12月12日14:12 双子座で満月。

 

サビアン占星術では、

真向かいの度数は「鏡の度数」とされます。

 

つまり鏡に映るように、
その度数が真向かいの度数に対し
向かい合わせの象意を

映し出しているということです。

 

当たり前のことですが、

満月とは

太陽と月とが180度、

占星術で言うオポジションの位置にくることです。

 

今は太陽が射手座にあり

月は双子座に。

 

さあここでちょっと振り返ってみて頂きたいのが

半年前。

 

双子座の子の度数に
太陽が来ていた頃と言えば、

6月11日前後です。

 

その頃あなたは何をしていましたか…?

ちょっと思い出してみてください。

 

何をして、何を感じていましたか?

宝石紫もうすぐPTA本部役員決め宝石紫

 

私ごとで恐縮ですが

息子の学校のPTAで

来年度本部役員を決める委員長となってしまい

その最初の集まりがあったのがこの頃でした。

 

あれから半年。

 

そして丁度今週末に

その役員決めの最終会合が予定されています。

 

ここまでは本当にいろいろありました。

 

お手紙を準備して推薦者を募り、

手分けしてお電話して

そのお一人お一人にご意向を伺って

この週末の会合へのご出席をお願いする…。

 

お電話をおかけしていると

本当にいろんな方がいらっしゃいます。

 

同じ地域の同じ年の子どもがいる

という共通点があるにもかかわらず

そのご家庭やお仕事のご事情は様々です。

 

まずよくあるのが

「え、PTA?私そんな時間ありません。忙しいんです。ガチャン」

…いえさすがにここまでの方はいませんが

かなり近い方はいらっしゃいます。

 

「私家が遠いんです。」

「仕事が休めないんです。」

「土日は休めません。」

「下の子どもが小さいんです。」

「夫が病気なんです。」

「親の介護をしています。」

「人付き合いが苦手なんです。」

「パソコンができません。」

 

…まあ

いろいろありますあせるあせる

 

いえいえ、よくわかります。

だって私もそうでしたから。

 

私も3年間一度もPTAをしないまま

卒業させた学校もありました。
 

その頃は下の子も小さく

帰宅後は友達に頼みながら

片道4時間かけて親の家に通い

手術などに付き添って

亡くなってからは実家をたたみ

お墓を探し

落ち着いて暫くは

いろいろあったことが消化できず

引きこもり気味でした。
だから

他人とのコミュニケーションなんてとても…。

 

そう、
そういう時期は誰にでもあると思います。

人生山あり谷あり…

私も今は近辺少し落ち着いていますが

この先どうなるかわかりません。

 

そうゆう「谷」の時期にいたら

「え?PTA?…それどころじゃないんです!!」

 

そうも言いたくなりますよね★

 

宝石紫月のサビアン 双子座20度「カフェテリア」宝石紫

 

さてここで

今回の月のサビアンは

双子座20度「カフェテリア」

 

「カフェテリア」とは

トレイなんかを持って列に並んで

自分が食べたいものを申告して

トレイに乗せていき、

最後にレジで精算する…
そう、あれ。

 

 

学校給食もこの形式だし、

遊園地のレストランなどにも
多いですね。

 

ショッピングセンターのカフェテリアなどにも
様々なお店がいろいろありますよね。

 

家族がめいめい

好きな料理を取って食べられる形式だから
店選びで意見が分かれることもなく、便利です。

 

サビアンの象意は
もう少し詳細には

「さまざまな地域の産物である
食べ物の豊富さを見せる
現代的なカフェテリア」


となっています。

 

和食、洋食、中華…蕎麦もあればパスタもあるカフェテリア。

 

まさに「さまざまな地域の産物である食べ物の豊富さ」

よりどりみどりです。

「ビュッフェ」や「バイキング」に

近いイメージで良いと思います。

 

 

この度数は

そういった

「様々な種類の食べ物」が

「様々な情報を取り入れ、

使い分けられる人」という象意の

メタファーにもなっています。

双子座らしく、

「コミュニケーション」という見地で考えれば

異文化コミュニケーションを連想させます。

 

自分と「同質」ではない文化にも

オープンに心を開いて

分け隔てなくつき合うことのできる人…

そんなイメージも浮かびます。

 

宝石紫食べ物にも人にも「バックグラウンド」が宝石紫

 

ちょうど、ひとつ前のサビアンは

双子座19度

「古代の巨大な書物が、伝統的な知恵を開示する」

になっています。

 

「古代の巨大な書物」とは

各々の情報の出所、

つまり知識の「バックグラウンド」というところに

焦点が置かれています。

 

「カフェテリア」では

この「古代の巨大な書物」という

「バックグラウンド」が

イタリアならパスタ、

中国なら中華そば

日本なら日本蕎麦…といった感じでしょうか。

 

ともあれ

それぞれ

異なる「バックグラウンド(背景)」のある食べ物が

一か所に集められることで

便利で楽しい新しい「場」が形成されているのが

「カフェテリア」というわけです。

 

世界のあちこち

飛行機や船でわざわざそこへ行かなくても

一か所で

様々な国々の美味しいお料理が食べられるわけです。

 

パスタをメインに

デザートは杏仁豆腐…なんてことも

自由自在。

 

つまりそこには

新しい「喜びと愉しさ」があります。

 

けれどもここで大切なのは

「異質な文化背景」を持つ食材に対して

純粋にオープンに

「新しい味わい」を楽しむ姿勢です。

 

日本人なんだから

フォークにくるくると巻き付けるパスタなんか

口にできるか、…

な~んて

そんな人は今ではいいないでしょうが

仮にそのような心持ちでは

当然ながら「新しい味」を愉しむことはできません。

 

同じように、
私たちの心の中にも

「あ、それ理解できないから」
という心持ちでは

他人とのコミュニケーションを

楽しむことはできませんよね。

 

バックグラウンドの異なる人々の考え方を

固定観念でブロックすることなく

フラットに受け入れることができる…。

 

このサビアンの裏には

そんな意味合いもあるのではと思うのです。

 

宝石紫太陽のサビアン 射手座20度「氷を切り出す村人」宝石紫

 

そして

ここで登場するのが例の「鏡の度数」である

真向かいにある太陽のサビアンです。

 

 

 

ホロスコープを無料で作成さん)
 

射手座20度
「古風な北の村人が夏の間に使うために、
凍った池から氷を切り出している」

(サビアンは+1度で読んでいます。)

 

というわけで、

古風な風習を継承する北の地方の村人。

 

半年後の「夏」という季節に向けて

「冷やす」ための氷を

男たちが汗水流して切り出しているのです。

 

例えばさきほど振り返って頂いた半年前。

 

この度数に太陽が来ていた頃と言えば、6月。

 

 

6月も晴れた日には

暑い日が続くことが多いですよね。

 

因みに今年の6月の平均気温(東京)は21.8度。

(気象庁ホームページ)

 

20度を超えていれば

カフェテリアなんかでは

冷房を入れたりもするでしょう。

 

けれども冷房が無かった時代は、
どうしていたと思いますか?

 

サザエさんの食卓研究〜50年前、磯野家の晩酌はこうだった〜
によりますと

 

電気冷蔵庫の普及率は、
1963年に40%近くに達し、
1971年には90%を突破。
冷蔵庫が自宅にあることで、
瓶ビールを冷やすことができ、
晩酌文化が生活に根ざしてきた背景があります。

 

となっています。

また
2012年の
負けて、勝つ ~戦後を創った男・吉田茂~」という
吉田茂首相を扱ったNHKドラマの中の
ワンシーンを思い出します。

松雪泰子さん演じる内縁の妻が
吉田首相の好物のお豆腐を
かごの氷の上にそっと乗せ
大切に、大事そうに、両手で抱え
川沿いの道を歩いて自宅へ運ぶところ…。

冷蔵庫も普及していなかった戦後では
「冷やす」必要のある食べ物は
気軽に食べられるものではなかったことでしょう。

「冷やす」こと自体が
高級だった時代があったわけです。

 

 

横浜開港後、アメリカ人が
ボストンから氷を輸入して
大儲けしていましたが、
これに着目したのが中川嘉兵衛。
(中略)

富士山の裾野の雪や諏訪湖の氷など、
全国各地の氷雪を横浜に移送しましたが、
途中で溶けて、大損を繰り返すばかり。

 

「製氷・冷凍・冷蔵庫の歴史」
 

そう考えると
このサビアンの村が

いつの時代をさすのかはわかりませんが
 

ともかく人々は

「夏になったら必要になるから」

という空想を働かせ
 

その「時」のために

そして

それを使うであろう「人々」のために
 

前もっての「備え」として

重たい氷を大変な思いをして

切り出しているわけです。

 

 

 

宝石紫月と太陽のサビアン~お互いの向こうに宝石紫

 

例えば

さきほどの「カフェテリア」のショーケースに
サラダが並べられていたとしましょう。

 

シャッキリと洗って

水を切られたレタスやスライス玉ねぎの入った

透明なプラスチック・ボウルの下には

四角い氷が並べられているとしたら…。

 

それが現代のように
冷蔵庫の製氷機の無い時代であったなら
その「氷」もこのサラダの
「バックグラウンド」
ですよね。

 

誰かが

ずっとあとに使う

「何かのために」
「誰かのために」
手を掛けて
「準備」してくれていたわけですよね。

 

同じように

様々 並ぶ美味しそうな色とりどりの

各国のお料理だって

その背景には

様々な歴史や文化や
人々がかけてきた労力や

そういった「バックグラウンド」が

存在していることでしょう。
 

そしてきっと
「誰かが美味しいって、喜んでくれるといいな」

そんな思いがあったのはと思います。

 

だから

この2つのサビアンには

 

一つには

「多種多様」つまり「さまざま」なことへの寛容さ

それはつまり
その「背景(バックグラウンド)」への理解、と。

 

もう一つには

時間や空間を越えた

「誰かの笑顔」の想像と
それに対して労力を厭わない愛情
…そういったものがあるように思います。

 

宝石紫切り捨てられないもの宝石紫

 

さて冒頭のPTAのお話ですが
ともかく人を集めなくてはならないのに
会議の日は近づき…
ともかく焦りました!

実際友人で本部役員をしている方でも

大変な思いでこなされている方も見てきています。

もうPTAなんていらないじゃん!
それこそサザエさんの時代につくられたPTAと
今は時代背景も違うし

お母さんもみんな忙しいんだから★

 

それで「PTAをなくしたら…」
なんていうワードで検索してみたりもしました。

でも実際なくしてみた学校も

結局いろいろ不都合が起きて

もう一度復活された…という学校もありました。

 

母体団体から抜けてみて

良かった面
逆に
不都合だった面など…。

 

本当にイロイロです。

なくしてみても
問題ないかもしれない。

でもやっぱり
あったほうが良かった、

となるかもしれない。

 

一概に
「こうだ」
「これが正しい」
と結論付けることは

簡単には
できそうにありません。

 

でもPTAに限らす

世の中そういう

「バッサリ切って捨てられないこと」

っていろいろありますよね。

切り捨てられない限りは
誰かに「お役目」を

お願いしなくてはならないです…ショボーン

 

それでもこのサビアンのように

「さまざま」を認めて
「誰か」に尽くそう

という気持ちを持つことができれば

きっと

動いていくことがあると思います。

 

さて

お陰様で…

 

本当に

「いろいろ」な

「バックグラウンド」を

抱えていらっしゃるにも関わらず

 

ともかくは

「会議に出席しよう」

と思ってくださった方々

 

ありがとうございますドキドキ

皆さまのおかげさまで
無事人数も集まり

会議が開催できることになり

ほっと一安心です。

 

当日は
ともかくも
「カフェテリア」のように

和やかな雰囲気で…

 

皆さまの様々のご事情を

お互いに理解しながら

お話を進めていければ…

と思っております。

 

宝石紫ありがとうございます宝石紫

 

そして嬉しかったのは

 

(結局その方はご事情あって
ご参加頂けなかったのですが)

 

電話を切る前に
 

「ご苦労様です。大変ですよね。

学校のために、

頑張ってくださっていて
どうもありがとうございます。」
 

と言ってくださったこと。 

 

そう、この方の心には

今かけている電話の

この瞬間のことだけでなく

 

これまでの
私たち委員会の活動や

 

これから

来年にかけて

学校やPTAが

お子さんのためにしてくれること

 

そういう「氷」のイメージが

しっかりあったのだと思います。

 

そしてこの言葉が

私にとっての「氷」となって
イライラ焦る気持ちを

冷ましてくれたのでした。

 

 

 

宮代 彩也乃(みやしろあやの)  

陰陽五行・バランシング・セラピスト

今ちょっとシンドイあなた…
私もイロイロあったので
お力になれるかも…ウインク

 

プロフィール&メニューはこちら

 

■フォローお願いします!■ 
 

フォローしてね…

 

アメブロ・関連記事
開運への近道は「視る視点」を変えること!

射手座新月サビアン射手座5度*幸運へ羽ばたくためのバーズアイビュー

 

山羊座木星時代の開運ポイントは?

木星山羊座入り!サビアン・ストーリー~「具現化」の物語がいま幕を開ける 

 

メイン・ブログはこちら

最新記事:

「射手座の季節におススメのアロマ」

 

■応援クリック励みになります■ 
 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
 

 

■出店予定■


過日「自然療法フェスティバル」でもほぼ満席ビックリマーク
お陰様で大好評で終了し、ありがとうございましたクラッカー
次回はこちら…
2020年の開運を望むあなたへ☆
ホッとひと息占い処でモヤモヤにサヨナラ
お茶を飲みながらゆったり占い!
お生まれの陰陽五行バランスから

開運アイテムをアドバイス音譜

詳細は…
【陰陽五行開運セラピー】at ありがたCafeさん
2019年12月21日(土) 両国駅 14:00-18:00
2020年1月12日(日) 両国駅 14:00-16:00


■おすすめメニュー■

あなたの運命の
「バックグラウンド」を知って開運!

2020年の傾向と対策もお伝えします。

陰陽五行バランシング・メソッド

 

お生まれのサビアン・シンボルと
エジプシャン・タロットで
今世の「バックグラウンド」を
読み解くならこちら。