1月25日は「水瓶座時代」の幕開けとなる新月。

 

2000年代からは地球の歳差運動により、

春分点がこれまでの魚座から

水瓶座へ移行するとされています。

 

この後4000年くらいまでの

2000年間は「水瓶座の時代」とされます。

 

これまでの20年間は

その移行期であったと言われます。

 

2017年に

獅子座・水瓶座で日食・月食が続いた頃から

そのエネルギーは高まり

 

そして今年の12月19日に

木星が水瓶座にイングレスと同時に

今年の3月20日から

水瓶座と山羊座を行きつ戻りつする

土星とコンジャンクション。

 

何と水瓶座1度で重なります。

 

 

ホロスコープを無料で作成さん)

 

 

その後は冥王星も水瓶座に移動し

いま山羊座にある多くの天体が

来年は水瓶座に集中することになります。

 

つまり水瓶座春分点の時代の

本格的な始まりが告げられるわけです。

 

今回の水瓶座の新月は

まさにその序章~プロローグ~。

 

日本ではアセンダントも水瓶座1度、

新月の太陽と月

また金星と水星も併せて4天体が

「始まり」を表す1ハウスに位置しています。

 

 

アセンダントのサビアンは

「古いレンガづくりの伝道所」。

 

山羊座の表す「既存の集団の意識」=古いレンガ

で積み重ねられ創られた場所に於いて

 

風サインである水瓶座らしく

「新しい風」としての

新しいウェイヴ(波)=価値観をもたらそうとする試み。

 

このまさに「古い時代~新しい時代」への

接点を表すサビアンに

ホロスコープの「玄関」というべきアセンダントが乗る

今回の新月…

これだけでも相当な特別感を感じませんか?

 

そして

新月が起こるのは

水瓶座4度。

 

サビアンは水瓶座5度。

「若いリーダーの努力を

成就させようとする先祖の委員会」です。

 

「若いリーダー」とはまるで

「古いレンガづくりの伝道所」で

新しい教えを広めていこうと意欲に燃えて

人々を惹きつける若者を連想させます。

 

「リーダー」という言葉は

水瓶座の反対のサインである

「獅子座」を連想させます。

 

反対のサイン同士は

お互いを補う関係と言われます。

 

獅子座が表すように

リーダーとは

「自己」を統合し表に表現する姿…。

 

その人の中で「意志」があって

それが確立されることで

それを臆することなく表現できる

=獅子座のハウスの目指すもの…

 

それができる者に

それを支持しようとする者が生まれ

そうして初めて

それを支持する者同士で「繋がり」が生まれ…

 

そこに「水瓶座」的な「コミュニティ」が

出来上がっていくのだと思います。

 

2020年12月19日に

木星と土星が重なるのも何と

獅子座のナチュラルハウスである

「5ハウス」であるのも

象徴的です。

 

さて今回の新月サビアンに戻りますと

ドデカテモリー

(サビアンに他のサインから流入し意味を持たせるサイン)

は魚座。

 

ここでいう「先祖の委員会」とは

魚座の示す「あちらの世界」、

よりスピリチュアルな

「こちらの世界」よりも

広い広い概念に存在する世界があるとして

そこからの「応援」が

この若者をバックアップしているのです。

 

私達が「ある」と思っている世界の

更に外側に存在する世界がある…。

 

そしてそこに「在る」存在達は

外側から私たちをいつも

温かく見守ってくれている…

のだと私は思っています。

 

例えば私は小学生の時に

理科の授業で

血液の顕微鏡で写した

スライド写真を見せられ

とても衝撃を受けました。

 

それは白血球が

身体の中に入った異物を

「食べて」いるシーンだったと思います。

 

自分の身体の中に

自分の意志とは関係のない生物?が存在している。

 

そして自分を守ってくれている…。

 

けれども白血球は自分がそんな

「わたし」という大きな存在の中に存在しているとは

知る由もないでしょう。

 

さてそれを見た後に

今度は

自分の前に

小さなクモが通り過ぎたとしましょう。

 

そのクモに

私という大きな存在が見えるでしょうか?

 

いえ見えなくても、

気が付くでしょうか?

 

私が手で捕まえようとすれば

何かの気配を感じて

反対側へ逃げてゆきます。

 

けれどもその時

クモは何かが近づいてくるのがわかっても

それが何であるかはわかりません。

 

それはあたかも

自分の住んでいる土地に

大きな台風がやってくるようなもの。

 

何か大きな力が働いて

台風が生まれ近づいてくるとしても

地上に住む私達には

大きな風と雨としか感じられません。

 

けれども衛星から

ずっとずっと高いところから映し出せば

それはぐるぐると渦を巻く大気の流れが

自分の住む国の上を通過する様子がわかります。

 

つまり

私達が上から見ないと

この台風の姿かたちがわからないのは

私達の「内部」に存在する白血球が

私達の存在がわからないのと同じです。

 

だから

私は

私を含むこの世界は

もっと大きな「生命」の一部であっても

おかしくないと思います。

 

その証拠に

この世界は「フラクタル」構造

であると言われています。

 

「フラクタル」つまり「相似形」です。

 

DNAが「黄金比」を持つ「螺旋形」であるように

薔薇の花も巻貝も

恐らくは

天体の軌道も

銀河のエネルギーの流れも

皆同じ「黄金比」を持つ「螺旋形」であることでしょう。

 

月が地球の周囲をめぐり

地球が太陽音周囲をめぐるように

太陽も銀河の中心をめぐっている…。

 

 

 

 

つまり全ての中に全てを「含んでいる」のです。

 

Amazonで「宇宙ネックレス」というものが売られています。

 

例えば…

 

 

 

 

これを見ると

大好きな映画「メン・イン・ブラック」を思い出します。

 

宇宙からの侵略者から

密かに地球を護る人々の話ですが

そこにあるネコが登場して

そのネコが首にこれとそっくりの

ネックレス(首輪)をかけています。

 

 

 

 

実はそれは一つの銀河の「生態系」なのです。

 

その小さな銀河の形をした

ボールの中に

大小の星々が存在し

その中に

我々のような生命体が存在しているのです。

 

ほら、ね。

 

こう見てくると

私達の存在する

銀河系の存在する「宇宙ネックレス」のballの「外」に

 

ballを手のひらに乗せて

転がしている存在があってもおかしくない…

と思いませんか?

 

そしてここまでは「3次元」に着目した見方です。

 

これが「4次元」になると

「時間軸」も含まれてきます。

 

 

つまり色々な時間軸が存在し

全てが「内包」されているのではないかと思います。

 

つまり

私達が今過ごしている「時間」の「外」には

「過去」から「未来」へと続く世界があって

そしてその「過去」から

温かく私達を見守っている存在…

それが「先祖の委員会」であると思うのです。

 

「先祖」の「先」という時間軸に

存在するあなた。

 

「先祖」の血液はあなたの中に入り

「あなた」の一部として存在するように

 

「先祖」にとっても

あなたは彼らの一部であり

「自分」なのです。

 

誰にとっても自分が大切な様に

あなたは彼らにとっても

とても大切な存在。

 

だからあなたは

いつも

「先祖」に見守られ

護られているのです。

 

そしてあなたは

知らず知らずのうちに

「先祖」たちの思いを

遂げようとしているのかもしれないのです。

 

あなたのこれまでの「努力」が成就されようとする時には。

 

このように

3次元的にも4次元的にも

全ての存在は他の存在を「内包」し

そしてその外側から「包まれて」いるので

どのレベルの存在も本当に

「必要なもの」

「なくてはならないもの」

「貴重なもの」なのです。

 

だって世界の構成員なのですから!

 

そんな風に「世界の構成員」であることに

自信を持って自己の役割を全うすること…

それが「獅子座の世界」であり

その「獅子座」を全うすることで

他の全ての存在に貢献し

「繋がる」こと…

それが「水瓶座の世界」ではないかと思うのです。

 

聖書と関連付けられる

「フットプリント」(あしあと)

という詩があります。

 

「あしあと」

ある夜、私は夢を見た。私は、主とともに、なぎさを歩いていた。
暗い夜空に、これまでの私の人生が映し出された。
どの光景にも、砂の上に二人のあしあとが残されていた。
一つは私のあしあと、もう一つは主のあしあとであった。
これまでの人生の最後の光景が映し出されたとき、
私は砂の上のあしあとに目を留めた。
そこには一つのあしあとしかなかった。
私の人生でいちばんつらく、悲しいときだった。
このことがいつも私の心を乱していたので、私はその悩みについて主にお尋ね
した。「主よ。私があなたに従うと決心したとき、あなたは、すべての道にお
いて私とともに歩み、私と語り合ってくださると約束されました。
それなのに、私の人生の一番辛いとき、一人のあしあとしかなかったのです。
一番あなたを必要としたときに、
あなたがなぜ私を捨てられたのか、私にはわかりません」
主はささやかれた。
「私の大切な子よ。私はあなたを愛している。
あなたを決して捨てたりはしない。ましてや、苦しみや試みのときに。
あしあとが一つだったとき、私はあなたを背負って歩いていた。

「あしあとという詩をご存知ですか?」より

 

 

私も自分が一番辛かった時を少し過ぎて

この詩を知った時

確かに

「自分を超えたもっと大きな存在」がそこに居て

自分を護ってくれていたと

真に思いました。

 

本当に辛くて

自分はこの世界に一人ぼっちで

救いが無いと思っていたけれど

そうではない

私は一人ではなかったのだ。

自分は守られていたのだと

感じることができました。

 

あなたも

あなたの周囲から

いつも「見えない存在」が

あなたを護っていることに

どうぞ思いを馳せてみてください。

 

その差し伸べている手が

もっと明確になるのを

感じて頂くことができるでしょう。

「若いリーダー」とはあなたのことです。

 

そしてあなたにはいつも

この「先祖の委員会」のように

 

あなたの「内側」からも

「外側」からも

「あなたと共に」在る

「存在」たちと一緒にいて…

 

唯一無二の存在であるけれども

決して「独り」ではありません。

 

常に

あなたというかけがえない存在を見守るもの

が、きっと…。

 

そして

それに気が付いて

私達が

私達の隣のものに

「あなたは私にとってとても大切な存在」と

手を差し伸べて守り助けようとするとき

そこにコミュニティが生まれる…

それが

「水瓶座時代」の夜明けとなるのではないでしょうか。

 

 

■占い師プロフィール■ 

陰陽五行 kaiun セラピスト
宮代 彩也乃(みやしろあやの)

フォローお願いします!
 

フォローしてね…

プロフィール&メニューはこちら

メイン・ブログ「陰陽五行・スピリチュアル風水」
*関連記事*

【水瓶座のアロマ】ティーツリー~あなた自身のストーリーを世界にリリースする
 

 

■新商品モニター募集■ 




新商品準備中ドキドキ
モニターアンケートを受けて下さる方を募集中です
お試しミニセッションもプレゼント音譜
詳細はLINEにてお知らせします
友だち追加

 

1月中ご登録頂いた方に
「ご鑑定*お年玉割引クーポン」を差し上げていますラブラブ

 

■応援クリック励みになります■ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
にほんブログ村


■おすすめメニュー■

 

お生まれのサビアン・シンボルに込められた

貴女だけの物語を紐解いてみませんか?
ドラゴンヘッドとドラゴンテイルのサビアンや

さらに
エジプシャン・タロットからも
貴女の「過去世からの課題」と

「今世での使命」を読み解きます!