小さい会社こそやってほしいこと | 面白くて役に立つ。会社数字のポイント! -愛知県豊田市の大澤税理士事務所-
新型コロナウイルスに関する情報について

面白くて役に立つ。会社数字のポイント! -愛知県豊田市の大澤税理士事務所-

会社の利益が上がらない、従業員が思うように動かない。そんな悩みを解決するヒントになる情報を発信しています。

「名鉄観光が登山情報サイト」

 

ちょっと前の中日新聞の広告記事です。

 

 

 

観光系の事業がおおきなダメージを受けたので

 

どうやって、お客さんを集めていくか?ということへの

 

新しい試みですよね。

 

普段からツアーはやっていたのかもしれませんが、

 

その入り口として情報サイトを公開した形です。

 

中身はまだ、そこまで濃くはないですけど

 

荻原次晴さんなどとタイアップするなどもしていました。

 

 

 

中日新聞等のマスメディアを使うかはさておき、

 

こういった、趣味を突っつくようなビジネスを

 

零細企業ほどやってほしいです。

 

実は、これ、珍しいことではなくって、

 

例えば、「バックカントリー穂高」という

 

ある意味、超マニアックなお店があります。

 

登山靴のフィッティング専門店です。

 

同時に登山教室なども行っています。

 

youtubeもかなりの量を公開しています。

 

たぶん、このお店はコロナになったからやったというわけではなく

 

趣味を突き詰めていったらこの形になったのでは?

 

と思うのですが、

 

コロナの影響は最小限に抑えつつ、

 

いろいろなビジネスができると思います。

 

 

 

これって、大企業にはある意味難しいこと。

 

趣味のマニアックな部分に入ると

 

市場が小さくなります。

 

そうすると、そこをターゲットにしても

 

会社を維持できるだけの収益が得られません。

 

ベースにしている部分のついでビジネスならOK.

 

例えば、好日山荘が似たようなことをしています。

 

 

 

こういう発想は観光業界に限ったことではないと思います。

 

コロナは確かに大変ですが、

 

そこで、どうやって新しいビジネスをするかを

 

考えるしかありません。

 

よその単純なコピーに走る人がいますが、

 

それはちょっと厳しいかなーと思います。

 

自社だけの強みを活かすことがポイントです。

 

 

 

自分だけではやり方がよくわからない。

 

コロナで時間がないから時短したい。

 

そんな方は、一度、財務診断を。

 

 

現在は、初回のみ無料でコンサルティングを行います。

 

あなたの会社の利益を出す秘訣がわかります。

 

オンラインで対応も完璧です。

 

お問い合わせはこちらから