コロナから学ぶ事実に立ち返る重要性 | 面白くて役に立つ。会社数字のポイント! -愛知県豊田市の大澤税理士事務所-
新型コロナウイルスに関する情報について

面白くて役に立つ。会社数字のポイント! -愛知県豊田市の大澤税理士事務所-

会社の利益が上がらない、従業員が思うように動かない。そんな悩みを解決するヒントになる情報を発信しています。

政府のコロナ対策が迷走している感じを受けます。

 

なぜかというと

 

コロナの厳格措置を見直そうといったり

 

緊急事態宣言を追加しようと言ったり

 

その割には、

 

不要不急は自分で判断すればよいと言ったり

 

しているからです。

 

 

 

丸川大臣はともかく、官房長官も追認しているので

 

どこを目指しているんだ?と感じるのもやむないかなと。

 

 

 

こういう良くわからない状況になると

 

感情的になったり、あっちこっちわかりやすいネタに飛びつきたくなります。

 

でも、それはとても危険です。

 

要は流されているだけなので。

 

同じようなことはプライベートでも、ビジネスでも、いろいろなところで起きます。

 

そんな時は事実に立ち返って考えることが一番です。

 

というわけで、厚生労働省のデータをもとに現状を分析してみました。

 

 

 

まず、こちらがPCR検査数と感染者数の推移ですね。

 

緑が検査数。青が感染者数です。

 

ある程度、感染者数は検査数に比例しているようです。

 

また、このグラフできになるのは、直近の部分。

 

検査数に比べて感染者数が大きく伸びています。

 

そういう意味ではやはり、感染者数の伸びが気になります。

 

 

 

次にこちらのグラフは感染者数と死者数です。

 

 

基本的には感染者数が増え、

 

少し遅れて死者数が増えていることがわかります。

 

このグラフの傾向だけを見ると

 

感染者数が増えたので、

 

今後死者が増えるのではないか?と感じます。

 

半面、感染者数は検査数に大きく依存しています。

 

昨年の夏と今年の夏を見ると検査数が全く違うので

 

一概に感染者数が増えたから、

 

今後、死者数が増えるとは言い切れません。

 

ただ、感染者の波が来た後は死者が増えているので

 

現時点だと要注意と言えます。

 

 

 

さて、3つ目のグラフはこちら。

 

 

これが、良くわからない。

 

なぜ、検査数と重症者数がこんなに比例しているのか。

 

普通に考えれば、ここには相関はないはずなんですが。

 

検査したから重症になるのではなく

 

市中感染をして重症化するはずなので。

 

偶然なのか意図的なのかはわかりません。

 

昔言われていたのが、サザエさんの視聴率と

 

株価の推移というのがありました。

 

これが結構、相関があったので、関係があるのでは?と

 

言われたこともあったんですが。

 

もちろん、まったく関係ありません。

 

このように数字上、偶然に一致するものがあるので

 

関係があるのか?判断するには注意が必要です。

 

 

 

最後に4つ目ですね。

 

 

こちらが重症者数と死者数の推移です。

 

これを見ると、重傷者が一定人数出ると

 

すぐに死者が大きく増えていることがわかります。

 

この夏のデータでは、重症者数が急激に増えているのに対して

 

死者はあまり増えていません。

 

直近の8/17日は47人と増えているのですが、

 

1月~2月、5月~6月に比べると

 

伸びが大きく抑制されています。

 

 


6月以降と今との違いを考えると

 

 ① 高齢者のワクチン接種

 

 ② 気温等の外部環境

 

が少なくとも違います。

 

①の影響は可能性が高そうです。

 

②については不明瞭ですね。

 

前年のデータを見るに、

 

8月後半からは伸びているので。

 

 

 

重傷者や死者の年齢別の推移データなどがあると

 

もう少し傾向が見て取れるのかなぁと思います。

 

例えば、死亡者の推移をみる中で

 

高齢者の人数が夏以降増えていないのであれば

 

ワクチンの影響が大きいと考えられます。

 

 

 

ただ、どのようなデータも欲しい時には

 

手元にないことが多く、

 

こういったものが見たいという場合には、

 

データを集めなおす必要があります。

 

経営上の数字でもよくあることです。

 

現状、猛威を振るっているのが

 

デルタ株と予測した場合、

 

あと1週間ぐらいの傾向を見れば

 

今後の傾向が見えてきそうです。

 

たとえば、明日以降、急激に死者数が増えて

 

1日に100人以上が続くようなら

 

重傷者の伸びに遅れて死者数が

 

増えていると言えるので

 

かなり危険な可能性があります。

 

これに対して、向こう1週間で死者数が伸びない場合、

 

重傷者をきちんとケアする環境を作れば

 

怖い病気ではないということになります。

 

同時に8月末ぐらいの年齢別の

 

変化が見て取れると傾向がわかります。

 

 

 

現状、若者も危険だと言われていますが、

 

具体的にそのデータが見て取れません。

 

そこで、性別・年代別の現在のデータを控えておき、

 

しばらくたってから比較しようと思います。

 

厚生労働省からとったものです。

 

 

この3つのデータの形が大きく変わり

 

若年層の数字が急激に増えるようであれば、

 

ウイルスの変化に注意が必要だと言えます。

 

特に、今後来る冬に向けて注意が必要でしょう。

 

 

 

 

このように事実であるデータから見ると

 

今後、どのような対応をしていくべきかが見えてきます。

 

厚生労働省のデータからは年齢別によって

 

発生するリスクも大きく違ってきます。

 

これは、コロナに限ったことではなく、

 

様々なところで同じように考えるべきことです。

 

 

 

丸川さんの発言ではないですが、

 

結局、自分で判断するしかありません。

 

特に経営者は決断が仕事です。

 

冷静になって情報を集めて内容を分析し

 

きちんと判断することが求められます。

 

 

 

 

会社の経営を一人ではどう考えたらよいかわからない。

 

そんな方は、当事務所まで。

 

 

大澤税理士事務所では、

 

あなたの経営を「見える化」して

 

サポートしています。

 

会社の数字が目で見える。

 

ビジネスモデルも目で見える。

 

 

税理士は今のままでもOKです。

 

経理は自分でやるから経営相談だけしたい

 

そんな方でもOKです。

 

毎月ではなくて年4回ぐらいのプランも検討しています。

 

気になる方はご相談ください。

 

 

遠方なんだよな~という方も

 

オンラインで対応しています。

 

 

現在は、初回のみ無料で簡易コンサルも用意しています。

 

経営に不安があるかたは是非。

 

お問い合わせはこちらから