にんげん神様が教えてくれたこと

にんげん神様が教えてくれたこと

にんげん神様たちに教わった通りに、「幸せ」からお仕事をはじめてみたら、幸せがどんどん広がった

「それ、今年でもいいのよ?」

と言われて、体中から恐怖が吹き出しました。

 

 

「あれを、今年……」

「うわ~~~~いやいやいやいやいやいや! 怖いわーーーーーやだーーーーーっ」

って、怖くてうっかり笑ってしまいました。

 

 

 

 

 

1年くらい前、わたしにそんな爆弾を打ち込んできた方は、人生の大先輩で、とても謙虚で穏やか、そしていろんなことをわたしに教えてくださる方。

 

 

年に1回か2回お会いさせていただいてます。

その方は会うたびに「織恵ちゃん、こっちの扉もあるのよ」「こっちの世界もあるよ」と、わたしとは違う感性で世界を見せてくれる。

 

 

わたしには無い感覚を持ち、わたしとは全然違う世界を生きてきていて。

豊富な経験と緻密な観察力と、緩やかでオープンでいて繊細な感性が混ざり合う、素敵な可愛らしい女性。

 

 

 

久しぶりにお会いできて、お話ししててね。

言われたのです。

 

「わたしから見ると、今の織恵ちゃんは、50年後の織恵ちゃんに比べるとまだまだ閉じてる」

 

 

 

 

……え?ええ。

50年後のわたしに比べると?

 

ええ、まあそう……ですよねぇ、きっと。

50年後は今と全く違う自分になっていたいですもの。

 

 

 

でも。

話の始まりが、そもそも突拍子も無いですよ。

 

「わたしから見ると、今の織恵ちゃんは、50年後の織恵ちゃんに比べるとまだまだ閉じてる」って。毎回思うけど、一体何を観てる方なんでしょうか。笑

 

 

まず、50年後なんて生きてるのかしら?死んだ後のこと?いや、まあちょっとわからないなぁ。

でもどちらにしても、彼女によると、どうも50年後のわたしと、今のわたしだと大きな隔たりがあるようです。

 

 

 

 

それがどんな隔たりなのか、どんな違いなのか、具体的なところはひとつもわからないけれど。

でも彼女が「わたしから見ると、今の織恵ちゃんは、50年後の織恵ちゃんに比べるとまだまだ閉じてる」とわたしに言ってくれた時、わたしの体の範囲が、ぶわっと大きくなったような体感があったのです。

 

 

「あ……50年後の、もっともっと開いてるわたし……」

「わかる、この感覚」

 

 

そうやって、突拍子もなく目の前に50年後をパッと出されたとき、全く違う自分がいるって感覚的に知ったとき、なんというかものすごく未来が開けた感じがしました。

 

 

 

 

 

あ、わたしにはこんな可能性があるんだ、って。

もちろん具体的に何をしてるとかなんて全然わからないんですけど、未来の自分が突然リアルになったような。

 

 

 

 

でね。

その50年後の自分を感じたとき、ふとね。

 

「あれ?これって50年かけなくたっていいんじゃん?」

って、よぎったんです。

 

なんとまあ、不遜な。笑

 

 

 

 

で、言ったのが。

 

「これ、50年後じゃなくても、10年後でも3年後でも、その状態になっていいんですよね?」

 

「もちろん!」

 

「やったーー!」

「ですよね!」

「3年後にしよう♪」

 

 

うんうん、あれが3年後なんて、めっちゃ楽しい。今の自分とは大きく違う。3年後かあ……

どんな感じなんだろ。って思ってたら。

 

 

 

 

 

 

「でもね」

 

「それ、今年でもいいのよ?」

 

 

 

 

 

………?

……………?

…………………???

 

 

 

 

…………………えっ?

ええーーーーーーーっ!?

 

 

 

 

今年!?

 

いやいやいやいや……50年後を3年後にしただけでも、かーなーりー引っ張ってきたよ?

それを、今年???

 

 

 

 

「あれを、今年……」

と思ったら、肩から背中から体中からブワッと恐怖が吹き出しました。

 

 

でもね、そうなんです。

やろうと思えば、あの50年後を今年やることだってできるんです。

 

だって、数字とか実績とか結果の話をしているわけではなくって。あくまでわたしの「状態」の話をしているのだから。

 

 

 

「50年後のわたしは、今のわたしよりもっともっと開いている状態である」ということ。

 

 

その状態になるために、何かが必要なわけではありません。

お金を稼ぐ必要もないし、仕事で実績を作る必要もない、人生経験を積む必要もないし、新しいパートナーに出会う必要もない。何も必要ないのです。

 

 

今のわたしで、なろうと思えばなれる。

 

 

 

 

 

なのに。

 

 

「3年後」なら、めっちゃ楽しい♪と思えたのに、「今」になった途端、恐怖が走る。数字だけ見たら「50→3」の方が「3→0」より大ジャンプなのに。

 

 

 

「あれを、今年……」

「うわ~~~~いやいやいやいやいやいや! 怖いわーーーーーやだーーーーー」

って、笑ってしまいました。

 

もちろん彼女は大爆笑です。

 

 

 

 

 

でもね、わかっているんです。

怖い、ってことは、やる、ってこと。笑

 

 

「怖い」と「わくわく」は同じなんだよ、とだいぶ昔に教えてもらって。

どっちも「やりたいこと」だけれども、思考=今までの自分の枠組みを通して出てくると「怖い」になって、思考を通さずに出てくると「わくわく」になるのだよ、って。

 

 

これね、本当にその通りだなと体感しています。

 

ハラの奥底では「やりたい」「やる」になってるのに、思考が、感情が、エゴが「嫌だーーー」「怖いーー」って止める、その感じ。

 

 

 

 

わかっているので、何度も「やだー」「怖いー」ってやりながら、ジタバタしながら進んできているのでね。やります。笑

 

「やる」

「怖がりながら、やる」

「嫌がりながら、やる」

 

の三択なんです。笑

結局「やる」しかない。

 

 

 

 

わたしの心地いい範囲の中だったら「3年後」で落ち着いていた。けど、彼女が爆弾を投げてくれたお陰で「今年」にまで引っ張ってくることができました。

 

50年後の未来を、今年。

 

ふふ。とっても夢物語のように聞こえるし、馬鹿げているし、やり方もわからない。

でも、わかるんです。体が、どこかで納得しているんです。

 

「そういうことか……」って。

 

 

 

自分の世界に籠もっているのも楽しいけれど、こうやって新しい世界を見せてくれる人とお話をするのって、ものすごく豊かです。

 

人ってそれぞれに世界があって、違う世界を見ているけれど、自分が好きな世界に住んでいる人に世界をちょっと分けてもらうって、人生を早く簡単に豊かにしていける方法じゃないかなと思っています。

 

 

 

 

50年後の未来を、今年……かぁ。

うん、わくわくする!

 

水たまりで遊ぶの大好き♪

 

 

って思ったのが、1年前。

50年後の自分になれたのかは全くわからないけれど、確実に1年前とは全く違う世界を見ています。

 

仕事も、人脈も、プライベートも。

 

 

 

 

でも。

 

もっともっと開けるな、わたし。

もっと新しい世界に飛び込んでいける♪

 

こうやって自分をワープさせていける楽しさ。

 

 

 

なんて幸せなんだろう♡

 

 

 

あ、そうだ。

また、近々会いに行こうと思います。彼女に。

いつも本当素敵な気づきをくれるんだもの♡

 

 

今度はどんな爆弾なんだろうな♪

 

 

 

 

 

 

 

「にんげん神様」が教えてくれた

人生の流れに乗るヒントをお届けするメルマガ

登録はこちら↓