「か」が言えた!♪

テーマ:

 

  朝夕の風が涼しくなり、夏から秋へと季節が変わってきています。

 過ごしやすくなっていきますので、訓練にも集中して取り組んでいきたいですね(^^)

 

 さて今回は「音声模倣」のひとコマです。ABAで有名な小児科の先生が「どんな手をつかっても7歳までは音声言語の獲得をめざすべきだ」と言ってましたが、その入口の紹介です。

 

 このプログラムでは大人の声を1音ずつまねさせ50音を発音できるようにしていきます。音声模倣は子ども本人が声を出さないことには始まらない訓練です。ですので、最初はどんな声でも出たら褒める(強化)というところから始めて、徐々に目標の音を出せるようにしていきます。

 

 Tくんはこの訓練に取り組み始めて約半年になります。
 

 母音の「あ」から始めて、少しずつ出せる音を増やしてきました。「ま」「た」「な」行が言えるようになりましたが、「か」行の音がなかなか出ません。 そこで取り組んだのが「口を開けたままの『ん』」の音です。舌の位置が「か行」の音を出すときと同じだからです。

 

 この『ん』も苦戦していましたが、先日上手に発音できたときに「今だ!」と「か」の音に挑戦したところ、「か」が!! そのまま何度も練習すると、安定して「か」と言えるようになっていきました。こういうときはここぞとばかりに攻めます(^^)

 

 「か」が安定してきたら「こ」の音も出るようになりました。やったね、Tくん!

 

 失敗をさせやすい音声模倣は訓練を短めに、しかしこつこつ続けていくことが大切です。Tくんはマママでの訓練以外にお母さんはおうちでの訓練に取り組んでいます。その成果が徐々に表れてきています。
 

 言葉の獲得へつながる第一歩。焦らずじっくり取り組んでいきましょう(*^_^*)

 

AD