木星・土星・冥王星が集まり

 「山羊座イヤー」と言われる2020年。

 

その年明けを目前にした
2019年フィナーレを飾る12月26日14:14
「山羊座の新月」。

 

今回の新月では 

太陽・月も揃って山羊座5天体。 

 

更に「部分日食」となります。

それは

ドラゴンヘッドとテイルが絡むから…。

 

 

 

ドラゴンヘッドまたはドラゴンテイル(ノースノードとサウスノード)と呼ばれる黄道(太陽の通り道)と白道(月の通り道)の交点近くに(18.50度以内に)新月が来るときに起きる現象(パクスルーナさんより)

上記のサイトによると

日食の影響は「約3年半」にわたる

非常に大きいもの、とされています。

 

また、一年に2度見られるのも

非常にレアーなことのようです。

 

12月26日の日食は、1月6日に続いて2019年で2度目となります。1暦年の間に日本で2度も日食が見られるのは珍しく、東京で調べたところ、1992年以来27年ぶりのことです。また、次回は半世紀以上も先のことで、2074年までありません。
日食ナビさんより)

今回は東京ほか

各地で観測することができるよう…

 

おおむね「14時~14時30分ごろに始まり、15時30分ごろに欠け具合が最大になり」ます。
Astroartsさん)

 

このような「大きな影響下」にある

今回の山羊座新月ですが

ホロスコープ・サビアンからは

どのようなメッセージが読み取れるでしょうか?

 

全体には、

 

「変化はもう始まっているけれど、試行錯誤の必要な、過渡期の段階である」

 

という印象を受けました。

 

けれども

 

「新しい世界」のために

「理想を描き」

しっかりと「行動」してゆくことが大切…

 

と感じました。

 

■山羊座新月のサビアン■ 




ホロスコープ無料作成さん)

2019年12月26日14:14

太陽・月 山羊座4度⇒サビアン山羊座5度 8ハウス

 

水星 射手座25度⇒サビアン射手座26度 8ハウス

 

金星 水瓶座7度⇒サビアン水瓶座8度 9ハウス

 

火星 蠍座24度⇒サビアン25度 6ハウス

 

木星 山羊座5度⇒サビアン山羊座6度 8ハウス

 

土星 山羊座20度⇒サビアン山羊座21度 9ハウス

 

天王星 牡牛座2度⇒サビアン牡牛座2度 12ハウス

 

海王星 魚座16度⇒サビアン魚座17度 11ハウス

 

冥王星 山羊座22度⇒サビアン山羊座23度 9ハウス

 

 

宝石紫山羊座新月にみる8ハウスの意味は?宝石紫

 

ご覧のように

今回の新月は8ハウスで起こります。

そして山羊座に入ったばかりの木星も

8ハウスです。

 

8ハウスは

「継承」という意味合いが

あると思います。

 

「先祖から受け継ぐもの」

「前世から

受け継いできたもの」

という意味もあります。

 

8ハウスのよく言われる象意に

「カルマ」

があります。

 

それは

前世で行った自分の行為に対し

現世にまで持ち越した「課題」

であると思います。

 

さて山羊座は

「社会」や「団体」を

表しますが

 

山羊座の意味合いを加味して

8ハウスを考えると

 

個々人の集合体として

過去のある時点の「社会」「団体」が

次の世代に持ち越したもの

という捉え方もできると思います。

 

例えば

 

明治の日本社会

→→昭和の日本社会

→→平成の日本社会

→→令和の日本社会…

 

であるとか

 

1950年代の世界

→→70年代の世界

→→2000年代の世界

→→2010年代の…

 

とか

 

もっと至近なところでは

 

10年前の企業方針

→→5年前の

→→1年前の

→→…

 

などなど

といった具合です。

 

 

 

宝石紫これから先の、誰かのために宝石紫

 

 

もっともっと至近な例では、

私ごとになりますが

 

双子座満月

でお伝えした

現在委員長をしているPTAで

今年度の活動が無事終わり

 

来月の全体会で

今年度の活動の反省を踏まえ

次年度にどうつないでゆくか…

話し合いの最中です。

 

来年度はメンバーは

ほぼ役員をやらない予定。

 

けれども来年度に

同じ立場になる人たちが

 

よりストレスなく、

スムーズに活動して頂くために

 

今年度私たちがぶつかった

数々の課題を持ち越さないために

 

今私たちができることは…

と意見を持ち寄っています。

 

ぶっちゃけ、

「あ~終わった、終わった。」

「はい、さようなら」

ということもできるわけです。

 

けれども

ここまで一人一人

家庭や仕事と両立しながら

様々な事情と思いを抱えながら

活動してきた「大変さ」が

少しでも

 

来年度の人たちには

軽減されるように…

そんな思いで

年末の忙しい時間を割いているわけです。

 

けっこう負担です。

いやほんとに負担です。

 

けれども

今回の山羊座新月のサビアンを見て

「今はそういう時期なのかな」、

と思いました。

 

皆さんも、

4月からの新しい年度に向けて

現在少しずつ

「令和元年度」の試みの全体が

見え始め

 

「まとめ」

「引き継ぎ」

の段階へ

移行しつつあられることと思います。

 

その中で

上記の様な思いで

動いていらしている方も

多々おられるのではないか

と思います。

 

 

宝石紫山羊座新月の「太陽」と「月」のサビアン宝石紫

 

 

さて今回は新月ですから

太陽と月が山羊座で重なります。

 

そちらは山羊座4度⇒

サビアンは山羊座5度

「戦いに向かうインディアン達。

満員のカヌーをこぎ出すもの。

戦いの踊りを踊るもの」

 

です。

 

こちらは実は前回記事、冬至の図の

「木星」のサビアンに同じでした。

 

更にこの木星に

120度という

調和的な配置を投げかけている

天王星についても

お話しました。

 

冬至のサビアン2019*いよいよここが転換点!~春分までの3か月、さあどうする!?
 

こちらの記事では主に

インディアンが

カヌーで「出陣」しているのは

 

牡牛座天王星の配置がイメージさせる

タロットの「タワー(塔)」のカード

 

「既存の、けれどももう今は必要でない枠組」

「過去からの思い込み」

 

のようなものを打つ砕くための闘い

とも捉えられるのではないか

というお話をしました。

 

それを

今回の山羊座8ハウスでの新月

で捉えるなら

 

「社会」「団体」「グループ」…などでの

 

「もう必要でなくなった既存の枠組み」への

 

挑戦の闘い、とも

捉えられるのではないか

と思いました。

 

そして考えるに

そのような

「既存の枠組み」

から生じている「問題」というのは

何も今年になって

突如現れたものではないと思います。

 

先ほど書いたように

過去の「人々の集まり」の

「いろいろな経緯」が引き継がれてきた結果

現在に至っていることは

多々あると思います。

 

それは決して過去の方たちの努力不足とか
そういうものではなく、

いろいろな諸事情が重なって

結果的にそうなってしまったものと思います。

 

けれども

ここで考えなくてはならないのは

もし今

「現状に合わない事象」が

起きているなら

 

「その枠組み」が

「既存」=「今まで当たり前」

であったからと

 

それをそのまま

未来に引き継げば良い

としないことではないでしょうか。

 

 

宝石紫山羊座新月の「天王星」と「金星」のサビアン宝石紫

 

 

そして今回の山羊座新月で

特徴的なのは

ほぼMC(天頂)に

水瓶座の金星が位置していることです。

 

金星⇒牡牛座の支配星、

水瓶座⇒天王星が支配星です。

 

このお互いがお互いの

支配星の位置にあることは

 

「ミューチュアルレセプション」

 

と呼ばれます。

 

その天体の意味が

非常に強調される、と言われます。

 

牡牛座2度のサビアン⇒「電気的な嵐」の

牡牛座の「身体資質」を

十分に活用していく力を

 

天王星の象意である

「変革」のために用いていく…

というお話をしましたが

 

これに金星がどう関わるのでしょうか?

 

金星のサビアンは水瓶座8度

「美しいガウンを身にまとった

蝋人形が展示されている」

 

です。

 

例えば

ファッション・モールで買い物をする時に

必ず店の人が

その店の一番のおすすめのコーディネイトを

展示していますよね。

 

 

現在は服のみの展示が殆どですが

その昔は「顔」もついた「マネキン」でした。

 

また昔は東京タワーにも

「蝋人形館」というものがあったそうです。

 

現在もお台場に「マダム・タッソー」という

蝋人形ならぬ、等身大フィギュア館があります。

 

有名スターが

まるでそこに存在しているような

等身大フィギュアとして飾られていて

「スターと一緒に記念写真」なんかが

撮影できるわけです。

 

宝石紫「憧れの人物像」…どんな人になりたい?宝石紫

 

この2つの例から

お分かりいただけるかと思いますが

 

このサビアンの表すものは

 

「理想的な人物像」

 

であると思います。

 

そして今回

こちら金星が位置するのは

9ハウス。

 

9ハウスとは

 

「自分の理想としての真実を追求する」

 

という意味もあります。

 

つまり、

牡牛座的「身体感覚」を研ぎ澄まし

天王星的に

「古い価値観を打ち砕く」のは

 

「自分にとっての

理想的な人物になるため」

という流れがあるように思います。

 

またこのサビアンは

 

「バーチャルな場でのトライアル」

 

という意味合いもあります。

 

つまりマネキンに

いろんなコーディネイトの服を着させ

バーチャルな試みを繰り返すことで

 

どれが

自分の理想的なファッションなのか

追求していくように…

 

「理想の人物になるために、

今いろいろ変革が必要だけれど

 

理想を今すぐ

一つに絞らなければならない

というわけではない。」

 

「いろいろ試して、

試行錯誤して良い時期」

 

と、言われているように思います。

 

 

そのために

いろいろ「イメージ」し

 

「こうかな、こうかな」と

手を動かして

 

マネキンに

服を着せてみれば良いのです。

 

その中から

自分の理想を

見出してゆけば良いのです。

 

 

宝石紫「未来」から「現在」へ、流れる時間宝石紫

 

これは

冒頭の8ハウスのところの

⇒のご説明で言えば

 

「未来設定」

 

ではないかと思います。

 

例えば

これからの「令和の時代」への期待

来年度のPTAの方針

はたまた

2020年度の世界…

 

私達は、そこに

どんな「理想」を見るでしょうか?

 

 

スピリチュアルの世界では

 

「時間は未来から流れる」

 

という言葉があります。

 

時間というのは

先ほどのご説明のように

「過去の積み重ね」で

作られている、とも言えます。

 

けれども

そこに「囚われ過ぎ」てしまうと

8ハウスのネガティブな意味合いが

強調されてしまうと思います。

 

 

そうではなく

「タワー(塔)」という

「既成概念」や

「思い込み」を砕いて

 

まっさらな

「未来設定」から

 

「今」という現実に

取り組むことで

 

時間軸は

その「理想の未来」へと

流れを変えてゆくことができる…

ということです。

 

 

宝石紫山羊座新月の「水星」のサビアン宝石紫

 

因みにこの日の

水星=コミュニケーションの目安

となるサビアンは

 

射手座26度

「戦場の旗手」です。

 

まさに

戦争のフロントラインで、

命をかけて

 

自分のチームの

「理想」を掲げ

 

他の人々の進む道を示す人。

 

「仮決定」の理想であっても

まずは

「こうじゃないの」

「いやこっちでしょ」

 

それぞれが

それぞれの立場で

意見を出し合い

コミュニケーションを

取ってゆく中で

 

グループとしての

「旗」を見つけてゆくことが

必要なのではと思いました。

 

 

宝石紫山羊座新月の「木星」のサビアン宝石紫

 

 

そして本日一番の

メインディッシュは…

木星のサビアン、

だと思います。

 

山羊座6度

「暗い森へと向かうアーチの道…

その下に敷かれている10本の丸太」

です。

 

私も時々

山の上の神社にご参拝に行き

周辺の山道を

散策することがあります。

 

するとアーチのように樹々が繁っていて

 

本当にこの道で良いのかな?

大丈夫かな?

 

…と不安に思いながら

進まなければならないことがあります。

 

けれどもそんな時

足元に

一部腐食して

割れてしまっていたりするけれど

 

丸太を横にして

土の中に埋めたような

人口の「にわか道」が

出来ていることがあります。

 

 

そうすると

あ、こっちで大丈夫、

って安心するし

 

何より凸凹の山道は

足を取られて歩きにくいですから

丸太があるだけでも、

本当に歩きやすい。

 

誰が作ってくれたか知らないけど

こんな山の上まで

 

ほんと有難いな~

ご苦労様です!

 

と心の中で思ったりします。

 

きっと、

この丸太を埋めてくれた方

それを計画してくれた方は

 

「誰がこの道を通るかは

わからないけれど

きっと、このままでは、

歩きにくいだろうな。

 

もし

丸太でも敷いてあったら、

歩きやすいかもしれない。

 

道に迷わず、

安心して進めるかもしれない。」

 

そう思って、

敷いてくれたのですよね。

 

…あれれ、そうそう

私達がPTAで

名前もわからない誰かのために、と

時間を割いているのも

 

いまあなたが、仮に

来年度のプロジェクトの引き継ぎ先のために

いろいろ準備しておられるのも…

 

みんな

こんな「気持ち」が

後ろにあるからなんですよね。

 

そしてそこには

マネキンに着せるコーディネイトのような

「理想」と

「これまで」の継承としての

「現在」との間のGAPを埋めるため。

 

けれども

「これまで」の継承としての「現在」も

現在

上手くいっているか否かに関わらず

 

背景には

このような「気持ち」があって

つくってきて頂いた

「アーチの足元の丸太」

なのですよね。

 

有難いことです。

 

因みに

サビアンには「ドテカテモリー」と言って
一つのサインを12分割し

他のサインからの影響を見る手法があります。

 

山羊座6度のドテカテモリーは魚座。

魚座の象意には

「献身」や「自己犠牲」があります。

 

また今回の天王星は

魚座を表す12ハウスでした。

 

宝石紫「未来」を展望に入れて宝石紫

 

さて、

この山羊座6度のサビアンに出てくる

「10本の丸太」の

「10」という数字は

10番目のハウス、としての

「山羊座」

を表すと言われます。

 

ホロスコープとは

人の「成長段階」が

ハウスとして記されている

と言われます。

 

1ハウスで

この世に生を受け

~9ハウスまで

 

学び、成長してきたからこそ

一人前の

成熟した大人として

社会に

どう関わることができるか…

 

それが

「山羊座」のテーマと言われます。

 

すると

この丸太の先にあるのは

次の「11ハウス」。

 

先ほどの金星の位置した

「水瓶座」のハウスです。

 

「水瓶座」は

「コミュニケーション」を表す

「風」のエレメントを持ちます。

 

けれども

同じ風のエレメントの

双子座や天秤座とは

少し異なるところ…

 

それは

スピリチュアル的に言えば

「エゴ」を越えたところの交流、

と言えるのではないかと思います。

 

山羊座で

社会の中で

一人前として役割と果たすこと…

そして

その先にあるもの。

 

2020年の終わり

土星が

そしてその後には

冥王星や木星が

「水瓶座」へと

山羊座をあとにしてゆきます。

 

 

(タロットでは水瓶座は「星」のカード。
 未来、希望、自由、解放…の意味が。)

 

 

その頃の「あなた」とは

どのようなものでしょうか?

 

そして

「日食」が影響を及ぼすとされる

3年半後は。

 

そしてその先は…?

 

いま、

この山羊座新月から

そんな「未来」への「理想」に向かい

 

試行錯誤し

軌道修正しながらでも

 

「設定」し

歩み始めるとき、なのだと思います。

 

 

最後までお読み頂き、

ありがとうございました。

 

今回の山羊座新月の

土星・冥王星のサビアンについては…

 

「あなたが受け継ぎたいものは?冥王星順行サビアンとグレートコンジャンクション」

https://ameblo.jp/officesamyatokyo/entry-12532106685.html

 

■占い師プロフィール■ 

陰陽五行 kaiun セラピスト
宮代 彩也乃(みやしろあやの)

フォローお願いします!
 

フォローしてね…

 

LINE公式アカウント
ご登録でクーポン券を差し上げますベル

友だち追加
 

プロフィール&メニューはこちら

 

「陰陽五行」で開運の秘訣☆彡
メイン・ブログはこちら

陰陽五行・スピリチュアル風水
 

■応援クリック励みになります■ 
 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
 

 

■出店予定■
【陰陽五行開運セラピー】at ありがたCafeさん
2020年1月12日(日) 両国駅 14:00-16:00
 前回出店の様子は…
「来てね!お茶と珈琲でくつろぎながらゆったり占い*12月21日atありがたCafe」


■おすすめメニュー■

 

お生まれのサビアン・シンボルと
エジプシャン・タロットで
過去世からの課題と

今世の使命を読み解きます。