書店の新しいビジネス | 利益を出せる社長のポイント!ここだけで簡単にステップアップ。 -愛知県豊田市の大澤税理士事務所-

利益を出せる社長のポイント!ここだけで簡単にステップアップ。 -愛知県豊田市の大澤税理士事務所-

利益出すために社長に必要なことを、面白くてわかりやすいテーマでお伝えします。一緒に銀行が借りてくれ!という会社を作りましょう。

六本木の本屋の名店、青山ブックセンターの跡地にできた

 

これまでとは、打って変わった書店が流行っています。

 

 

この本屋の名前は「文喫」。

 

入場料を取る異色の本屋という触れ込みです。

 

 

文喫の入場料は1,500円。

 

1日滞在ができ、本は読み放題。

 

コーヒーは飲み放題です。

 

Wi-Fiが使えるのでインターネット環境は完備。

 

食事をとるところもあるそうです。

 

 

 

さて、ここまで読んだ方、イメージしたのは漫画喫茶。

 

私も、しました。

 

ビジネスモデルのひな型は

 

完全に漫画喫茶で間違いありません。

 

漫画喫茶のビジネスは、

 

入場料がかかり、本読み放題、飲み物OK。

 

インターネットありで滞在制限もない。

 

少し違うのは気に入った本を買えるところでしょうか。

 

 

 

 

じゃあ、ただの漫画喫茶か?と言われれば、

 

そうではない何かがあるはずです。

 

というのも、休日には10人以上が入店待ちになるそうです。

 

わざわざ六本木の漫画喫茶に入るために

 

並んで待つでしょうか?

 

しかも、いつ出てくるかわかりづらいのに。

 

そうなるように、ビジネスモデルを

 

ものすごく改良していると思います。

 

売っている価値は全然違うんじゃないかなぁと。

 

 

 

 

文喫が成功しているのは、たぶんココの

 

「売っている価値」のところにあるのではないかなぁと思います。

 

「知らなかった知識と、偶然に出合う」という部分を

 

上手く演出しており、

 

それによってユーザーが得ることができる

 

ベネフィットが1点。

 

これは、リアル書籍ならではのメリットです。

 

デジタル書籍が大量にあると

 

ありがたみがなくって、

 

そんな感じにならないんですよね。

 

 

 

他には1500円という費用が、

 

東京で雰囲気が良いスペースの場合に

 

長期滞在しようと思ったとき

 

それほど高くないというのが1点でしょう。

 

スターバックスが流行ったのも

 

そういった部分がありましたし。

 

 

 

 

そのため、コーヒー飲み放題というのが

 

地味ですが良いと思います。

 

コーヒーは大量に作れば、かなり原価が薄まる商品。

 

飲み放題でもそれほど費用が掛かりません。

 

でも、コーヒー屋などで提供しようとすると

 

量がさばきにくく、単価が上がります。

 

ユーザーからしてみれば、街のコーヒー屋で飲む金額より

 

文喫の入場料が安いのなら、もう元は取れます。

 

ユーザーにとって、昼食はどこで食べてもよい。

 

文喫でも外でも。

 

そのため、滞在が心地よければ、そこでもお金を使います。

 

文喫にとってはプラス。

 

ユーザーにとっては±0。

 

 

 

他にもたくさんの要素があって

 

こういった要素をうまく積み上げて、

 

作り上げたんではないかなぁと思います。

 

地方で利用するのがそのままできるかはわかりませんが、

 

書店の新しいビジネスモデルが一つ提案されたと思います。

 

 

Amazonに正面から立ち向かったら絶対に勝てません。

 

でもAmazonにできないビジネスなら、

 

競合にはなりません。

 

これって、中小企業の生き残り型の基本ですよね。

 

ユーザーニーズを考えに考えて、

 

ニーズにあった価値を売る。

 

決して、本という物ではなく。

 

ココがポイントかなぁと思います。

 

 

 

 

☆----------------------------------------------☆

愛知県豊田市の大澤税理士事務所です。

大澤税理士事務所では、月次決算書経営計画書を通じて

一緒にビジネスモデルを改善し、利益の出る会社へ導きます。

開業応援プランで開業3年以内の社長もお得にサポートしています。

 

公式サイトからご確認ください!⇒ こちらをクリック

☆----------------------------------------------☆