本年の「立春」は2月3日23時59分。例年4日より1分違いで3日に…1985年以来実に37年ぶり。東洋暦ではここからが新年本番!「辛丑(かのとうし)」の意味について、これまでにサビアン・シンボルの記事の中でいくつかお伝えしてきましたのを、こちらでまとめてみたいと思います。

 

 

 

宝石赤五行から見る「辛」宝石赤

 

 

 

陰陽五行で

木⇒火⇒土⇒金⇒水

の流れは

自然界の織りなす

成長エネルギー

を象徴しています。

 

 

それを

草木の成長段階になぞらえて

表されています。

 

 

中で「辛」は

【金の気】のエネルギーで

「宝石」を表します。

 

 

【金の気】は季節で言えば

「秋」になります。

 

 

(因みに今年は九星気学でも

「六白金星」で

【金の気】の年ですビックリマーク

 

 

「秋」はそれまでにいっぱいいっぱいに

伸ばしてきた

枝葉を落としてゆく季節です。

 

 

それはこの1年の生命活動を

「種」に凝縮させて

次の春の季節へ託すためです。

 

次世代という新しいシーズンに

エネルギーを遺すために

不要なものをそぎ落とし、収縮する。

 

 

それは新旧交代の営み。

 

 

種を生み出すということは

1年の経験をそこに託すということ。

 

 

一番重要なものだけを残し、

あとは捨てる。

 

 

言わば「断捨離」の

エネルギーでもあります。

 

 

けれども、だからこそ

次に生まれてくるものは

一番強いもの。

 

 

いったんは

今期のシーズンを

終わらせることではありますが

それは新しい未来を生み出すという

展望があるから。

 

 

未来に最善を遺そうとする

「大きな視点」があるからこそ

「捨てる」勇気が持てるんです。

 

 

 

宝石赤五行から見る「丑」宝石赤

 

 

 

そして「丑」は五行では

【土の気】です。

 

 

【土の気】は

春夏の間

夏秋の間

秋冬の間

冬春の間にあるのが

「土用」という【土の気】の季節。

 

 

ですから【土の気】が廻って来る年には

何らかの「中間」や「調整」的な意味合いが

あると思います。

 

 

特に「丑」は月で言えば1月。

つまり春と冬の間にある季節です。

 

 

つまり1年のうちで

新旧交代の意味合いが

一番大きい季節とも言えます。

 

 

すると考えられるのは

「新しい時代」と

「古い時代」の境目的な意味合い。

 

 

西洋占星術言えば

「水瓶座時代」が

始まったばかりですからね。

 

 

「辛」という【金の気】が

未来の春を夢見て「種」を冬へ託し

「丑」はその「種」を大切に

次の「春」へと運んでゆく…

 

 

そんなイメージでしょうか。

 

 

 

宝石赤漢字の持つ「辛丑」の意味宝石赤

 

 

 

「辛」という漢字には

「水面下にあったものが上に上ってくる」

という意味があります。

 

 

水面下に蓄積されてきたものを

水面上に

押し上げようとするエネルギー。

 

 

「辛い」という字は

「つらい」「からい」と読みますが

下に流すより

上へ押し上げる方が

より大きな力が必要ですものね。

 

 

やっぱり

一筋縄ではいかないことだって

起こり得ますよね。

 

 

「辛抱」という言葉は

「辛さを抱える」と書きます。

 

 

けれどそれは

下降を意味するのではありません。

 


先ほど

【金の気】のエネルギーが

次世代を見据えていたように

大きな視点で物事を見れているからこそ

多少の痛みには

耐えることができるんだと思います。

 

 

また五行の「辛」の性質としては

ひとの感情への感受性や

共感力が高いということもあげられますので

 

 

こうした「辛さ」を

じぶんひとりで抱え込むことなく

 

 

自分の痛みも

人の痛みも

人と分け合うことで

乗り切っていくことの

大切さを

伝えているようにも思います。

 

 

 

宝石赤漢字の持つ「丑」の意味宝石赤

 

 

 

また「丑」という漢字は

赤ちゃんが手を握っている様子を

表しているそうです。

 

 

そして

その手が

少しずつ開いてゆくごとく

 

 

干支の意味としての

「丑」は種子から

固い殻を破って

芽が出てくる様子を

表しています。


 

そこまでは

内側に目一杯

エネルギーを

溜め込んでいるのです。

 

 

それはあたかも

「辛」から冬の季節へと託された

一番強いエネルギー。

 

 

固い殻の内側で

新しく生み出されてゆこうとする

エネルギーが

激しく躍動しているのです。

 

 

それだけ大きなエネルギーが

凝縮されているのです。

 

 

古いものが流れ去って

新しいものが生れてゆくとき

 

 

溜め込んだエネルギーの分だけ永く

のちのちまで続いてゆくことでしょう。

 


 

宝石赤コツン、コツンと「眠り」を覚ます…宝石赤

 

 

 

 

そして

【金の気】とは

五行では

刃物も意味します。

 

 

陽干の【金の気】は

昨年の「庚(かのえ)」で

刀や剣や斧を表すとしたら

容赦のない鉄拳が

降り降ろされたような一面も

記憶にあられるかと思います。

 

 

対して「辛」は

もっと小さなカミソリのようなもの。

 

 

一説によると

刺青を彫る針を刺すそうです。

 

 

そんな針でつつくのが

固い殻で覆われた種子

なのかもしれません。

 

 

あなたがもしも

ここ数年闘ってきたことがあって

 

 

それがまだ

目に見える形で

表れていないとしても

 

 

そのエネルギーは

どんな形であれ

必ずあなたの中に

蓄積されています。

 

 

「丑(うし)」牛

という干支は

種子という殻を破って

芽を出そうとする

段階を表します。

 

芽を出す前までは

一度

種子という殻の中に

すっぽり入っていました。

 

それが昨年の干支

「子(ね)」ねずみ

です。

 

「子(ね)」ねずみ

という「種子」のあいだは

どなた様も

 

じぶんというエネルギーの持っている

まだ見えない可能性

を、じっくりと見つめ直して

いらしたのではないでしょうか?

 

(こちらの記事より…)

 

 

そして親鳥が

卵をくちばしで叩くように

 

 

今年2021年には

「辛」の小さな針は

「丑」の堅い殻を

コツン

コツンと

叩き続け

 

 

固い殻にもようやっと

小さなひびが入って

「新しい芽」という

「目覚め」が促されるのではないでしょうか。

 

 

 

宝石赤十二支の「丑」から考える宝石赤

 

 

 

次に先日の満月の記事より…

 

 

 

ここで少し

「十二支」が生れた故事を

思い出してみて下さい。

 

今年の干支である「丑」は

自分の歩みが遅いのを熟知していて

新年の神様への挨拶に遅れないよう

誰よりも早く家を出ました。

 

あいにく頭に乗っていた

ネズミには気づかず

1番の座は取られてしまいますが

 

先行きを予測しつつも

焦らず一歩一歩

進んだのです。

 

そのように

「丑」という干支は

そんな風に

 

展望は大きく持ちながらも

着実確実に

一歩一歩歩んでゆく…

そんな意味を持つと思います。

 

 

丑はゆっくりと

歩いてゆきます。

 

 

急がず焦らず

一歩一歩。

 

 

けれども誰よりも一番早くに

出発をしているんです。

 

 

それは「先見の明」が

あったからと同時に

 

 

じぶん自身の性質を

よく把握していたから。

 

 

自分は人より素早く

行動できるタイプではない。

だから家を早く出よう。

 

 

ゆっくりだからと言って

古いままであろうと

しているのではないんですよね。

「新しい未来」を見ている。

 

 

この冷静にじぶんを見つめる視点と

永く大きな

未来を見つめる視点があったから

人より先んじることができたんですよね。

 

 

私たちもこの丑の故事を見習って

今年は是非

大きな視点と展望を

心掛けてゆきたいですよね。

 

 

けれど行動は焦らずに

一歩一歩…

「新しい時代」へ。

 

 

始まったばかりの

「水瓶座時代」

「風の時代」の中

今年はますます

「変化・変容」の波が

大きく押し寄せるかも知れません。

 

けれどもその波に

心をさらわれることなく

「本来の自分」を輝かせるためには…

 

焦ることはないのですビックリマーク
 

火星のサビアンや

「丑」のように

 

地道に毎日同じことを繰り返す

そんな努力が

大切になってくると

言われていると思います牛

 

(同上)

 

 

 

宝石赤四柱推命から見る「辛丑」宝石赤

 

 

 

再び獅子座満月の記事より…

 

 

「辛」から見て「丑」は

四柱推命の「偏印」の関係。

 

 

変化を望んで方向転換を試みるけれど

体感的には

「一時停滞」を感じやすい時期…

と言われます。

 

 

それはホロスコープでも

こちらの記事でお伝えしたように

 

 

 

 

「変革推進派」の天王星と

「現状維持派」の土星とが

スクエアという厳しい角度を

何度か取ってゆくのにも

現れているような気がします。

 

車の運転でも

「曲がり角」で方向転換するためには

いっときスピードを落とすことが

必要ですよね。

 

「焦らず一歩一歩」…

というメッセージには

そんな背景も現れているような気がします。

 

 

「辛」に未来を見据える視点があるとして

それがどことなく

天王星の

「現状を改革していこうとする意志」にも

重なるような気がします。

 

 

現在天王星は

牡牛座を運行中。

 

 

牡牛座の意味する

「自分自身に本来備わっている性質」が

先祖代々受け継がれたもの…

であると考えると

 

 

「辛」が自らの培ってきたものを

次世代に残そうとする遺志が

受け継がれたもの…

にも重なるような気がします。

 

 

そして「勇み足」は

堰き止めようとする

「土星」の制限は

「丑」の堅い固い殻にも

相当するような気がします…。

 

 

 

宝石赤「易のことば」から見る「辛丑」宝石赤

 

 

 

最後にこちらの書籍より

易の視点での「辛丑」を

ご紹介したいと思います。

 

 

 

 

こちらの書籍によると

昨年の干支「庚子」は

「易」では

「山風蠱(さんぷうこ)」。

 

根本の問題を処理し

悪い流れを断ち

災いが拡大する前に

早く解決することが大切です。

(松山怜佳さん「易でよみとく才能と人生」)

 

昨年それぞれに成否の分かれた

コロナ対策を物語るような

言葉ですよね。

 

すると今年は…?

 

今年の干支「辛丑」は

「易」では

「地風升ちふうしょう」

上記より抜粋させて頂くと…

 

ドキドキ伸び栄え発展する勢い

ドキドキ達観する強さ

ドキドキ謙虚に小さなことを積み重ねてゆく

 従順で柔軟な力

ドキドキ優れた人の指導に従うことで繁栄を築く

ドキドキ(派手さを求めず)大らかな気持ちで

 日常を積み重ねる

ドキドキ一気に上を目指すことは逆効果

ドキドキ小さいことを誠実に積み重ねる

ドキドキ時に応じて対処してゆく

ドキドキ実力を養う

ドキドキやるべきことを確実に実行する

 

五行や漢字の意味より

お伝えさせて頂いたことと

重なりますよね!

 

やはり

 

「大きな視点で先を見据えながら…

けれど焦らず

目の前のことから一歩一歩

積み上げてゆく…」

 

ことが、大切になってくるように感じます。

 

また

「達観(たっかん)」という言葉が

出ていますが、「達観」とは

 

  1. 全体の情勢や将来をよく見通すこと。

  2. 細かい事に迷わされず、道理・真理を見きわめること。
    また、物事にこだわらず、どうなろうとも動じない心境になること。
    (グーグル日本語辞書)

 

「丑」の十二支物語にも

重なる言葉になっていますね牛

 

また

「実力を養う」

「優れた人の指導に従う」

からは

 

 

「丑」が

自分に足りないものを把握して

自分に相応しい行動を起こしたように

(一歩一歩確実に進めるのは

「丑」の良い面ですからねビックリマーク

 

 

私たちも

「自分に足りないもの」

を補い

且つ自分自身の良い面を引き出せるよう

 

 

知識を増やすために

何かを学んだり

人から良い影響を受け取ったりするのにも

適した時といえそうですねベル

 

 

以上今年一年を

お過ごしになられるうえでの

ご参考になりましたら幸いです。

 

宝石赤まとめ宝石赤

 

リボン「辛丑」の年の自己価値発見リボン

 

・自分自身をより深く知るために

知識をつける

 

・「なりたい自分」を見据えて

今やるべきことを把握する

 

・未来の「自分」にとって

不要なモノは断捨離

 

・焦らず一歩一歩行動を起こしてゆく

 

 

 


 

 

本日も最後までお読みいただき

本当にありがとうございました赤薔薇

 

こちらもおすすめドキドキ

 

宝石紫「立春」関連記事宝石紫

 

 

記事が気に入って頂けましたら

フォロー頂けましたら嬉しいですドキドキ

 

サビアン×陰陽五行×潜在意識
=自己価値発見・開運クリエイター*


宮代 彩也乃(みやしろあやの)

 

 

*セッション&セミナー*

 

「潜在意識」を上手に使って

「本当の望み」へと

一歩近づいてみませんか?

 

シンプルで短時間で

でもとってもパワフルな

脳科学の手法で

 

「無意識」に働きかけて

あなたを「制限」している

「心のブロック」をリリースピンク薔薇

 

セッション&セミナーを

いまだけの

スペシャル価格でリボン

 

 

 

*メール講座*
 

あなたの「自己価値」を発見するはじめの一歩は、こちら。