起業支援:時間は有限。コストの診方。 | 利益を出せる社長のポイント!ここだけで簡単にステップアップ。 -愛知県豊田市の大澤税理士事務所-

利益を出せる社長のポイント!ここだけで簡単にステップアップ。 -愛知県豊田市の大澤税理士事務所-

利益出すために社長に必要なことを、面白くてわかりやすいテーマでお伝えします。一緒に銀行が借りてくれ!という会社を作りましょう。

 

起業の時というのは何かと忙しい。

 

このタイミングで暇だという場合、

 

仕事がないという場合がほとんどで、

 

その場合は、営業活動をするでも何でもよいので

 

とにかくお客様を捕まえる必要がある。

 

飲食店などでは、立ち上げ当初がかなり重要で

 

ここで、とりあえずお客様が捕まえれないといけないので

 

開業時の広告宣伝をどうするか?というのは

 

かなり重要なポイント。

 

結果的に起業時というのは結構忙しくなります。

 

 

 

 

こんな時というか、起業時以外でもそうですが、

 

とても重要な考えとして、自分の時間は有限で

 

時間の無駄遣いは高コストだと考えなければいけません。

 

ついつい色々な経費を使わないようにして

 

あれもこれも自分でやろうとすることはとても多い。

 

 

 

さて、本当にその仕事、

 

社長がやらないといけませんか?

 

その仕事、外注に出すことで、

 

それほど現預金に影響がありますか?

 

 

 

もちろん資金は有限で、起業時は

 

あまりお金がないことも多いので

 

無駄遣いをしてお金を減らしてしまうのはいけません。

 

ただ、時間の無駄遣いをして、

 

貴重な時間を減らしてしまうのもいけません。

 

このあたりのバランスをどうとるか?というのは

 

とても気を付けたほうが良いことです。

 

 

 

 

一つに自分の時間単価を決めるなり

 

計算するなりするとよいです。

 

例えば、時間単価1万円の社長が

 

5時間かけてとある作業をした場合、

 

5万円のコストがかかったと同じです。

 

あまり忙しくなく時間に余裕がある場合は

 

それほど意識する必要はありませんが、

 

かなり忙しいのなら、

 

その仕事を他の人にお願いできないか?

 

というコトを考えてみて下さい。

 

同じ社長で、30万円のソフトウェアを入れた場合、

 

50時間の時間消費が減るなら、

 

導入する価値はかなりあります。

 

もちろん現預金残高と比べる必要がありますが。

 

 

 

その場合には、今の現預金だと

 

資金ショートまで何年ぐらいかかるか。

 

この投資をした場合、資金ショートまで何年かかるか。

 

ここが一つの目安です。

 

後者の期間に余裕があるなら、

 

投資をしてみるのも一つの手です。

 

時間という貴重な資産について

 

しっかり考えてみてください。