらからの
質問には
何一つお答えいただけませんでした
 
答える必要がない
説明する義務もない
ということでした
 
また
執拗にこちらの名前を
聞かれました
 
それなのに
相手方はまったく名乗らず
名乗る必要がないって
 
おかしいですね
 
寄付とは言え
ふるさと納税といって
税金と同じなのに
 
その税金について
質問しても

一切答えない
答える義務がないと
言い放つ泉佐野市は
 
さすがに
国の通達に従わないだけあって
職員も委託業者も
とても態度が悪かったです
不愉快でした
 
電話も
こちらが話している途中で
ガチャ切りされました
 
透明性もなく
何かバックに
黒いものがあるのではないかと
疑いたくなりました
 

電話したのが
委託業者だったと分かったので
 
泉佐野市の
担当部署に電話してみたのですが
 
たいして変わらなかったです
 
「お答えできません」
「お答えできません」
「お答えする必要がありません」
 
の連発でした

全く説明する姿勢もなく
批判的な意見には
とても不愉快な態度で
返されました
 
 
 
アマゾンについては
税金を支払っていないという批判が
たくさん見られます
 
私がネット上で
調べてみた限りでは
 
アマゾンジャパンは
法人税を納税しているようですが
 
アマゾンの売上は
ほとんどが本国に吸い上げられる仕組みに
なっているようで
 
アマゾンジャパンとしての
納税額は
売上に全く伴わない
低額であるようです
 
また
泉佐野市は
100億円還元キャンペーンと題して
googleやtwitterに
広告を出していますが
 
これらも含めて
日本で納められた税金(正確には寄付ですが)が
外国に流れるという
結果になっています
 

この点について
泉佐野市に
どう考えているのかを
聞いてみたいと思ったのですが

上記のとおり
一切答えてはもらえません
 
一般人には答えない
と言われました
 
答えるのは
マスコミとメディアだけだということです
 

結局
私が泉佐野市から聞いたのは
 
法律に違反していない
国の通達には従わない(従わない理由は答える必要がない)
アマゾンは日本で納税している
一般人の質問には答えない(答える義務がないから)
 
というような
残念な対応でした
 
答えてもらえないにしても
言い方って
あると思うのですが
 
こちらが
本当に不愉快になるような
態度だったことが
印象的でした
 
上から
批判には
一切対応するなと
言われているかのようです
 
 
 
地方交付税を
2億円減らされても
300億円集められるなら
 
やったもん勝ち
ということですね
 
 
他の真面目な自治体が
姑息な泉佐野市に
横取りされるのは
見過ごせません
 

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村


行政書士ランキング