経営計画書ってなんのため?③:会社の力を1点に。 | 利益を出せる社長のポイント!ここだけで簡単にステップアップ。 -愛知県豊田市の大澤税理士事務所-

利益を出せる社長のポイント!ここだけで簡単にステップアップ。 -愛知県豊田市の大澤税理士事務所-

利益出すために社長に必要なことを、面白くてわかりやすいテーマでお伝えします。一緒に銀行が借りてくれ!という会社を作りましょう。

 

今回からは、これまでのお話より

経営側の考え方である経営計画書のお話です。

作り方とかはとりあえずおいておいて、

なんで必要なの?というコトのうち、

特に重要な3つの点をお話しします。

3回のテーマは次の通りです。

① 計画通りにいく経営計画はいらない

② 従業員に動いてもらうために

③ 会社の力を1点に。



第3回は、会社の力を1点にです。

 

 

中小企業は大企業と違ってたくさんの人がいません。

 

たくさんの資本も持っていません。

 

大企業なら力が1点に定まっていなくても

 

あまりある資本の一部が集まれば

 

大きな力が出てきます。

 

しかし、中小企業では、力が1点に集まっていないと

 

大きな力が出せません。

 

そのため、社長を含め全従業員の力を集めることは

 

とても重要な経営者の仕事です。

 

 

 

そのうえで、経営をしていると、いろいろと思い通りにいきません。

 

環境に合わせて、経営方針を変える場合もあります。

 

そのたびに会社の方向性が変わってしまうことがあります。

 

急に方向性が変わってしまうと、力を集めるのは簡単ではありません。

 

じつは、このようなとき、理念とかビジョンといったものが

 

縁の下の力持ち的にじわじわと役に立つのです。

 

 

 

え、あれって役に立つの?…という声も聞こえそうですが、

 

会社が一定の方向性を定めて進むうえで

 

とても役に立ちます。

 

 

 

理念やビジョンというのは、標準的な言葉になっていないので

 

人によって理解の仕方や考え方が多少違います。

 

そこで、うちの事務所でとっている方法をお話しします。

 

うちでは、次のようにとらえています。

 

 

これだけでは、分かりづらいので説明をします。

 

 

 

 

理念というのは、現時点での会社の役割や目標などを

 

言葉にしたものです。

 

ビジョンというのは、会社が将来こうなりたいというものを

 

表しています。

 

そして、理念の通りに会社を経営し、

 

ビジョンにたどり着くために、会社が行うことがミッションです。

 

そのため、3つの中で、ビジョンは大きく漠然としたものや

 

社会的なものになることが多いです。

 

 

 

大澤税理士事務所の経営理念は、

 

『 経営の見える化をきっかけに
  「やる気」を「笑顔」に変える

  ~ 達成すべき定量的な目標 ~
  お客様の会社の社員満足度95%以上、

  一人当たり経常利益100万円以上にする』

 

です。

 

そしてビジョンは、

 

『 小さな会社の全社員をわくわくさせることで
  活力のある社会の土台を作る 』

 

です。

 

ビジョンのほうが社会的で大きく漠然としています。

 

この理念からビジョンへたどり着くためのミッションとして

 

『 社長のお困りごとトップ3のお金、人財、未来を
  月次決算書、求人計画実践書、経営計画書で見える化することで、
  会社の経営資源を100%活用した活力ある会社づくりをお手伝いをする。』

 

としています。

 

 

会社によってはクレドだったり、綱領だったりいろいろありますので

 

この解釈だけではありません。

 

ただ、このように3つに分けたときに、理解しやすく説明しやすかったので

 

このようにしています。

 

 

 

そして、理念、ビジョン、ミッションを作ると、

 

会社の基本的なあり方が決まってきます。

 

経営判断をするときや意思決定をするときも

 

この理念、ミッション、ビジョンに沿っているか?を

 

基準にすると、ふらふらしたり、バタバタしたりすることがありません。

 

というより、できません。

 

 

また、理念やビジョンというのは社長の気持ちです。

 

そのため、従業員には言葉でさらっと話すだけでは

 

なかなか伝わりにくいものです。

 

そういった面でも、前回お伝えしたように、

 

経営計画書にまとめて文章にするほうが伝わりやすくなります。

 

伝わることで、ようやく力を1点に向ける準備が整います。

 

 

 

力を1点に集めるには、実は考えや意思を伝える努力が必要で

 

そのためには経営計画書を作ることが近道です。

 

3回にわたってお話ししたことが、

 

経営計画書を作ることの大きな3つの効果かなぁと思っています。