仕事を志事に ― You can make your current job your calling ! -2ページ目

仕事を志事に ― You can make your current job your calling !

キャリアコンサルタント RIE
キャリコン・コミュニティCA 主宰

テーマは「仕事を志事に」。
目指すはミニマルでシンプルな仕事&暮らし。
キャリコン仲間の方、一緒にお仕事開拓しませんか?

こんにちは。
CA代表の桑田里絵です。
 
昨日、スティーブ・ジョブズの演説のことを書きました。
 
この演説については追々また思いを綴ることになると思いますが、実は私はジョブズ氏を間近に見たことがあります。
今日はそのことを振り返ってみたいと思います。
 
 
その体験はジョブズファンにとってはすごいことかもしれませんが、私にとっては、今となるまで特別な思いはありませんでした。
 
しかし、考えてみると、それは本当に幸運な体験だったと思います。
 
 
 
確か2000年を少し過ぎたあたり、記憶が定かではないのですが、iBookが発売された直後くらいだったと思います。
 
当時、私は地図ソフトの企画開発をやっており、iMacの発売で勢いに乗るMac版の開発を手掛けました。
その関係で、AppleからWWDCへの招待をいただいたのです。
 
 
参加資格はいただいたのですが、ホテルと航空券は自腹。
サンノゼ近郊の安ホテルを取って、毎日バスで会場に通いました。
 
 
しかし、私はSEでもなければ、Macに詳しい人間でもなかったのです。
 
会社としても特に大事な機会とは考えてなかったのでしょう。
Appleから招待が来たから、誰か行かないと・・・というだけで、窓口担当だった私が行くことになったのだと思います。
 
 
当時は、ジョブズに会えるとか、Macの聖地に行くといった感慨も無く、残してきた幼い息子のことが気になって仕方ありませんでした。
 
 
 
現地に着くと、WWDCは夢のような会場でした。
 
そして、Macのコアなユーザー独特の雰囲気、ラフな服装、バックパックに全員iBookを持ってウロウロしている。
 
そして、ロビーには山に積まれたお菓子やスナック、飲物が常に用意されていて、自由に取ることができました。
 
数えきれないほどのカンファレンスがある中で、やっぱり特別なのがジョブズの基調講演でした。
 
 
 
会場に入ると、驚いたことに誰も椅子に座っていません。
 
参加者は、舞台の真ん前、並んだ椅子と舞台の間の床に体操座りをしてひしめいていました。
 
全員iBookを膝に乗せて、目を輝かせてジョブズの登場を待っています。
 
 
さすがにスタート時には椅子も全部埋まりました。
 
そしてジョブズが登場。
 
 
トレードマークの黒いタートル、リーバイスにニューバランスのスニーカー。
 
絵に描いたようなスティーブ・ジョブズがそこに居ました。
 
雑誌の写真でしか見たことなかったジョブズ。
 
それを見ただけで、何か夢の中にいるようで、すごく特別な空間に来たという気がやっとしてきました。
 
 
 
ジョブズは何を言ったのか、そのときの内容は詳しくはわかりませんでしたが、出てきていきなりスタートレックのパロディを始めました。
 
ジョブズはそういうことをよくやっていたそうですが、私には驚きで、こんなエライ人がこんなことするんだ!と素直に感激したのを覚えています。
 
 
良くも悪くもAppleの流儀に慣れていなかったために、そこで体験したことは本当に新鮮な驚きにあふれ、その新鮮さがそのままスティーブ・ジョブズという人のイメージとなって私の中に残りました。
 
 
今なら、すぐにスマホで調べて、ジョブズはそういう振る舞いをよくするんだ、とか、WWDCではいつもこういう基調講演が話題になる、とかいう知識が得られるのでしょう。
 
しかしこの時、何の予備知識も持たなかった私にとってジョブズは、世界中から自分の世界にやってきてくれた若者たちに向けて驚きのプレゼンテーションをする、本当にかっこいい、自由の象徴のような存在となりました。
 
 
そのとき感じたのは、「この人は自分の宇宙を持っている。そこで起きてることを話すのがうれしくて仕方ないんだ」という感覚です。
 
 
ジョブズは、部下に非常に厳しかったとか、ひどい振る舞いをした、とか、いろんな話が残っており、そういう面も実際あったのだと思います。
 
いまならパワハラで訴えられていたかもしれません。
 
しかし、あんな風に、心の底から楽しそうに、うれしそうに、自分の考えたことを話して聞かされたら、そんなこと全部許せてしまう。
 
 
あの空気の中で、肌で感じたのはそういうことです。
 
 
好きなことを最高の状態でやりたい。
 
それができたら、周りの人に「これ最高なんだよ!」と伝えたい。
 
ただそれをやりたいだけなんだ、と。
 
 
 
いろんな手法があると思うんですが、
そのコアがある人が一番強い。
 
何と表現したらいいのか、うまく言えませんが、
ジョブズに会って、一番感じたのはそのコア=核です。
 
 
どんなことをやってる人か、
どんな実績のある人か、
どんな地位にある人か、
何ができる人か、
いくら稼いでいる人か、
・・・
・・・
 
そんなことは吹き飛んでしまうほどの、ただただ芯のある佇まい。
それだけが、私がアメリカまで行って、ジョブズからもらった唯一のものです。
 
 
そして、それはやっぱり私の宝物なのでしょう。
 
その時の写真は一枚も残っていません。
 
その頃、今よりずっと海外や国内の旅行に行っていましたが、
ほとんど写真を撮ったことが無く、画像としては何も残っていないのです。
 
 
今では信じられないことかもしれませんが、
写真に撮るより、自分の心に刻みたい。
 
その頃の私は本気でそう思っていました。
 
 
写真を見て懐かしむことはできませんが、
写真が無い分、かえってその頃の一瞬が自分の一部となって残っているような気がします。
 
 
 
こうして残った、ジョブズにもらったものを大切にしていきたいと思います。
 

イベント、セミナー、友達からの誘い…

ここに行くか?行かないか?

このどちらを選ぶか?

迷うことありませんか?

私は、いつも迷います。

特に自分で個人で仕事を始めてからは常に迷います。

そこに行った場合どうなるのか?
行かなかった場合どうなるのか?
行くとどれくらい経費がかかるのか?
どれくらい時間がかかるのか?
何時に帰ってこれるのか?
帰ってきてから夕飯を作る時間はあるのか?
それとも今から夕飯の用意をする必要があるのか?
他に影響のある予定はなかったか?
今日の体調で耐えられるか?
かかった経費分の何かを得ることはできるのか?

そんなことを思い巡らせて、迷いに迷ってしまいます。

そして最高にめんどくさくなって、
考えることをやめたくなるのです。
自分の考えが、あまりにも目先のことに囚われているのに
絶望的な思いで対峙させられるからです。


今日も友人から突然遠出の誘いがあり、
でも、仕事のためにやりたいことは山積み。

どうしようか?

めんどうだ。
お金がかかる。
仕事が進まない。
時間がもったいない…

ありとあらゆるネガティブな理由を連ね、
LINEに行けない理由をツラツラと書き始め、
途中まで書いて、
ふと手を止めました。

「何をグダグダ考えてるんだ?」

一緒に行こう、と声を掛けてくれる友がいる。
それはお金では買えない。

書きかけのLINEを消して、行こう、と決めました。


こんなふうに「行こう」と決めて、
重い腰を上げて出掛けてみて、
後悔したことはほとんどありません。

そして、本当は私は、出掛ければ何かがあると、
何か得るものは必ずあるとわかっているのです。


でも、いつも怠け者の自分が顔を出してくる。




昨夜、息子がスティーブ・ジョブズの演説を完コピする、
という宿題をやっていました。


 Stay Hungry. Stay Foolish. で終わる、
有名なスタンフォード大学の卒業式での演説の一部です。


When I was 17, I read a quote that went something like: "If you live each day as if it was your last, someday you'll most certainly be right." It made an impression on me, and since then, for the past 33 years, I have looked in the mirror every morning and asked myself: "If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?" And whenever the answer has been "No" for too many days in a row, I know I need to change something.


”私が17歳のとき、私は次のような句を読みました。 「もし、あなたが毎日を人生最後の日のように生きるなら、いつかまさしく、その通りになる。」 それはとても私の印象に残りました、それ以来33年間、私は毎朝鏡をのぞき込み、自分に問いかけました。「もし今日が人生最後の日だったら、私は今日しようとしていることをしたいと思うだろうか?」と、そして、答えがNOの日が、何日も続くようなら、私は何かを変える必要があります。”



今朝、
この一文を何度も何度も暗誦しようと格闘する息子を思い出し、
このジョブズの言葉が私の心に浸み込むよう、
下手な悩みを追いやるよう、
願いながら出かけました。


この演説、あらためて読んでみると、
本当に、本当にいいことを言ってます。
いま一度、このスピーチの意味するところを追いかけてみようと、
そう思ったのでした。

我がコミュニティ、CAで初のリアルな集まり「勉強会&ちょっと気の早い忘年会」を開催しました。
 
会場を借りて、持ち寄り式の集まりです。
 
まずはアイスブレイクに「ラフターヨガ」。
 
笑いヨガとも言われ、最初はインストラクターの言葉に戸惑いながらも、少しずつ体をほぐすように簡単な動きをしながら笑いを付ける感じ。
 
まさにヨガですね、これは。
 
しかし、だんだん本当に楽しくなってきて、自然とみんな笑顔に…というか、もうこれは楽しむしかない!って感じ?(笑)でしょうか?

 


 
最後にみんなで手を繋いでハミングし、笑って終わりました。
そして自分に「よくやったねー」と癒しのハグ。
 
「なんだかエネルギーが巡っている感じ」
「冷たい手だったのが、汗をかくくらい温まりました」
「自分で自分を癒せるんですね。涙出てきた」
と、大好評でした!
 
 
笑ってるときは思考が止まるそうです。
 
いろんな考えを止めてただ笑うことが、こんなにもエネルギーをくれるとは!
 
 
そして、宴会へ。
 
宴会中も私達は学びが基本(笑)
 
 
 

食レポ形式の感受性トレーニングで、論理的思考と感じたことを分けて表現することをやってみました。
 
何か食べて、論理的にその食材を説明し、最後に今の感じていることを説明します。
 
それぞれの表現が面白くて楽しいトレーニングに。
 
 
 
用意したお酒やつまみも、普段あまりお目にかからないような、ちょっと珍しいものを用意してみました。


 
例えば、20年もののシェリー酒。しかもパロ・コルタドという珍しい種類のもの。
そして、ピートの効いたモルト・ウイスキー。
 
チーズは熟成の進んだコンテとゴルゴンゾーラ。
 
これだけの深みのある食に遭遇して、香りや複雑な味わいを堪能し、さらに感受性が磨かれたことと思います。
 
 
私達は、普段、人の人生を左右する仕事をしています。
向き合う相手は本当に様々で、決してどなたの人生も理解など到底できないけれど、それでも寄り添い、共感して、心を込めて向き合うことが必要です。
 
そのためには、私達自身が豊かな経験と、豊かな感受性を持ち続けなければ。
 
それを養ってくれるのが、このような新しい学びの体験、そして新たな感覚との出会いだと思っています。
 
 
これからも、理論の学びを深める読書会、スキルを高める講師養成やカウンセリング勉強会、感性を磨く文化・芸術に触れる機会を、仲間と共に共有していきたいと、あらためて決意できた会となりました。
 
 
 
------
 
●キャリコン、カウンセラー、講師を志す方へ
CAで共に研鑽しお仕事につなげませんか?
→入会案内はこちら
https://www.ca-career.com/join-us
 
●「キャリコン読書会」のご案内
シャイン「人を助けるとはどういうことか」を読み学びます。
https://www.facebook.com/events/344024469696295/?ti=ia
 
●「企業研修にも!ドラムサークル体験会」のご案内
https://www.ca-career.com/events-1/qi-ye-yan-xiunimodoramusakuru-wu-liao-ti-yan-hui