皆さん、こんにちは。

白鳥哲です。

 

 

先日、全盲で世界で初めてヨットで太平洋を横断したヨットセーラーの岩本光弘さんと2016年の冬以来、二度目の再会を果たしました。

 

 

 

 

大変に感動しました。

 

 

「見える」世界が当たり前でないこと・・・

深い絶望こそが希望の種であること・・・。

 

 

 

そんな深いメッセージを頂きました。

 

 

 

岩本光弘さんは、13歳という多感な思春期の時期、徐々に視力を失って

最終的に16歳で全盲となります。

 

 

 

見えていたはずの世界が全く見えなくなっていく・・・。

 

 

 

その衝撃は、計り知れないものがあります。

想像を絶する体験だったと思います。

目が見えなくなって初めて味合う恐怖と不安。

そして、絶望の淵に立たたされたのです。

 

実際、岩本さんは、その段階で自暴自棄になり自殺を考えられます。

そして、海に飛び込もうとして死のうとしたとき、亡くなった叔父様の声を聴くのです。

 

 

「生きなさい。同じような苦しみを抱かれている方々を救う道しるべとなりなさい」

 

 

見えるのが当たり前で生きることに何の意味も見いだせない人々・・・。

そして、沢山の情報が気軽に手に入ることで、結論が先に見えてしまい

行動に移す前に一歩も踏み出せなくなって、引きこもってしまう人々・・・。

 

今もそのような闇の中にいて一歩も踏み出せず引きこもっている方々が多くいらっしゃると思います。岩本さんの生き方はそんな恐怖で何もできないでいる方々に救いをもたらすものです。

 

 

岩本さんは

 

 

「見えないことが個性である」

 

 

というところまで行きつきます。

実際に多くの方々を助けるライフコーチングとしてアメリカサンディエゴを中心に活動されます。

 

そんな中、ふつふつと沸いてきたのが「太平洋をヨットで横断」という夢でした。

全盲で太平洋をヨットで横断した人間は未だかつていません。

 

その決断をして進み始めたときに多くのサポートが得られ一度目の挑戦がされます。

フリーアナウンサー辛坊治郎さんと共に2013年一度目の挑戦をされるのです。

 

しかし、この最初の挑戦は、クジラにぶつかり座礁することになるのです。

この失敗がメディアを通じて沢山の誹謗中傷を受けることになります。

 

 

「目が見えない人間は部屋でじっとしていろ!」

 

 

心無い罵声が岩本さんを苦しめます。

そんな激しい誹謗中傷と共に、海に対しての恐怖心はさらに深まったのです。

相当な恐怖だったと思います。

しかし、岩本さんはそんな自分の状態をも受け入れて

2度目の太平洋横断をしようと決意するのです。

 

そのことを決意させたのが

「有難う」という言葉でした。

 

 

失敗したはずの出来事【クジラにぶつかって座礁した一回目の挑戦】に感謝が生まれたときに、失敗が奇跡であったことに気づくのです。

 

 

恐怖の原因だった出来事に感謝が生まれたとき

あのときに奇跡が起きていたことに気づくのです。

 

 

1.       クジラにぶつかつて座礁したあのときが夏至であったこと

2.       クジラがぶつかったあの地点が、救助艇がたどり着ける限界点であったこと

3.       座礁したのが朝だったこと

 

 

実は奇跡が起きて命が救われた出来事であったと気づいたのです。

どんなに大きな失敗でもそれは成功するための大切な経験であったこと

そのような気づきは感謝によっておきます。

 

 

不幸か?幸福か?

成功か?失敗か?

敗北か?勝利か?

 

 

人は目の前に起きた出来ごとを判断して決めつけますが

人生を良いものにするか?悪いものにするか?

は自分の意識が決めているのです。

 

 

どんなに失敗に思ええることも

どんなに不幸に思えることにも

そこには幸福になるべき意識の状態があるのです。

 

それは目の前に起きた出来事をありのまま受け入れて

感謝できたときに物事を好転させていくのです。

 

 

岩本さんの生き方を通じて

私たちが

絶望を希望にかえる術を知ることが出来るのです。

 

 

そのことを語った新作短編映画『見えないからこそ見えた光近々、初お披露目いたします(1027日のイベントで上映予定)

 

 

公開の折は是非、ご覧いただき明日への糧としていただければ幸いです。

 

 

 

何卒、よろしくお願いします。

 

 

 

これらの短編映画は恩送りで制作してます。

是非ともご理解頂き、基金【アーシアン基金】を頂ければ幸いです。

 

 

 

【参考ブログ】

音だけの世界

https://ameblo.jp/officetetsushiratori/entry-12129933943.html

***********************************
本ブログの記事を転載いただく場合
・転載開始と転載終了箇所がわかるよう明記をお願い致します。
・転載元である本ブログのリンクを張っていただくようお願い致します。
OFFICE TETSU SHIRATORI 地球蘇生プロジェクト事務局
〒253-0053
神奈川県茅ヶ崎市東海岸北2-9-48
電話 0467-87-6731(月火木金10時~15時)
FAX 0467-87-6732(24時間受付)