皆さん、こんにちは。

OFFICE TETSU SHIRATORI地球蘇生プロジェクト事務局です。

 

 

(この配信文は11月15日配信にメルマガ配信されたものです
メルマガ登録ご希望の方は↓)

 

 


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

皆さん、こんにちは。
白鳥哲です。




10月下旬、映画『祈り』が繋いでくれたご縁で、
長野市飯綱高原にある次世代コミュニティ「いのちの森 水輪」へ行ってきました。

 

 

深く感動して、未だにその余韻を感じております。



「水輪」の発端は、教師であった塩澤研一さん、

みどりさん夫妻の娘さんの早穂里さんがお生まれになるとき、

前頭葉脳損傷になられ重度の障害を持たれたことに始まります。

ご夫妻は、毎日のように癲癇発作に苦しみ、食べることすらままならない早穂里さんが保養できるようにと飯綱へ引っ越されます。
みどりさんと研一さんは禅との出会いによって、その苦しみと向き合い、深い気づきを得られることになります。住居に「早穂里庵」という名前を付け、そこに多くの人々が集まってくるようになるのです。
そして1992年に、心と体の健康を考え、気づき癒し、学ぶ場所「水輪」をつくられました。


長野市から自動車で30分くらい登っていくと「水輪」の敷地が始まります。一帯は清々しい高原…心が清められるようなそんな神気に溢れています。


「こんにちは」


施設のスタッフから歓迎のあいさつを受けます。元気で喜びにあふれた素朴な挨拶に自然と心が温かくなるのを覚えました。
散策してみると、ペンション風の宿泊施設とホリスティック(全体的)医学のクリニックが併設されていて、
中央には広大な農場が広がっています。この時点で私の中では求めてきたものがここにあるような不思議な感動が溢れてきていました。


約束の時間になり、

中央の施設に伺い副理事長である塩澤研一さんとお会いしました。

ご挨拶をしてから、

教会だった建物を集会施設として修繕した「音楽堂」をご案内いただきました。

 


建物の中には、巨大スクリーンが用意され最新の音響施設と共に宇宙の始まりから、現在の宇宙までを描いた映像が映し出されその映像から身体の内側の世界を見せられているような心持ちになっていきました。





いのちはどこから来たのか?どこから来て、どこへ向かうのか?




いのちのルーツを辿るひと時となりました。
その後、映画『蘇生Ⅱ』の予告編など、地球蘇生プロジェクトの一連の作品の予告編が画面に映し出されていきました。






そのうちにこの会場で多くの方々に映画を観せたい・・・そんな想いが溢れてきました。







ひとしきり映像を拝見してから教会の地下の施設、そして、備蓄庫、さらにガラス張りのチャペルを見せていただきました。全てが行き届いており居心地の良い空間に温かい気持ちになりました。

 


チャペルと集会所の間の渡り廊下で暫く研一さんと共に佇んでいました。

目の前に広がる飯綱山には雲が広がっていました。ところがしばらくして、雲が晴れ渡り、飯綱山の頂上が見えました。

 

 

 

「すごい・・・雲が晴れて頂上が見えてきたよ!」

 

 

 

研一さんのお言葉からまるで山が迎えてくださっているような不思議な気持ちを抱きました。

音楽堂の視察を終え水輪の中央の位置にある施設で夕食をいただきました。

私はその席でここに来られた感動を塩澤ご夫妻にお伝えしました。

 

 

「私はずっと、この地上で、全てのいのちが尊ばれ、

お互いを大切にし合うコミュニティを創りたいと思ってきました。

それがここにあることに、そして、ここまで、ここを作り上げてくださった、

研一さん、みどりさんに心から感謝したいです」

 

 

私の中でずっと願望がありました。自然農で育てられた作物を分かち合って、いのちを大切に、調和を重んじ、お互いを大切に思いやるコミュニティを創りたいというものです。そこは大きな特徴が四つあります。



1. 循環型自然農で自給自足する
2. エネルギーの自立
3. 魂の教育がされている
4. 分かち合いの世界


まさしく、その世界がここにあったのです。


お食事の席で水輪の歴史を教えていただきました。ご夫妻の娘さん早穂里さんの身体の健康を考え、精神を修養してくために、様々な先生をお呼びするうちにそれを少ない人数のためにやるのは勿体ない、多くの人々と共に分かち合いたい。そんな思いを一つ一つ実現するうちに、周辺の施設をリトリート施設として修繕して、今のようなコミュニティになっていったと。そのお話を伺ううちに、ここは天の理に即して生まれた地上天国のモデルなのかもしれない。そんな想いを抱きました。
感動に浸っていると「ご用意が出来ました」と声をかけられます。食堂の入り口の方で和太鼓の前に、法被姿の青少年20数名が並んでいらっしゃいます。


「これから、和太鼓とソーラン節を披露させていただきます。その前に、メンバーよりご挨拶をさせていただきます」


和太鼓の前で準備していた若い女性の一人が立ち上がりマイクを持ち語り始めます。


「私には恐怖症があり長い年月心と体を痛めてきました。でもここへ来て、今まで『自分が、自分が』と自分のことしか見てこなかったことに気づきました。すべて母親の所為にしてきたのです。水輪に来て、その自分の心の甘えに気づいて、今、こうしています。水輪に来てよかったです。」


次にリーダーの男性が話されます。


「僕は今、農業のリーダーをさせていただいています。農業高校を卒業してから三年間引きこもっていました。でもここへ来て、任せていただけるようになって、これからはもっと勉強していのちを輝かせていきたいです。」


そして、ここの施設に入った際
一番始めに「こんにちは」とあいさつをしてくれた女性が話します。


「ここへ来るまで私は長年死にたいと思ってきました。でも、みどり先生、研一先生に一所に懸命になることを続けていくと「一生」「懸命」になっていくことを教わりました。そして、水輪のスタッフとして働くことを決意してそのことを認めてもらえて嬉しかったです。今日、白鳥監督が仰られた『一度っきりの出会いに、二度とない出会いに、いのちを込めて、ハートをこめて生きよう』と決意しました。ありがとうございました!」


メッセージを伝えたあと、全員で和太鼓を演奏、その後、「アメイジング・グレイス」がうたわれソーラン節の踊りが披露されました。


私は、この真っすぐなダイヤモンドのように煌めいた純粋な想いに体が震えるぐらいの感動を覚えました。


 

 


いのちを何のために使うのか?

 

 

 

改めて問われた想いがいたしました。

そして、この水輪にいのちの・・・愛の雫が落ちていることに気づいたのでした。

 

翌日は、早朝から温かい想いに包まれていて前日、見られなかった施設を研一さんのご案内で巡りました。

「日輪」「水織音」「森のいずみ」・・・

どの施設も手入れの行き届いた施設で光を多く感じました。

そして、「水輪ナチュラルファーム」と呼ばれる自然農の農場にご案内いただきました。

広大な敷地にネパールトウモロコシ、ジャガイモ、チンゲン菜、薬草・・・多種多様な作物が、

どれもが美しく、色も味も、驚くほど良く出来ているのです。

 

 

 

 


感動しました。

全てのいのちが尊ばれている・・・。

心の底から感動しました。

 

 

「早穂里さんに会っていただけますか?」

 

 

研一さんからその言葉を聞いたときに遠い昔から

それを望んでいたようなそんな想いが浮かび上がってきました。

塩澤早穂里さんのいらっしゃる「早穂里庵」に入ります。

そこには理事長の塩澤みどりさんそして、

四六時中看病されている看護婦の方がいらっしゃいました。

そして、早穂里さんのベッドを見たときにそこに光がさして見えたのです。

 

 

呼吸することもままならない早穂里さんの様子はまるで「いのち」そのものでした。

 

 

 

愛そのものでした。

 

 

 

懸命に生きていのちそのものと言えるそのお姿に私は自然と涙があふれてきました。

心の中で「お会いできてうれしいです」と伝えました。

すると深い喜びが返ってきました。

まさに「愛の雫」が早穂里さんなのです。

 


みどりさん、研一さん、ここの施設のみなさんは、

この早穂里さんと共に意識を合わせられて純粋性を高めてこられたのです。

 

 

この地球を美しい世界にするのは、この純粋性です。

純粋性がある臨界点に達した時にミロクの世が地球に現実化していくのです。

 

 

地球は今、大きな変革期にあります。

この変革期に私たち人類が二元的な損得の世界から一つであることを思い出し、

愛に変容を遂げられるか?

一人一人の純粋性をどこまで高められるか?にかかっているのです。

 

 

この水輪で<恩送りコミュニティ>の活動が進められたらと思いました。

近く、そのお話をどこかでさせていただければと思います。

 

 

愛と感謝を込めて
白鳥哲

--------------------------------------------------------

 

新作映画『ゼロ・ウェイストPLUS~持続可能な暮らし~』

≪劇場情報≫

【東京(新宿)】K’s cinema (2022年1月15日(土)~ )

初日舞台挨拶あり

 

 

 

【長野(長野市)】 相生座・ロキシー(2022年1月21日(金)~)

1/22(土)舞台挨拶あり

 

 

 

【長野(塩尻市)】 東座(2022年1月22日(土)~)

1/23(日)舞台挨拶あり

 

 

◆自主上映スケジュール

 

 

 

※ご来場の際は、体調にご留意いただき、手洗い、マスクの着用などをお願いいたします

 

 

 

 

 

 

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*


恩送りコミュニティのご参加については下記、リンク先からご覧ください。

 

☆ 参加費:恩送り!
☆ 方法:zoom☆ 有志の方は、どなたでも参加可能!
https://earthianalliance.com/community/

 

 

 

 

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 

白鳥監督作品 長編7作品

Vimeoオンデマンドで一挙公開中!

image

 

※見たい映画の言語をクリック!

 

微生物での地球蘇生ドキュメンタリー

『蘇生Ⅱ~愛と微生物~』(2019)91分
日本語)(英語字幕)(ドイツ語字幕)(フランス語字幕

 

20世紀最大の奇跡を語る超話題作ドキュメンタリー

『リーディング~エドガー・ケイシーが遺した、人類の道筋。~』(2018)96分
日本語)(英語字幕)(スペイン語字幕)(中国語字幕

 

福島原発に迫る!地球蘇生ドキュメンタリー

『蘇生』(2015)90分
日本語)(英語字幕)(英語吹替

スペイン語字幕)(中国語字幕)(ドイツ語字幕

フランス語字幕)(ロシア語字幕)(タイ語字幕

 

意識の力が解き明かされる!ロードショー3年3ヶ月の記録保持ドキュメンタリー

『祈り~サムシンググレートとの対話~』(2012)90分(日本語)視聴覚対応版)/(英語字幕)(英語吹替

 

病からの復活・食べない人生を追うドキュメンタリー

『不食の時代~愛と慈悲の少食~』(2010)84分
日本語)(英語字幕

 

右脳教育・児童教育の第一人者 七田眞博士のドキュメンタリー

『魂の教育』(2008)100分
日本語)(英語字幕

 

世界初!波動医学を取り扱った劇映画

『ストーンエイジ』(2005)109分 

日本語)(英語字幕

 

【Vimeoオンデマンド鑑賞方法】はこちら↓

https://ameblo.jp/officetetsushiratori/entry-12592771200.html

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 

 

***********************************

 

地球蘇生プロジェクト 映画作品一覧
http://earthianalliance.com/activity/

 

***********************************

本ブログの記事を転載いただく場合
・転載開始と転載終了箇所がわかるよう明記をお願い致します。
・転載元である本ブログのリンクを張っていただくようお願い致します

 

OFFICE TETSU SHIRATORI 地球蘇生プロジェクト事務局
〒253-0053
神奈川県茅ヶ崎市東海岸北2-9-48
電話 0467-87-6731(月火木金10時~15時)
FAX 0467-87-6732(24時間受付)

http://earthianalliance.com/