なんか変だな1円還付 | 利益を出せる社長のポイント!ここだけで簡単にステップアップ。 -愛知県豊田市の大澤税理士事務所-

利益を出せる社長のポイント!ここだけで簡単にステップアップ。 -愛知県豊田市の大澤税理士事務所-

利益出すために社長に必要なことを、面白くてわかりやすいテーマでお伝えします。一緒に銀行が借りてくれ!という会社を作りましょう。

 

預金口座、お金が入っていると当然、利息が付きます。

 

低金利時代なので、ごくごくわずかですが。

 

この利息にも当然税金はかかります。

 

そんなの払った覚えないという方も多そうですが、

 

預金の利息は、利息が払われた時点で

 

税金が引かれています。

 

源泉所得税と言われます。

 

給料などでも同じ方法で税金がとられていますが、

 

支払の時に前もって取っておけば

 

後でとりっぱぐれはないという

 

天才的な方法です。

 

 

さて、この源泉所得税。

 

法人の預金口座でもひかれます。

 

しかし、法人には所得税がかからないので、

 

法人税の計算をするときに、法人税を減らして調整されます。

 

 

 

しかし、会社が赤字の場合、減らす税金がありません。

 

そのため、余分に預かった税金を還付します。

 

金利が高いとか、貯金が多いと言った場合、

 

かなりの額になるのなら、それもよいかもしれません。

 

しかし、この還付。1円でもします。

 

1円払うのにも振込手数料がかかるはずです。

 

一般的な銀行であれば最低108円。

 

 

 

ちなみに、赤字の企業ですが、2016年度の決算期を迎えた企業の場合

 

63.5%、実に169万社にもなるそうです。

 

169万 × 108円 ≒ 1.8億円

 

国のお金からすると少ないなーと考えるのでしょうか?

 

かなり無駄な気がするんですが。

 

手続きが完全に機械化されていなければ

 

そのコストもかかるし。

 

 

黒字が出るまで繰り越すなり、100円未満切り捨てするなり、

 

いろいろやりようがあると思うんですけどね。